薬師如来 瞑想|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

病気を治す「薬師如来」瞑想

薬師如来とは・・・

薬師如来拡大表示

薬師如来(やくしにょらい)、如来とはすでに仏(神)になった仏さまで、菩薩様とは、仏さまになる為に修行してる位におり、死後は仏さまになれる確約を頂いています。薬師如来は、大医王仏とも呼ばれます。大医王の字の如く医療を担当する王の位にいますので、病気を治す専門家でありながら、「病苦を除き安楽を与える現世利益(げんせいりやく=死後救われるのではなく、生きている間に叶う)の仏(悟った人)とされます。

  薬壺(やっこ)の中に薬師如来の仏像(入魂)と「生き神様」より継承された秘伝のアムリタを入れ、薬師如来マントラを唱えます。アムリタは継承された壺の中に薬物を入れ、長期間熟成したものです。薬物の中には、薬品(ヒ素)処理されていない虎の頭骨の粉や羚羊角の粉や黒焼きも入っている最強のアムリタ(全ての病気に効果)です。薬壺(やっこ)の中に薬師如来の仏像(入魂)と「生き神様」より継承された秘伝のアムリタを入れ、薬師如来マントラを唱えます。アムリタは継承された壺の中に薬物を入れ、長期間熟成したものです。薬物の中には、薬品(ヒ素)処理されていない虎の頭骨の粉や羚羊角の粉や黒焼きも入っている最強のアムリタ(全ての病気に効果)です。
詳細情報

薬師如来(メディスン、ブッダ)瞑想

薬壺(やっこか薬師如来梵字シールを貼った缶を左手に持って、丹田の前で右手が下に来るようにし支えます。マントラは「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」を108回唱えます。薬壺の中にはアムリタや薬を入れて行う事により、浄化をしながら薬師如来のエネルギーが授かれるように設定しています。

薬壺瞑想拡大表示

薬壺瞑想拡大表示

薬壺瞑想拡大表示

少し上を向き、目は半眼にし、神の世界を思えるように、見ているようで見ない目の使い方をします。つまり、この世を見る目は見ようと思う心で見えますが、神の世界を覗くには、肉体の目で見てはいけません。おぼろげに見る事によって、周囲は静寂になり、脳波も静寂になります。

薬師如来瞑想グッズのご紹介

瞑想1

薬壺拡大表示

瞑想2

梵字缶拡大表示

瞑想3

アムリタ拡大表示

瞑想1、薬壺・黒アムリタ5mlセット
■薬師如来像入り薬壺(やっこ)・アムリタ5ml(点眼容器入り)セット
29,800円(税・送料込み)
瞑想2■、薬師如来梵字瓶
■黒アムリタ5ml (点眼容器入り)■ビブーティ5ml(点眼容器入り)
3点セット
■15,800円
(税・送料込み)
瞑想3、黒アムリタ5ml(目薬容器)
■アムリタ5ml(点眼容器入り)

4,800円(税・送料込み)
瞑想4

アムリタ缶拡大表示

瞑想5

ビブーティ拡大表示

瞑想6

ビブーティ拡大表示

瞑想4、黒アムリタ5ml5本と瓶付き
■点眼容器入りアムリタはコンビニのコーヒー用スプーンを使うと容器から無駄なく取り出す事が出来ます。取り出し瓶に入れるか、容器のまま瓶に入れて瞑想して下さい。または、MRE輝源50〜80mlとアムリタ(スプーン山盛り一杯)を混ぜ瞑想後服用すると効果的です。 ■28,000円(税・送料込み)
瞑想5、薬師如来梵字シール缶とビブーティ5ml(点眼容器)
薬師如来の梵字シールを貼った缶の中にビブーティを入れ薬師如来瞑想を行ってください。また、ビブーティと除霊ミラクルオイルや除霊ヒーリングオイルと混ぜて第三の目や気になる部位に塗って瞑想して下さい。きっと至福な時間を過ごせるでしょう。7,800円 (税・送料込み)
瞑想6、ビブーティ5ml(点眼容器入り)
■ビブーティ5ml点眼容器入り:ビブーティはホーマーの灰と牛黄と香木を混ぜた高エネルギーの最強ビブーティです。

3,000円(税・送料込み)

薬壺拡大表示

瞑想7、仏像入り薬壺(やっこ)・ビブーティ
29,800円(税・送料込み)
以上7点(税・送料込み)のご注文は青字の商品名を記載の上「お問合せフォーム」よりお願いします。なお写真内の黒いスプーンと10円玉はついていません。スプーンはセブンイレブンのコーヒ販売のコーヒーを混ぜるものです。これを使うと無駄なく点眼容器から取り出す事が出来ます。
■注文の仕方:私(仙人)が推奨する殆どの商品(漢方薬・サプリ)は、買い物カゴ式(相談しない)の販売は禁止されていますので、面倒くさいですが、「瞑想5、薬師如来梵字シール缶・ビブーティ5ml7,800円をお願いします。」とか「瞑想5をお願いします。とかでお願いします。その分出来る限りのサービス品をつけさせて頂きます。全てに「入魂」しています。
■薬壺と薬師如来梵字缶や瓶の使い方:ビブティーやアムリタや漢方薬を入れて薬師如来瞑想をして服用すると貴方の願いのエネルギーが転写される不思議な容器です。修行を目的の方は、アムリタやビブーティや宝石・舎利・マントラ・ヤントラの行もありますが、普通の方はアムリタかビブーティ―をお考え頂ければ良いです。舐めながら瞑想するのが効果的になるように「入魂」しています。 ■メンタル(うつ病・痴呆症など)のツボ療法

