急増するADHD|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

急増するADHD

 ADHDはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、以前は「注意欠陥多動性障害」と訳されていましたが、欠陥という表現があるということで、最近は注意欠如多動性障害と呼ばれています。具体的な症状として「注意欠如」に関しては、貧血や低血圧あるいは無気力で頭がボーッとしているのではなく、時には過剰に一点に集中するあまり他の事を見落としたり忘れてしまう、あるいは集中力が持続しない、頭の中で別の事を思い浮かべたりしやすくケアレスミスをおかしてしまうといったもので、簡単にいうと頭がいっぱいいっぱいになりやすいという事です。
 「多動性障害」については文字通り落ち着きがなくじっとしていられない、感情が高ぶりやすくイライラしやすいほか、一方的にまくしたてたり、衝動性も高くなり不用意な発言や行動に出たりすることもあります。
 ADHDは発達障害のひとつとして先進国を中心に世界中に患者数は増えており、アメリカでは21世紀に入って最初の10年間で患者数が43%も増加し、若者の10人に1人以上の割合でADHDと診断されているとする調査結果も出ています。更に、もともと児童期に特有の病気として考えられてきましたが、近年は日本でも大人のADHD患者が急増しており、子供特有の病気とはいえなくなってきています。
 大人のADHDに関しては、もともと集中力が強いというプラス面から平均以上の能力をもっている人も多いようですが、就職して社会人になったときや管理職への昇進などを契機に多方面への対応を嵌られる機会が増えるとマイナス面が顕在化しやすくなり、職場のトラブルなどからうつ病や不安障害になることも多いとされています。

漢方的には「肝鬱化風」

羚羊角拡大表示

抑肝散+羚羊角
 ADHDの症状を漢方の立場から考えると基本的には肝鬱化風だと思います。特に小児の場合はもともと「三有余」、「四不足」、すなわち五臓の心、肝と陽は余りやすく、五臓の脾、肺、腎と陰は不足しやすいという特徴から、脾虚(気虚)によりストレス抵抗力が弱い上に肝気が高ぶりやすく、大人に比べて精神的に落ち着きがない傾向にあり、ちょっとしたストレスの影響で興奮しやすくなります。また、ストレス=肝鬱状態で内風が発生することで歯ぎしりや、筋肉の痙攣なども発症しやすくなります。
詳細情報
 こういった時によく用いられるのが抑肝散(よっかんさん)ですが、肝胃不和と呼ばれるようなストレスが胃に影響を与えて悪心(おしん)や嘔吐といった症状を伴いやすいときには抑肝散加陳皮半夏(ちんぴはんげ)の適応となります。また、江戸時代末期、水戸藩徳川斉昭の侍医である本間棗軒は、抑肝散に羚羊角を加味して用いたという記録が残っています。
因みに、大人のADHDが増えている背景には、三有余四(さんゆうよし)不足という子供特有のアンバランスさがいつまでも解消されない事が挙げられていますが、「脾・肺・腎」の病とも呼ばれるアレルギー疾患などが増加しているのも同じ理由からだと思います。アトピー性皮膚炎にしろ、喘息にしろ、一昔前までは「小児アトピー性皮膚炎や小児喘息」と呼ばれていたように小児特有の疾患とされていたものが、成長とともに緩解することなく大人になっても治らない人が増えたことで今や小児特有の疾患という認識がなくなってしまいました(花粉症なども昔は:洟垂れ(はなたれ)小僧という言葉があるように子供に多い疾患でした。)また、この三有余四不足がいつまでも続く理由は「後天の本」である「脾」の虚弱性が解消されないことにあり、その原因はひとことで言えば「食養生」がなってないという事になります。

