腸と脳との連絡は微生物|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索
腸と脳(本) MRE菌成分

腸と脳の連絡を媒介する微生物

 数年前までは、腸と脳の相互作用を研究する科学者の多くは、「脳ー腸ー脳」の双方向のコミニュケションを可能にする基本構成要素のすべてを特定できたと考えていた。
 ここまで、腸が消化作用や環境を監視する様々な方法を、具体的に言えば、熱、冷たさ、痛み、張力、酸性度、含有栄養素などに関する情報がいかに検知されるのかについて見えてきた。

脳と腸拡大表示

私たちの腸の表面は、身体内でもっとも大規模かつ高度な感覚系と見なせるほど、多様な情報を検知できる。そこから発せられた内臓刺激は、ホルモン、免疫系のシグナル分子、そして迷走神経をはじめとする感覚神経の活動を通じて、小さな脳や大きな脳に伝えられる。この新たな知見は、消化器系がたいてい意識の働きなしに完璧に機能する理由や、汚染された食べ物に反応する理由、あるいは美味しい料理を食べた後で満足感を覚える理由を説明する。
詳細情報

小さな脳(腸管神経系)

 また、私たちは、小さな脳、すなわち腸管神経系が一種の地方自治体として機能し、緊急時には連邦政府たる脳と密接に連絡を取り合いながら、事態に対処する事を知った。さらには、私たちが情動を感じる時には、脳内の特殊な情動操作システムによって、腸という舞台で上演される芝居の筋書きが練られ、腸の収縮、血流、その時生じた情動に見合う消化液の分泌などからなる、特徴的な活動パターンが引き起こされることを学んだ。

腸と脳拡大表示

臨床医は、腸と脳のコミニュケーションのかく乱が、IBSなどの機能的腸障害の発症に顕著な影響を及ぼすという新たな知識を手にすることで満足した。しかし、私は早くから、同僚の精神科医や胃腸病学者の一般的な見方とは異なり、このコミニュケーションシステムの異変が、不安、抑うつ、自閉症などの、消化とは無関係な障害にも関与しているのではないかと考えてい
詳細情報
 科学の世界では良くある事だが、当初の我々の自信は時期尚早だったことがやがて判明する。我々は腸と脳の間の双方向コミニュケーションを巡って多くの事実を発見したものの、マイクロバイオーター必須の構成メンバーとして含む精巧な消化管ー脳回路を介して、身体が内臓反応や内臓感覚を組織化していることが次第に明らかになってきた。逆に言えば、それまではマイクロバイオーターの必須の役割をまったく考慮せずに結果を予測したり、結論を引き出したりしていたのである。
 情動によって引き起こされる内臓反応は、ねじれや痙攣に限らず、無数の内臓刺激を引き起こす。内臓刺激は脳に送り返され、そこでそれをもとに内臓感覚が生じたり調節されたりし、また、その経験が情動的な記憶として蓄えられる。さらには、世界中の科学者が驚いたことに、内臓反応と内臓刺激の相互作用の統合に腸内微生物が大事な役目を果たしている事が、最近になってわかってきた。

輝源体験談拡大表示

現在では、この目に見えない生命のかたまりが、ホルモン、神経伝達物質、あるいは代謝物質と呼ばれる無数の小さな化合物からなる種々のシグナルを介して、常時脳と連絡を取り合っていることが理解されるようになった。このような代謝物質は、微生物の特異な食習慣によって生成される。
詳細情報
 つまり微生物が、消化されなかった食物の残滓(ざんし)や、肝臓から消化管に分泌された胆汁酸、あるいはちょうを覆う粘膜を食べる事によって生み出されるのだ。事実マイクロバイオーターは、高度な生物科学言語・・・・今後は微生物語」と呼ぶことにする・・・・を用いて脳と長い対話を行っている。
 では、何故、腸内微生物や脳は、かくも高度なコミニュケーションシステムを必要としているのか?微生物はいかにして発達したのか?この問いに答えるには、地球が微生物に満ちた海洋によって覆われていた、太古の時代に目を向ける必要がある。腸と脳の本より抜粋

微生物の夜明け

「腸と脳」p97より抜粋

輝源拡大表示

およそ40億年前、地球上の生命は単細胞の微生物、古細菌として誕生した。誕生してから30億年ほどは、微生物以外の生命は存在しなかった。またその数は、銀河系の星の数より多かった。様々な形態や色をした、独自の行動様式を備える無数の微生物種が、集団を形成しつつ、静かで広大な海洋に漂っていたのである。
詳細情報
 自然選択に基づく試行錯誤が長期にわたって繰り返されことによって、微生物はコミニュケーションを図る能力を完成させていく。それを達成するに当たり、微生物はシグナル分子と、そのコードを解読するメカニズムを備えたレセプター分子を作り出す能力を獲得する。

