難病(体質改善快復法)|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください一番にしなければならない事は、酸性物質やストレスから発生した毒素を体外に排出する事であります。細胞内も脳内も腸内にも汚染物質の残渣だらけですから、それらを分解除去しなければなりません。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
現代人の食生活・生活環境・ストレス社会や酸性食品・酸性物質の氾濫の中で生かされている動植物の生態系は壊され、負の連鎖で生活する生き物は負の循環において、人間も動物も植物も負の環境下で生活しているのは、まぎれもない事実でありましょう。
農薬まみれの野菜を動物が食べ、その動物を人間が食べる。まさに負の連鎖であります。また、自分さえ良ければ良いと言うエネルギーが地球上に充満し、戦争さえ引き起こそうとしている現実を見た場合、余程の覚悟を持って健康回復を考えねば、負の連鎖から脱出できないと思っています。そこで、何をしなければならないのか?

輝源

一番にしなければならない事は、酸性物質やストレスから発生した毒素を体外に排出する事であります。細胞内も脳内も腸内にも汚染物質の残渣だらけですから、それらを分解除去しなければなりません。その為には、低分子化された酵素を含む微生物が必要なのです。目に見えない微生物は、昼夜絶えず働き有害物質を分解除去しているのですが、微生物もへとへとですから、援軍を補給して体に活力を与えるのが、微生物に生かされている者の責務ではないでしょうか?
特に脳内の掃除には、血液脳関門という、関所を通らなければ侵入は出来ないのです。ウイルスも通れないのですが、関所の力が弱いと侵入されますので、運悪く侵入された場合は、侵入した異物から発生した毒素を分解除去しなければなりません。その為には、バリアを通過する、超低分子の微生物の力を借りねばならないのです。その微生物が、超低分子のMRE輝源なのです。

オイスター

二番目に考えなくてはいけない事は、生き物は磁力線(氣)において生かされているという事です。簡単に言えば電位の力においてエネルギー運搬されているわけですから、その磁気が通りやすい環境を作らねばなりません。血液の中も神経も磁気によってエネルギーが循環出来るわけですから、粘っこい血液をサラサラにして通りをよくしなければなりません。その為に脂肪分や糖分を控え導電体であるミネラルを増やさなけばならないのです。

感応丸

腸内や細胞内や脳内の毒素がある程度分解除去でしたら、脳内の司令塔から送られる指令を神経も受け取る事が出来ます。その指令を抹消まで届けるには、肺の気が必要であり、全身に配る氣の量も必要ですから、ジャコウや牛黄や羚羊角配合の救心感応丸の力を借り気力を高める事によって健康回復が出来るのですが、その援軍の力を削ぐことをしてはなりません。マイナスの言葉はプラスイオンです。プラスの言葉はマイナスイオンであり、暴走しているプラスイオンを中和する事が出来ます。ので、助けて頂くものが、助っ人の足を引っ張ってはならないのです。とは、言っても早急に生活習慣を変える事は、難しいので、祈りや瞑想で補ってください。それも難しい人は最強のマントラを聞く事で浄化して下さい。

免疫活性と祈り(マントラ)

マントラは、それを唱えることにより、人間が本来持っているエネルギーを活性化し、その人を霊的い向上させ、様々な障害から守ります。数あるマントラのうちで、ガヤトリーマントラは最高のマントラと言われています。古代の偉大な聖者は、ガヤトリーマントラについて次のように言われています。

「このガヤトリーマントラは、人類最古の聖典ヴェーダーい収められている普遍的な祈りの言葉です。このマントラは無限の可能性があります。これは強く響き渡る祈りの言葉です。このマントラは、測り知れない力を持ちます。その力は実に素晴らしいものです。なぜなら、このマントラを司る神格が太陽であるからです。ガヤトリーマントラを規則的に、そして信念をもって唱える人は
■あらゆる病が癒されます。
■あらゆる不幸が避けられます。
■あらゆる望みが叶えられます。
ガヤトリーマントラは次のように唱えます。
ガヤトリーマントラ最初は聞くだけでも効果が出ます。
サイババ ガヤトリーマントラ
これも良い
Om BHUR BHUVA SVAHA T
オーム ブール   ブヴアツ   スヴァハ

TAT  SAVITUR VARENYAM  
タット  サヴァイトゥル  ヴァレーニャム 

BHARGO DEVASYA DHEEMAHI
バルゴー    デーヴァッスヤ  ディーマヒ

DHIYO YONAH PRACHODAYAT
ディヨー   ヨーナッ    プラチョーダヤート
ガヤトリーマントラは様々に訳すことができますが、その一例は以下のようになります。

宇宙エネルギー(OM)
物質界(Bhur)、アストラル界(Bhuva)、天界(Svaha)の存在の源(Savitur)至高の存在(Devasya)の霊的光輝(Bhargo)を私達は瞑想します(Dheemahi)どうか至高の神性存在(Tat)が、(私達が至高の真理をつかむために)その(Yo)私たちの(Nah)理性(Dhiyo)を啓蒙してくださいますように(Prachodayat)。

独鈷杵(スティック)瞑想

スティック瞑想

胡坐・正座・結跏趺坐の座り方をし、仙骨は必ず立てなければなりません。仙骨を立てると肛門はやや後ろ側になります。スティックの丸い方を掌の真ん中のツボ(老宮)に当て尖った方は天に真っ直ぐ向けます。これで会陰のツボと百会のツボが縦に並びますので、天の気と地の氣を丹田でスパークさせエネルギーを受け取るのです。肩に力が入らない様に、重心はお尻から足が地面に設置するところに、意識を持って行きます。

瞑想拡大表示

瞑想拡大表示

瞑想拡大表示

握る指は、親指・中指・薬指の3本でスティックを軽く握ります。人差し指は、火のエネルギーで強すぎるので使いません。この時、意識は必ず丹田より下に持って行ってください。第三の目を意識すると、氣が上に上がり逆効果になりますので、氣をつけて下さい。スティックはエンジェル、スティックでもOKです。

瞑想は血液の酸性化を防ぐ

血液

イライラ予防
否定的というのは、消極、反逆、不調和、破壊の陰性である。心配すること、失望すること、敵視すること、恐れること、恨む事がネガティヴの主要要素である。こういう気持ちになると、理性も感情も引きずられて否定的になる。すると、細胞核は、ゆるみ、内分泌腺は適切に各種ホルモンも分泌しなくなり、ために体内毒素が消えず、血液が酸化する。こうなると肉体は、磁性()の平均を失って様々な病気の製造工場になる。薬師如来 瞑想

PageTop