マントラヨーガ瞑想の効能

シータラーマーさんより拝借

マントラを唱える時、そこには特別な音の波動が発生します。繰り返し唱え続けると、その波動は神聖なエネルギーを形成し、唱える者の前に神の姿としてあらわれると信じられるほど、その音は明確な力を持っています。

瞑想

こうした神聖な音の波動は、私たちの幸福や健康にも影響を与えます。マントラの祈りに加え、発声される母音は、私たちの生命を司る重要な腺を振動させ、心身を浄化します。聖書において、「角笛を吹くと、その巨大なエリコの城壁が崩れた(『ヨシュア記』6章)」と伝えられるように、音の振動は時に壁を壊すほど強い力を持ちます。この音の振動を活用した療法によって、健康を回復する人もいるほどです。音のエネルギーは、恩恵を生み出すために適切に構造化され、特定の方法で指示される必要があります。
マントラ・ヨーガは、適切な恩恵を享受するために、音のエネルギーを組み立て、チャネリングしようとするものです。こうした音は、耳の不自由な人でも視覚器官に取りこまれ、色彩の思考となり、脳全体に伝達されることが医学で証明されています。
サンスクリット語のマントラは、古くから聞くだけでも大きな恩恵をもたらすものと信じられてきました。

ビブーティと黒アムリタと瞑想

サドゥ拡大表示

全身にビブーティを塗るサドゥ(修行僧)
■ビブーティを指につけ第三の目や気になる部位に塗る時のマントラ「オーム マハー ババ ビブティーン オーム スワハ」と唱えながら塗ります。缶や薬壺に入れて瞑想する時は、あくまでも薬師如来マントラ「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」です。
■アムリタのエネルギーを授かる時や舐める時は「オン アミリティー ウン ハッタ」と唱えた後舐めます。缶や薬壺に入れて瞑想する時は「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」です。
※どちらも始める前に「オーム サイ スリ サイ ジェアジェア サーイ」を1回以上唱えるのがベターです。
■インドのアムリタは蜂蜜に聖者がエネルギーを封じ込めた物で甘いのですが、チベット経由で中国に渡り漢文に訳された時アミリティーになり、漢方薬化されたのが継承のアムリタになりますので、黒焼きや熊胆配合の為、やや苦みのある黒色になっています。
■オームの「ム」は鼻に抜いて発音する「ム」ですから、聞き方によっては「ン」に聞こえますので、空海さんのマントラのオームは「オン」になっています。英語のcreemとkreemの使い分けと同じく、日本人の耳では聴き分けるのも発音するのも難しいようです。
詳細情報

仙人式瞑想

除霊などの効果的な瞑想法
1;MRE輝源のサービス品の解脱脳活精リキッド液を両鼻に塗ります。
2:除霊ミラクルオイルか除霊ヒーリングオイルを第三の目に塗り、その後ビブーティを少し指につけて軽く押さえます。
3:スティックや薬壺や缶などを目的によって手に持ちます。薬師如来瞑想は、丹田の前で手を組む組手は右手が下で左手が上になります。スティックは左手が下で右手が上です。間違っても大きな問題はありません。
4、仙骨を真っすぐ伸ばし肛門と百会のツボが一直線になるような姿勢を保ちます。自分が思っているより少し前かがみになるのが正しい瞑想の姿勢です。
5、これさえできれば正座でも胡坐でも結跏趺坐で良いです。
6、行に必要なマントラを唱えながら行いますが、人に聞かれる環境の場合は、誤解を与えますので、心の中(奥念)で唱えます。
7、余り難しく考えなくても回数を重ねる内にしっくり来形が出来上がります。頑張って下さい。義務やノルマではないので、がむしゃらに頑張る必要はありませんので、リラックスして至福を感じる瞑想を心がけて下さい。

薬壺2段拡大表示

 仙人除霊瞑想
下のガラス瓶の薬壺にMRE輝源とアムリタやオイスター皇寿を入れます。上の木製の薬壺の中には「オイスターの錠剤や分包)や「救心感応丸 氣」などの高エネルギー体を入れ薬師如来瞑想を行う事で気が充満するのが実感できると思います。手に意識を集中する事によって、手のひらは赤くなり、ジンジンしたりピリピリした感触を感じるようになれば簡単な気功が出来るようになります。薬壺にも「ご入魂」しています。徐霊ヒーリングや自分の除霊を行う為には、鼻の入口に解脱脳活性リキッド液を塗り、第三の目にビブーティ除霊ミラクルオイルを塗って行う必要があります。
詳細情報

