子宝応援(強い味方)NO3|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

子宝応援の強い味方(オイスター)

妊娠時には栄養とストレスに留意する

腸と脳(本)287ページより抜粋!
 貴女が出産を控えている女性なら、妊娠時からはじまって、出産時、母乳で乳児を育てている期間、そして子供が3歳になってマイクロバイオーターが完全に確立するころまで、自分の食べたものが子供にも影響を及ぼす事に留意しておく必要がある。
 母体のマイクロバイオームは、胎児の脳の発達に影響を及ぼしうる代謝物質を生成する。また、食事によって「脳ー腸ーマイクロバイオーム」相関に引き起こされた炎症は、成長途上の胎児の脳を阻害する恐れがある。事実、妊娠中に本格的な炎症を抱え込むと、自閉症や統合失調症などを発症する大きなリスクが生じ、母親の高脂肪食に起因する低悪性度炎症は、胎児の脳の発達に微細な悪影響を及ぼす可能性がある。
 また、妊娠中や子供の養育中に母親がストレスを受けると、子供の脳やマイクロバイオータに負の作用がもたらされ、その結果、問題行動に至る場合がある。
 妊娠した女性の体は、デリケートに変化します。その変化に対応できる体力の維持にワタナベ活性型オイスターは大変お役に立ちます!

<ご存知ですか?必須栄養素・亜鉛、鉄、銅などの重要性>

 妊娠・授乳期にはタンパク質、脂肪、糖質などの3大栄養素、そして2大栄養素であるビタミン・ミネラルをお母さんと赤ちゃんの為にも、バランス良く摂る事が大切です。
 ところで、タンパク質、脂肪、糖質そしてビタミン摂取の大切さは広く知られていますが、ミネラル摂取の大切さには、注意が向かない事が多いようです。ミネラル、カルシウム、鉄などが有名ですが、母体に必要なミネラルはこれらだけではありません。
 あまり知られていませんが、カルシウム、鉄以外に亜鉛、銅、セレンといったミネラルも、とても大切な必須ミネラルです。これらの栄養素も十分に摂取する事をおすすめします。

<妊娠中の亜鉛・鉄・銅不足にご注意を!>

妊娠

 妊娠中にこれらの必須ミネラルは不足しがちですが、特に亜鉛不足が心配されています。必須ミネラルは、お母さんと赤ちゃん両方にとって、大切な役割を果たしているのです。
 妊婦さん・授乳婦さんの亜鉛摂取量は、一日平均10mgですが、実際若い女性では、一日平均7,4mgしか摂れていません。また、妊婦さん・授乳婦さんも、一日平均8,5mgしか摂れていないことが調査でわかり、妊娠・授乳期の亜鉛不足が大変心配されます。

<母体は、自分を犠牲にしてでも、お腹の赤ちゃんに栄養である亜鉛・鉄・銅を与えようとします!>

 妊婦さんに亜鉛・鉄・銅が必要な理由は、赤ちゃんの成長のためには、これらのミネラルが必要不可欠です。そこで、妊婦さんは自分を犠牲にしてでも、本来自分にも必要な体内の亜鉛・鉄・銅を胎児に与えようとします。そのため、妊婦さんはこれらのミネラルの欠乏になりやすいのです。
赤ちゃんの成長の為には、亜鉛・鉄・銅が必要です。
■妊婦さんの亜鉛・鉄・銅の摂取不足から体調を壊す原因となります。
※一口メモ
亜鉛・銅は安全なミネラルです
〇亜鉛と銅は粉ミルクに添加が許可されているくらいの安全なミネラルです。
〇厚生労働省は食品衛生調査会に諮り、同調査会の「もんだいなし」との結論を受けて、1983年、許可に踏み切りました。

