ご入魂・ご開眼|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください開眼式や入魂式と言われ神仏の魂の分け御霊を入れる事を言います。神仏の魂が物に入りますと、その者や物はただの美術工芸品ではなく神の子になりますので大事にすることが重要です。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
ご入魂・ご開眼
釈尊(ブッダ)は、「万物に仏性」ありと説き、あらゆる生物にも鉱物にも、石ころにも、仏の魂があると説いたのであります。これの詳しい説明は「万物に仏性」あり、で解説する事にするが、要するに、すべての物は神である宇宙エネルギーで作られたものであるから、宇宙エネルギーがあると云う事であります。
ブッダが亡くなって約2.500年ジーザスが亡くなって約2.000年であるのだが、その本体は無くなっても本質である魂は永遠に生きているのであります。ある魂は宇宙空間に彷徨い、ある魂は地球外の惑星に留まり、またある魂は地球の空間に留まっている。その魂のレベルにおいて留まる場所が異なるようだが、エネルギーの質、すなわち霊格において違うようだ。霊の魂にもエネルギーが微細であるか、

阿弥陀

粗いかによって人を助ける魂もあるし、自分の魂を育てる時期もあり、ご入魂に応援して頂ける魂の霊格は、もちろん最上階に近い魂であるが、マントラや技法や系譜によって応援して頂けるものであるが、自分の境地が低いと、可成りのエネルギーと集中力が必要になって来る。こちらだけなら、仕方ないと思うが、応援して頂ける神仏にとっては、大変な奴を弟子にしたものだと嘆くであろうが、これも縁に寄って取り持った人の責任となる仕組みになっている。

ブッダ

でありますから、ご入魂というものは、決して自分の力において出来るものでは無く、系譜の流れの歴代のご尽力があってこそ可能であります。ゆえに責任が持てない物には紹介しないし、されないのであります。その頂点にいるお方は、仏教なら阿弥陀如来であり、ブッダを通してそのエネルギー流れて来る。流れて頂くにはマントラや秘密の技法が必要な事は云うまでもないところです。
この世は雑音だらけの世界であり、まるで昔の鉱石ラジオのように雑音が多く、アナウンサーの声は聞き取りにくかったのを思い出すのだが、これと同じく耳の聴覚を鋭くし聞き取る訓練をしないと聞き取れるものではない。この訓練は、やはりヒマラヤなども空気に汚れの混じり物がない場所が有利でありますから、大概の修行道場は、空気の透き通った場所に作られており、チリや埃を吸い取る大きな木に囲まれている事は、お分かりであろうと思います。その空間において、なるべく雑音が少ない夜にご入魂が行われるのは、承知の事と思います。その空間や自分の技量が低い物は、系譜によって引き継がれた物に手助けして頂かなければない。これが秘密のオイルであったり香木であったり、その他諸々で補う事になるのであります。
では、そのエネルギーは何であるのかになるのですが、釈尊すなわちブッダは、ブッダの魂から発せられたエネルギーを使う事になります。当然ブッダは日夜休むことなく、求める人々にエネルギーを送っているのでありますが、ご入魂のエネルギーは、その数百倍必要であると言われています。ゆえにブッダも大変であると云っても、ブッダは無限のエネルギーの中にいる分けですから、エネルギー的は問題ないのであるが、それを頂いた者が粗末に

ブッダ

扱ったりした場合悲しむのであります。よってご入魂という儀式は慎重に選ばなければならないし、受け取る方は、一心にブッダの周波数に合わせるというか、電波を拾う事に全身全霊を傾けなければならない。それは、ヒーリングも同じで、形は似ていても、似て非なるものの結果が待っているのです。爆発的なエネルギーは真空で起こり、その真空が無という事になるのです。

PageTop