農薬とADHD

■仙人からアドバイス:病気の人に瞑想をすれば治るとアドバイスしても瞑想できないのです。なら、どうすれば瞑想できるのか?これは瞑想に集中できない人にも言える事です。密度の高い瞑想を望むならヒント満載です。
 先進国を中心に急増しているADHDに関して、以前は遺伝的な問題があるとの説もありましたが、数年前からは環境汚染化学物質、特に農薬による脳への悪影響が関与しているとの研究論文が増えており、2012年には米国小児科学会から農薬暴露は子供に発達障害や脳挫傷などの健康障害を起こすとの警告が発せられました。農薬などの化学物質がヒトの脳の発達に悪影響を与えるメカニズムについては明らかにはなっていませんが、胎児期や小児期において農薬などの化学物質にさらされることで、脳の発達に重要な神経情報伝達系の攪乱などを介して、特定の神経回路が形成異常を起こす事がADHDなどの発達障害につながっているとする説が有力視されています。

農薬

 2016年には日本国内の子供の尿中にネオニコチノイド系などの農薬が高濃度に検出されたとする報告もあるほか、東京都医学総合研究所のラットを用いた動物実験ではネオニコチノイドが哺乳類の脳の発達に悪影響を及ぼすことが示唆されています。



スマホとADHD

  ところで、今年の5月にカナダのアルバーター大学からADHDの患者数が急増している背景について別の角度からの研究成果が発表されました。同大学の研究チームによると、カナダ在住の3歳から5歳の幼児3500人を調査したところ、1日に2時間以上スマホやタブレットの画面を見ている幼児は全体の7分の1に達し、ADHDになる確率が7,7倍にもなるほか、同じく30分以下しか見てない幼児に比べて問題行動を起こす確率が5倍に達するというものです。そのほかにもスマホやタブレットの画面を長時間見る事は、睡眠不足など他のいかなる要因よりも悪影響を及ぼすことがわかったそうです。

スマホ拡大表示

 パソコンが普及し始めた頃にも、パソコン画面を長時間見る事によって眼精疲労や頚肩腕症候群のほか、イライラや抑うつ症状といった神経症状を呈するVDT症候群というものが問題視されていましたが、肉体的にも精神的にも未熟な幼児が長時間にわたってスマホやタブレットの画面を見る事は大人以上にダメージを受ける可能性が高いといえます。また、ADHDといった問題以外にも将来にわたって液晶のブルーライトが網膜に与えるダメージも懸念されるところです。
 さらに、ADHDとまではいかなくても、スマホやタブレットの長時間使用による心身の不調が世界的に蔓延していることを背景に、今年の5月に世界保健機構(WHO)は国際疾病分類(ICD-11)の現代病のリストに追加しました。日本の医療機関でもスマホ関連障害と呼ばれるような症状〜ドライアイや目の奥の痛み、不眠やイライラ、睡眠障害からストレートネック(スマホ首)や腱鞘炎、バネ指などで受診する人が増えているそうです。特に未成年者の受診が多くなってきており、5歳未満のバネ指や小児の肩こりなど、以前では考えられなかったケースも増えてきているそうです。

農薬もスマホも「肝」に影響する

 ネオニコチノイド系農薬の一つであるチアクロプリドを雄のラットに慢性投与した実験では肝臓の肥大や網膜の萎縮がみられたほか、雄、雌ともに発がん性もみとめられています。一方で、長時間スマホやタブレットの画面を見続けることは目を通じて五臓の「肝」に悪影響を与える事になります。(肝は目に開竅する)。さらに、ブルーライトによる直接的な弊害以外にも、画面を凝視することは神経を消耗し、自律神経と関係の深い「肝」には負担になります。また、「肝」は全身の筋肉がなめらかに収縮するようにコントロールしているところなので、「肝」がダメージを受けると自律神経が乱れるだけでなく筋肉が痙攣を起こしやすくもなります。
 特に子供の場合はもともと肝気が高ぶりやすい事もあって、農薬による脳や肝臓へのダメージ、あるいは長時間のスマホやタブレットの使用による「肝」への過度の刺激がADHD[につながりやすいといえます。対策としては羚羊角製剤などの熄風薬(そくふうやく)が有効とはいえ「肝」は十分な「血」を必要としていますので、食養生と「脾胃」の機能の安定を心がけることと、スマホなどを長期間使用しないことが必要といえます。

PageTop