妊娠・授乳期のお母さんには

十分なミネラル・ビタミン補給がとても大切です。

 妊娠・授乳期のお母さんは、母子の為に亜鉛・鉄・ビタミンA・葉酸等の栄養素を通常より多く摂る必要があります。

〇ひとくちメモ
妊娠して味の好みが変わるのは当然の事なのでしょうか?
◇急に酸っぱいものが食べたくなったり、妊娠中、味の好みが変わる事(味覚の変化)は、当たり前に起こる現象と思われていますが、実は、亜鉛不足によって味に対する感覚が変化しているのです。実際、妊娠して味の好みが変わった妊婦さんは、軽い亜鉛欠乏状態にあると言われています。
 ところが、現代人は糖質、脂質は過剰摂取傾向にあるにも関わらず、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。ビタミンはサプリメントからの摂取が全体の30%程度です。もしサプリメントでビタミンを摂取しないとビタミン不足の可能性もあります。これらの不足しやすいミネラル・ビタミンを補うために、ワタナベオイスターは大変適しています。近頃では、妊娠・授乳期の胎教が話題になっていますが、妊娠・授乳期の栄養管理を充実し、体力的にもゆとりをもち、生活をゆったりと楽しむことが母子ともによい影響を与えるようです。安心・安全のオイスターで、不足しやすいミネラル・ビタミンを補給し、妊娠・授乳期の大切な時期をゆったりと楽しんでまいりましょう。

永年、積み重ねてきた信頼と実績

 弊社(ワタナベ、オイスター)歴史は28年(全身から数えると44年)となります。その永年の実績として、沖縄から北海道まで、多くのオイスターを愛用して産まれたオイスターベイビーが現在元気に活躍しています。そして、その方々の中にはすでに成人してお母さんになった方、また、お医者さん、薬剤師、ゴルファーなどとなり活躍している方がたくさんいらっしゃいます。全国のオイスターベイビーの方は、1万人以上と推定されてます。

3世代に渡り証明されているオイスターの安全性

 オイスターの安全性は、国内医療機関、研究機関による動物試験、ヒト多量摂取試験、ヒト長期摂取試験、さらに、3世代に渡る動物試験によって証明されています。

 つまり、ラットの研究によると、オイスターを摂取したラットが子供を出産し、さらに、その子供たちが大人に成長し、そして、子供を出産しました。この研究で、3世代に渡る全てのラットは、とても健康であり、何の異常も認められませんでした。オイスターは、とても安全なサプリメントです。安心してご愛用下さい。

オイスターによる栄養補給は

妊娠・出産のお役に立ちます!

オイスターには、妊娠・授乳期の方に摂取がすすめられている亜鉛・鉄・銅・ビタミンB6・葉酸等の栄養素がバランス良く豊富に含まれています。
@オイスターにより多くの赤ちゃんラットが生まれました。亜鉛・セレン・銅が必要量の半分程度しか含まれていない低栄養のエサで、ラットが子供の時から大人になるまで飼育されました。すると、そのラットが出産した子供の数は、平均8,6匹でした。一方、成長の途中からオイスター(人に換算して1日9粒)を摂取したラットの場合、そのラットが出産した子供の数は、平均11,8匹に増加しました。それらによって、オイスターの栄養補給が、胎児の発育、出産にとって大切であることがわかりました。
Aオイスターにより母ラットの母乳の分泌が増加しました。生まれたばかりの赤ちゃんラットは、母乳のみで育てられます。通常食のみ摂取の母ラットは、1匹あたり平均8匹の赤ちゃんを母乳で育て、通常食+オイスター摂取の母ラットは、1匹あたり13匹の赤ちゃんを母乳で育てました。

 生後7日目、14日目の赤ちゃんの体重測定をすると、通常食+オイスター摂取の母ラットが育てた赤ちゃんの方が、通常食のみ摂取のラットが育てた赤ちゃんより体重が重い傾向にありました。つまり、オイスター摂取の母ラットは、通常食のみで育った母ラットよりも母乳分泌量が多い事が示されました。

丈夫な赤ちゃんを育てるために

できるだけ母乳で育てましょう!

質問
1、オイスターを飲むと母乳はタップリ出るの?
質問
2、母乳に亜鉛はどのくらい含まれているの?
質問
3、母乳は人工乳よりも栄養があるの?

