糖尿病Part2|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。私は糖尿病だから眠りが悪かったんだ! 健常者の20%の人が不眠に悩んでいると言われていますが、糖尿病では薬40%もの方が睡眠障害である事が分かっています。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

糖尿病Part2

糖尿病による不眠・合併症に負けない栄養素

私は糖尿病だから眠りが悪かったんだ! 健常者の20%の人が不眠に悩んでいると言われていますが、糖尿病では薬40%もの方が睡眠障害である事が分かっています。
ストレス(夜間頻尿)は不眠を招き、不眠は血糖上昇を招く
 糖尿病の多くの方は、のどの渇きや夜間頻尿のため、夜中に起きてしまい、その後なかなか眠れないようです。眠れない事がストレスとなり、コルチゾールが過剰に分泌されます。このコルチゾールは、血糖値を上昇させる作用があるため、糖尿病をさらに悪化させてしまいます。その為、糖尿病と不眠の悪循環が繰り返されてしまうのです。

抗ストレスミネラルの亜鉛でストレスに強くなる!

 現代人は、ストレス社会といわれるほど、職場や学校の人間関係、パソコン操作や車の運転、通勤、通学など様々なストレスにさらされています。これらのストレスを受けた時、ミネラルの亜鉛が不足していると、ストレスに過敏になり、不眠・糖尿病を誘引するホルモンであるコルチゾールが過剰に分泌されやすくなります。
 このストレスに弱くなっている時に亜鉛を補給すると、ストレスに強くなります。その為、亜鉛を十分に摂取している方は、ストレスに強いと言われています。
 ところが、現代人は、亜鉛の一日所要量が男性で12mg、女性で9mgに対し、摂取量は男性で8,7mg、女性で7,0mgと、男性は72,5%、女性は77,8%しか摂取しておらず、亜鉛逐摂取量が不足傾向にあります。亜鉛をしっかり摂取し、ストレスに負けないように心掛けたいものです。

1、不眠がインスリンの働きを低下させます!

不眠

糖尿病の約40%の方は、睡眠障害でありますが、この睡眠障害がさらに糖尿病を悪化させています。糖尿病によって深い眠りが減少するとインスリン逐働きは低下します。また、食後にインスリンが分泌されますが、睡眠障害がある方はこの時のインスリンの分泌が追いつきません。つまり、糖尿病で不眠症になると、インスリンの働きはさらに低下し、インスリン分泌も不十分となり、残念な事にと尿病は悪化する傾向となってしまいます。

不眠を改善し、糖尿病も改善しましょう

 不眠を改善し、深い眠りを得ると、インスリンの働きは増し、インスリンの分泌も増加します。深い眠りを得ることは糖尿病を改善する上で重要なポイントと言えるでしょう。また、睡眠薬での眠りでは深い眠りが減少してしまいますので、自然な眠りで深い眠りを得たいものです。

自然な眠りは睡眠物質によって誘導されます

 自然な深い眠りは、プロスタグランジンD2、アデノシン、GABAなどの「睡眠物質」が脳内に満たされることで生じます。これらの「睡眠物質」は、アミノ酸などを原料とし、亜鉛・セレン・ビタミンの働きによって脳内で作られます。ところが、糖尿病の食事療法では、カロリーばかりに気をとられがちで、ミネラル・ビタミンの摂取が不足する傾向にあります。

2、不眠は過食を招き、糖尿病に悪影響を与えます

 不眠症や睡眠不足では、食欲を増すグレリンというホルモンが、不眠でない方の28%も多く分泌され、食欲を増します。さらに、食欲を抑制するレプチンというホルモンの分泌が18%低下します。その結果、食欲を抑えるレプチンに対する食欲を増すグレリンの比は、24%も増加する為、明らかに食欲が増してしまいます。つまり、不眠は過食を招き、肥満を誘引し、糖尿病を悪化させる恐れがあります。
食欲を増すグレリンが過剰に分泌
■不眠の方
  食欲を我慢できなーい
グレリンの分泌が正常
■不眠でない方
  夜は食べません

食後高血糖の怖さ

食後高血糖は、大血管障害を引き起こす

 空腹時血糖をコントロールすることで、糖尿病網膜症や腎症などの細小血管障害からは身体を守る事が出来ないことが報告されました。不慮の心筋梗塞などの大血管障害からは守るためには、空腹時血糖だけでなく、食後血糖を正常にすることが大切です。
 心筋梗塞の発症率は、食後血糖が異常に高い群では20,9%ですが、食後血糖が良好な群では12,0%あり、食後血糖値を正常に近づける事が心筋梗塞などの発症の危険性を減少させることにつながるのです。
豆知識 ●空腹時血糖値・食後血糖値(ブドウ糖孵化後2時間値)とは・・・・空腹時血糖値とは、空腹の状態で測定した血糖値のことで、食後血糖値(ブドウ糖負荷後2時間値)とは、絶食窹にブドウ糖を食事に見立てて飲み、その2時間後に測定した血糖値のことをいいます。

食後高血糖が生じるメカニズム〜糖新生について

食後高血糖は、
@インスリンの働きの低下
Aインスリンの追加分泌の遅れ
B糖新生の亢進によって生じます。
セレンは、肝臓でのブドウ糖の取り込みを亢進させ、肝臓からのぶどう糖の放出(糖新生)を抑制し、食後血糖を低下させる。
 セレン不足になると、肝臓にブドウ糖を取り込む働きが弱まり、かつ肝臓でのブドウ糖の合成(糖新生)が亢進し、肝臓からのブドウ糖の放出が増加します。その結果、血糖値は上昇します。

 セレン補給を行うと、肝臓でブドウ糖が消費されやすくなります。すると、血液中から肝臓へのブドウ糖の取り込みが増加します。それと同時に、肝臓からのブドウ糖の放出が減少します。その結果、血糖値は低下します。

過剰な活性酸素が糖尿病の三大合併症

 糖尿病で高血糖になると、過剰な活性酸素が発生します。糖尿病で怖いのは、この過剰な活性酸素いよって血管が傷つき、ボロボロになり、三大合併症を発症することです。

PageTop