万物に仏性あり|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。人間はどのように生まれ、どのように進化し、何処に行くのか?そして宇宙と地球の関係は、その謎を解くブログです。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

「万物に仏性』あり

お釈迦様(ブッダ)は全ての生きとし生きる物には、仏の魂が入っていると唱えた。これが仏教の基本中の基本であり、仏教の地獄界の中に、火焔地獄(かえんじごく)なる地獄の世界も書かれている。この火焔地獄と呼ばれる世界はどのような世界であろうか?まら、人間はどのようにして生まれたのか、人間は霊長類に属し、霊長類にはチンパンジーや猿も属している。それでは歴史学者が唱えている様に人間は猿から進化したのであろうか?
私が継承した「生き神様」系の教えは少し違うのであります。地球の誕生は大体46憶年前だと推定されており、人間の誕生はわずか600万年前であるが、この間の地球はどのように変化しどのようにして人間が生まれたかを解明しないと神の世界は理解できない。今から述べる事は、公に出来る範囲になりますが、これを元に神の世界を想像してみるのも霊性修行の足しになるのではないだろうか?
神の世界の法則には、陰陽と50:50の法則なる物が存在しており、その法則において宇宙は進化と向上をはかっている事を大前提に考えなければ、理解は難しいのであります。反対に云えば宇宙の謎を特には、この原則を当てはめ考えなければ的外れという事になります。MS Pゴシック
今まで多くの物が発明されたが、その発明の基礎は全てこの宇宙の原則を元によって発明されたのであります。太陽が陽なら地球においての陰は何になるであろうか?通説は月であるが、地球誕生を前提に考えた場合は、地球の深部にあるマグマの世界という事になる。kの地球の深部と太陽のエネルギーの均衡において地球の秩序と維持は為されているのだが、これをヒンドゥ教の三神に置き換えてみれば面白い事を発見するでありましょう。
ブラフマー神によって物は創られ、ビシュヌ神によって維持されシバ神によって破壊されまた新しい物が創造される。ならブラフマー神の創造とは何であり、何故シバ神が行う想像の役目をしないのであろうか?摩訶不思議な事であり、この謎を解いた者はいない。ブラフマー神は間違いなく想像の神であると受け継がれている。一体シバ神の創造とブラフナー神の想像は何処がちがうのでありましょうか?
これで人間の誕生の多くの謎は解明されるのであるが、ブラフマー神は人間を想像した神という仮説を立てれば理解はされやすくなる。発明の全ては仮説から始まり実証する事によって完成されて行く事から考えても、仮説をたてなければ永遠に謎という事になるのであります。それでは、火焔地獄とは、地球の深部にあるマグマという事が創造出来るでありましょう。または火山から出る溶岩かも知れない。どちらにしてもマグマになるのであります。その煮えたぎる火焔の中で長い時間を過ごさなければならないのが火焔地獄なのであります。
その地獄を作った神の事を仏教は教えているわけでありますから、人間と火焔地獄の関係が無いわけは無いという事にある。これを元にピラミッドの謎も人間の誕生も解明出来る琴になるのでありますが、その地球深部の構造がどうなっているのかは、現代科学をおいても解明されていあにのであり、永遠に神以外の物には解明できない事になる。その謎を何故ブッダは知っていたのか?これから考えても何らかの意思において神とコンタクト出来る境地があるのではないかと考えるのが普通ではないだろうか?では、ブッダが神から教わった一部であるが、地球の深部の構造はトンネルや各金属の層や高熱の層や温度の低い層や無重力の層などで構成されており、それらは太陽の進化と向上と維持を行う為のエネルギーがつくられている。でありますから、目に見える太陽が陽であり、それを支えているのが地球の目に見えない深部という事になる。
でありかすから、陰と陽のエネルギーにより生物は生まれるという事になりますから、人間を含む霊長類はマグマから生まれたという事になる。なので、猿やチンパンジー等霊長類は火を怖がるのであります。その怖がるという意識はDNAの構造の中に組み込まれているので、DNAの進化が起ころうが600万年前に人間が創造された過程はDNAが覚えている事になり、DNAは全てを知っている事にもなる。
そしてDNAは地球と宇宙の関係の中の中心をなすものであり、このDNAの存在において地球も宇宙の安定もなされているので、まさにDNAこそが神であるという事が言えるのであります。そして宇宙空間の太陽と地球のマグマの中において、一定の条件が整った時に限り生命は創造される。その想像は属に寄って想像される。ゆえに猿も人間も同じ時期に同時に想像されたのであるが、グループが違うのであります。年代の同じ時期に想像されたので非常によく似ているが、少しの条件において変わったのであります。ライオンと猫が違う様に分子の組み合わせの時期がずれた為に変わったのであります。
私がここで言いたいのは、46億年前地球が創造され地球に生命をもたらしたのがブラフマー神であり、最初に生命を得たのが微生物であり、そのDNAによって引き継がれた誕生の秘密を知っているのも微生物であり、その微生物と繋がったのがブッダであり、教えは全てDNAぼ中にあるという事になる。そしてDNAとブラフマー神は陰と陽の関係になるという事になるので、スーリヤ神とブラフマー神は一緒という事になるかも知れない。

奇跡の難病改善法

私達、生命体(人間・動物・植物他)は宇宙から降り注ぐ目に見えないエネルギーによって生かされています。もし、このエネルギーが何かのアクシデントにより遮断されたなら、間違いなく生命を維持する事は出来ません。

 この宇宙から降り注ぐエネルギーには、宇宙の巡行に合わせる為の振動も送られてきており、この振動数に狂いが生じると生命の維持は弱り、振動数の低下と共に死に近づいていきます。

 3歳児の振動数は1秒間に1兆回の振動で活性化されており、宇宙の意思ともつながっているのですが、段々とその意思は薄まり、人間界の都合の良い法則に流され少なくなっていきます。

 特に40才を過ぎる頃になりますと極端に少なくなりあらゆる病気の餌食になります。これは腸内細菌とも関連しており、振動数が低下するのに比例して悪玉菌有利の環境になるのです。理由はいろいろあるのですが、簡単に言えば、細胞や細胞の中の分子にゴミが溜まり起こるという事です。

 これらの原因によって病気になった場合一番に考える事は免疫力を高める事でしょう。この免疫力を高める為に良いと言われている漢方薬やサプリは山の様に市販されていますが、本当に効果があり治っているのでしょうか?治っており、満足している方には、このページに興味を示す必要はなく、今までの治療法を実践すれば良いでしょう。 
 しかし、私は40年以上医療に携わっており、医学が進んだという割には病気は減っていません。というより、増えている現状を鑑みた場合、どこかおかしいと思っているのです。

 うつ病やアトピーや統合失調症や癌などは増えており、全然治っていないではないかと不信感が募っている時に台湾北投石の原末に出会ったのです。

続きは
■「生命の玉とクリーム
■「癒しの森湯布院」ブログ

PageTop