大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年01月14日 [Default]

ヒーリングは軽くなる

ヒーリングを終えると殆どの人は軽くなったと言います。とくに肩から背中が軽くなったとお礼を言われる。この軽くなったとは、体重が減ったのでなく、スッキリしたとの意味であろう。何故スッキリしなく、ヒーリングを行うとスッキリするのか?これが邪気の正体である事を物語っているのではないだろうか?


 また、高貴な漢方薬にも同じような事が書かれている。「久しく服用すると身が軽くなり延命効果がある」と書かれている。その前の説明文には、人に悪い影響を及ぼす邪気を取り除く。(ジャコウ)また牛黄の説明には「人に悪い影響をあたえる邪気をとり除き、死人のたたりの鬼気を逐い払う作用がある」としています。


 邪気が蓄積されるとべとべと感がある重油のような感じな物が背中にべっとりと滲み出る。これを払うには、相当な経験と氣の力が必要なので気を緩めたらコチラに向かってくるから厄介なものである。ゆえに氣を引き締めて行わなければならない。

 これらから分かるように、病気の根源は邪気であり、死人からもやってくることが分かる。その目に見えない物質を除去すれば病気は治り、継続すれば邪気のない聖人と成れるのではないだろうか?ゆえに霊性修行で行う瞑想なども目的は体内の悪、すなわち邪気を抜くことが目的で行う事と理解しても問題はないであろう。そして聖人は身が軽いゆえに下より上に行くと言う事にも通じる。その象徴が頭の上に白い輪っかが描かれるのではないかと思っているところです。

続きは・・・癒しの森湯布院


PageTop