霊鹿参|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
霊鹿参(れいろくさん)

鹿茸(ロクジョウ)・紅参配合滋養強壮剤

霊鹿参

手足腰が冷え、とにかく元気がない
こんなときにお試しください
•顔が青白い
•手足や腰が冷える
•冷えるとだるく、疲れ易い
•かぜをひきやすく、長引く
•胃腸が弱く食欲がない
•動けないほど疲れている
■第3類医薬品
鹿茸(ろくじょう)はシカ科の梅花鹿及びアカシカ馬鹿の雄の、まだ骨化していない幼角である。鹿茸の味は甘で、気は温である。仙人説明:五味は甘だから脾臓と胃に効き、気は温であるので、脾胃を温める作用があるので、胃の冷えに効果があるという事になる。

主として、血がだらだらと下る漏下(ろうげ)の病や、血の流れの滞りによって生じた悪血の病や、悪寒と発熱を伴う寒熱病や、急に何物かに驚いて、引っくり返る驚癇(きょうかん)の病を治す事が出来る。また、元気を益し、腎臓の働きの現れである志を強くし、堅固な歯を生じさせ、歳を取っても老いさらばえる事が不いようにする作用がある。

鹿

鹿茸の角の薬効
鹿茸の角は、鹿角という。鹿角は、主として、性質の悪い皮膚病の悪瘡や、比較的に根は浅いが、性質の悪いおできの癰(ヨウ)の腫れを治す事が出来る。また、人に悪い働きをする邪気や悪氣や、陰中すなわち生殖器の中に在留する留血を逐い出す作用がある。
朝鮮人参は、ウコギ科の多年草の根である。人参の五味は甘で氣は微寒であるゆえに、脾胃を益し、脾胃に熱を生じた病に効果がある。朝鮮人参は主として、肝・心・脾・肺・腎の五臓の気を補う事が出来る。ゆえに、精と神、すなわち、腎臓に蓄えられている精神的要素の精気と、心臓に蓄えれている精神的要素の神氣の働きを安らかにし、魂と魄すなわち、肝臓に蓄えられている精神的要素の魂氣と、肺臓に蓄えられている精神的要素の魄氣の働きを定め、また、直ぐにものごとに驚く精神不安や、すぐにどきどきして胸苦しくな

朝鮮人参

人に悪い影響を与える邪気
る心臓の動悸を止め、人に悪い影響を与える邪気を除き、目があきらかに見えるようにし、心孔を開き、つまり心臓の働きを良くし、智慧を益す、つまり頭の回転を良くする作用がある。これを久しく服用していると、身の動きが軽くなって、年齢を延ばせるようになってくる。
製品特長

古来、強壮薬として用いられてきた動物性生薬<鹿茸>と植物性生薬<紅参>だけを成分としたすぐれた効きめの滋養強壮剤です。
成分

6カプセル中、次の成分を含みます。

成分 分量 主な作用

鹿茸(ロクジョウ)末
1,200mg 雄鹿のまだ角化していない幼角(袋角)を乾燥したもので、中国最古の薬物書といわれる「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に収録され、強壮生薬として用いられてきました。

紅参(コウジン)乾燥エキス
800mg
[(日局)紅参3,840mgに相当] 「神農本草経」に収載されている薬用人参の根を蒸して乾燥したもので、古くから漢方の要薬として広く用いられてきました。新陳代謝機能を活発にし、食欲を増進し、からだを丈夫にするはたらきがあります。
効能

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症
用法・用量

大人(15才以上)1回3カプセル、1日2回、水またはお湯で服用してください。
ご注文;84カプセル 16,500円(税別) ・168カプセル 29,800円 (税別)(ご神木1本・ルドラクシャ1個・ご入魂)付き    添付文書

PageTop