本拡大表示

こうしてある微生物が生成したシグナル分子は、近くにいる別の微生物によって解読されるようになり、シグナルを受け取った微生物は、一時的にせよ恒久的にせよ、行動を変えるようになった。ジェシー・ロスとデレク・ルロイスが見出したように、シグナル分子の多くは、私たちの腸が腸管神経系や脳とのコミニュケーションに用いているホルモンや神経伝達物質に良く似ている。これらの分子はいずれも、今日の私たちが備えるさまざまな身体組織がシグナル伝達を用いている種々の生物学的方言と同様、比較的単純な古来の言語と見なす事が出来る。およそ五億年前、最初の原始的な単細胞動物が海の中で進化し、その消化管内に宿る海洋微生物が出現しはじめる。その種の小さな海洋動物の一つヒドラは、現在でも淡水域に見られ、浮かぶ消化管というにふさわしい。
詳細情報
 管の長さは数ミリメートルしかなく、一方の末端である口から、微生物の宿る消化器系が全長にわたって走り、他方の末端をなす粘着性の円盤によって岩や水中の植物に自身を固定する。

続きは「腸と脳」の本を読んでください。アマゾンはコチラ

疲れ・動悸・息切れ・めまい・・・

原因不明のこんな症状を感じた事はありませんか?

ファブリー病

たけしの家庭医学より「名医とつながる!たけしの家庭医学」

全身の細胞に異常が起きることで様々な症状を引き起こす病を紹介!

番組内容

 私達の体の細胞は、一般的には60兆個あると言われており、細胞は日々その中で発生した老廃物を酵素によって排泄することで正常に働いている・・・ところが、老廃物を排泄する役目の酵素の働きが弱わまると・・・細胞内に老廃物が溜り続け細胞が正常に働かなくなってしまう・・・それが難病ファブリー病
■症状は・・・
老廃物が溜る事で脳・目・手・足・腸・・・と至る所で生じる
■ファブリー病の特徴は・・・
体に熱がこもり、熱さは感じるものの汗をかかない・・・
■治療法は・・・
・点滴による酵素補充療法
・経口薬も2018年に登場・・・
ファブリー病は、細胞内リソソームにある「αーガラクトシダーゼ」という酵素の欠損または活性低下により起こる疾患です。
・疲労などの体調不良の原因の一つ☞細胞内の老廃物の蓄積
・治療法として紹介した「点滴による酵素補充療法」はリソソームの含まれる「αーガラクトシターゼ」を製剤化した薬を点滴で補充する治療法です。
MRE成分には、細胞内のゴミ掃除をする 微生物のリソソーム酵素が含まれています。

MRE成分の細胞そのものを元気にする働き・・・

MRE成分は細胞そのものを刺激して元気にする働きが期待されています。ゴミが溜まったままの細胞に栄養素(ビタミン・ミネラル)を与えても十分に力を発揮する事は出来ません。MRE成分は溜まったゴミ=不要なものをしっかり掃除し、老化した細胞をまるで新品へと戻す働きがあると考えられます。

細胞からキレイにしませんか?

我々が無意識で行っている「呼吸」
体に必要な酸素を取り入れて、
不要な二酸化炭素などを体外に吐き出す・・・
実は、細胞レベルでも「呼吸」と同じ様に必要なものを取り入れて、不要なゴミは排出しています。(細胞のゴミ掃除)

不要なものを排出するからこそ、必要なモノを取り入れることができるのです!

MRE

1、超低分子微生物
腸と脳の連絡を媒介する超低分子の超MRE菌成分。超低分子だからこそ脳内も細胞も活性化し、働きを正常に戻す事ができるのです。脳内が酸性化すると正常な判断が出来ません。「何故、なぜ、意味が理解できない」悩み苦しむのは、腸と脳の連絡が上手く作動していないからです。ここを改善しないと治る病気も治らない・・・・って事になりますし、血液の酸性化を防ぐ瞑想は腸の大掃除を考えなくてはならないのです。

奇跡の難病改善法

癌の本拡大表示

私達、生命体(人間・動物・植物他)は宇宙から降り注ぐ目に見えないエネルギーによって生かされています。もし、このエネルギーが何かのアクシデントにより遮断されたなら、間違いなく生命を維持する事は出来ません。

 この宇宙から降り注ぐエネルギーには、宇宙の巡行に合わせる為の振動も送られてきており、この振動数に狂いが生じると生命の維持は弱り、振動数の低下と共に死に近づいていきます。

 3歳児の振動数は1秒間に1兆回の振動で活性化されており、宇宙の意思ともつながっているのですが、段々とその意思は薄まり、人間界の都合の良い法則に流され少なくなっていきます。
詳細情報
 特に40才を過ぎる頃になりますと極端に少なくなりあらゆる病気の餌食になります。これは腸内細菌とも関連しており、振動数が低下するのに比例して悪玉菌有利の環境になるのです。理由はいろいろあるのですが、簡単に言えば、細胞や細胞の中の分子にゴミが溜まり起こるという事です。

 これらの原因によって病気になった場合一番に考える事は免疫力を高める事でしょう。この免疫力を高める為に良いと言われている漢方薬やサプリは山の様に市販されていますが、本当に効果があり治っているのでしょうか?治っており、満足している方には、このページに興味を示す必要はなく、今までの治療法を実践すれば良いでしょう。 
 しかし、私は40年以上医療に携わっており、医学が進んだという割には病気は減っていません。というより、増えている現状を鑑みた場合、どこかおかしいと思っているのです。

 うつ病やアトピーや統合失調症や癌などは増えており、全然治っていないではないかと不信感が募っている時に台湾北投石の原末に出会ったのです。

続きは
■「生命の玉とクリーム
■「癒しの森湯布院」ブログ

PageTop