イライラや夜眠れないと感じたら

それは栄養不足のメッセージかも?!
質問 4、マタニティ・ブルーは、食生活や栄養補給でも防げるの?
回答  妊娠中の母体の栄養は、胎児へ優先的に与えられる為、亜鉛欠乏になりやすいです。栄養不足、特に亜鉛不足は、うつ状態を引き起こすことが学会で報告されています。亜鉛不足の状態で出産したお母さんは、イライラ、不安感、不眠、恐怖感、食欲不振などを感じて、うつ状態、育児ノイローゼに陥りやすい傾向があります。そして、うつ状態のお母さんは、赤ちゃんを優しくゆっくり可愛がることができず、きつく接してしまいます。
 
 その結果、赤ちゃんも情緒不安、うつ状態の脳波が観察されたと報告されています。育児疲れによるイライラ・不安は栄養不足が秘湯の原因であり、お母さんが悪いわけではありません。なお、うつ状態はうつ病ではありません。亜鉛不足でストレスを受けると、うつ状態を引き起こすホルモンであるコルチゾールの分泌が多くなり、うつ状態になりやすくなります。

 ところが、その時補給すると、うつ状態が軽減されます。また、血清中の亜鉛濃度が高い方はストレスに強く、低い方はストレスに弱いことも報告されています。

ワタナベ活性型オイスターは、衛生・安全

健康食品のGMP認定工場で製造

製造方法
日本初のカキ肉ダブル抽出法
製造特許
第3391642号  第3391643号

カキ肉の減圧抽出濃縮法
2005年い日本・アメリカ・フランス・イギリスで特許申請を行い受理されました。

ワタナベ活性型オイスターが出来るまで

1、弊社(ワタナベ、オイスター)は、天然ミネラル・ビタミンの宝庫である春の新鮮な国産生牡蠣を原料から吟味して使用しています。

2、生牡蠣の身を崩さず、減圧・加圧抽出にて、お湯とアルコールで二度抽出します。二度抽出する事で、牡蠣肉中のミネラル・ビタミンなどの栄養素は本来の形で有効的に抽出されます。この時、酸・アルカリなどの化学薬品は一切使用しておりません。
3、この抽出した牡蠣のエキスを減圧濃縮し、製品となります。製品には亜鉛・セレンなどの天然ミネラルなどが、胃腸にやさしく吸収されやすい本来の形で、バランス良く豊富に含まれています。

天然ミネラルの宝庫

ワタナベ活性型オイスターがお役にたちます!
 ワタナベ活性型オイスターは、亜鉛・鉄・銅などの微量ミネラルが豊富に含まれています。しかも、微量ミネラルがペプチド・タンパク質などと結合しているので、胃腸にとてもやさしく働き、吸収されやすいのです。また、オイスターには、体にとって大切な各種のアミノ酸や活性度の高いビタミンも豊富な為、妊娠・授乳期の栄養補給に最適です。  なによりも、安全な天然素材の食品ですので妊娠・授乳期、また、ご家族皆さまの栄誉補助食品として、安心してご利用頂けます。
 食品が加工精製される時に、食品中の亜鉛・鉄・銅などのミネラルは、多量に失われます。そして、現代人は加工精製食品の摂り過ぎで、微量ミネラルが完成的に不足していると言われています。妊娠・授乳期は、微量ミネラルの必要量が増加しますので、それらの摂取不足が、更に心配されます。

安全・安心な天然素材からオイスターは作られます。

 古くから「海のミルク」と呼ばれ、その栄養価の豊富さと味覚が愛されてきた牡蠣。「ワタナベ活性型オイスター」の高い安全性が証明されており、(成分試験)、また長期摂取、多量摂取についても北京大学病院、国内医療機関などで安全性が証明されています(ヒト試験)。  
 
 さらに、親子3世代に渡る長期間過剰摂取試験においても、安全性が証明されました(動物試験)。

 妊娠授乳期の栄養補給に、またお子様からご年配の方の栄養補助食品としてご使用いただけます。

PageTop