瞑想は血液の酸性化を防ぐ

赤血球

血液の酸性化を防ぐ(イライラ予防)
否定的というのは、消極、反逆、不調和、破壊の陰性である。心配すること、失望すること、敵視すること、恐れること、恨む事がネガティヴの主要要素である。こういう気持ちになると、理性も感情も引きずられて否定的になる。すると、細胞核は、ゆるみ、内分泌腺は適切に各種ホルモンも分泌しなくなり、ために体内毒素が消えず、血液が酸化する。こうなると肉体は、磁性()の平均を失って様々な病気の製造工場になる。
薬壺をもって「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」を唱えると、あらゆる病気が治ると言われています。また。アムリタを手にもち「オン アミリティー ウン ハッタ」を唱えると不老長寿(不老不死)と神からのインスピレーションを授かれるようになるとインドでは言われています。体質改善快復法(難病)

気の流れ

薬壺は丹田の前
背骨が頭の天辺から肛門までまっすぐになるように座ります。背骨がS字のように曲がってはいけません。そして、必ず仙骨を立てなければなりません。気は手の小指から腕の内側を通り丹田に素s義込まれます。足は親指から内側を上り、やはり丹田に収まります。つまり丹田で合流した気は交差して廃棄によって全身を巡るのです。チャクラで言えばハートチャクラのエネルギーで全身に巡らします。巡らす氣が少なければ空回りになりますから、しっかり氣を取り入れて、丹田に貯める必要があるのです。その為には薬壺は丹田の前に置き軽く腹につけて下さい。。そうすれば、肩に力は入らないと思います。
ここからが肝心ですから、良く理解して下さい。今まで書いたのは内側の氣の流れです。この内側の氣(磁力線)と外側の氣とでバイブレーションを起さねばなりません。病気の方は、体内の磁力線は+イオンを浴びています。陰と陽で成り立っている事が基本中の基本ですから50:50の比率にしなければならないので。出せば入るの原則も基本ですから、体内の余分なプラスイオンを出さなければなりません。その為に入魂した独鈷杵や仏像が必要なのです。ある人が独鈷杵を握ったら電気が走り黒くなったと云います。
つまりブラックのエネルギー(過剰なプラスイオン)です。それを何度も何度も繰り返す事によって、体内のプラスイオンは外に出ます。出た分マイナスイオン(氣:磁力線)が入ります。その吸い取る力(エネルギー)を神と言っても良いでしょう。その力を得るために、受信機(独鈷杵や仏像等の法具やエネルギーの高い薬物)と神のエネルギーと共鳴するマントラが必要なのです。

聖なる灰(ビブーティ)とは

クンムメーラー拡大表示

薬壺はくすりつぼではなく、やっこと読みます。薬壺はご存知のように薬師如来(メディスン、ブッダ)が左手に持っている薬が入った容器なのですが、中身については諸説あり、確定はしていませんが、私は大正時代の「生き神様」の系譜を継いでいますので、譲り受けた薬物やアムリタや書き物がバイブルですから、これにそってアムリタも黒焼きも作っているところです。ビブーテの説明は、この方のブログが分かりやすいです。今朝起きたら冬景色に変わっていました。今冬初めての雪で、雪の中を下り温泉に行ったのですが、そこでゆったりしている時に、ババ(シルディーサイババ)より啓示がありました。「お前は理解しているか、どうかは分からないが?この世の全ては、神の手のひらの中にあり、お前はお前であってお前では無いのだ。お前が考えて決めたと思っていても、お前が考えたのではないのだ。今、お前は猪の歯や薬壺を考えているが、お前が考えたのであり、お前が考えたのでは無いのだ。意味がわかるかな?・・・分かるように今からインスピレーションを送ろう。」
詳細情報

サドゥ拡大表示

湯舟に浸かりながら、言わんとする事の意味を探っていたら、閃きが来たのです。「薬壺とは、あくまでも薬を入れる入れ物であるが、瞑想だけに使っても問題はないが、もう、ひと智慧必要だろう。ホーマーの灰に〇〇を入れ薬壺に入れるのだ。そしてミラクルオイルと混ぜ第三の目に塗って瞑想するように指導しなければならない。それを持って瞑想する前に私にコネクトしなさい。」オーム サイ スリー サーイ ジェア ジェア サーイ」を一回だけで良いので唱えて、薬師如来マントラを唱えるのだ。中身は漢方薬でもアムリタでも聖灰でも良い。真剣に唱えた者には、何らかの恩寵を与えようと思っている。」「過去も未来も、全てはお前がお前であって、お前でない事を自覚しなければならない。今までお前には、奇跡を何度も与えたが、お前が努力したからではない。人よりも私を思う事と行動力が伴ったからだ、今後もお前が指導するにおいて必要なすべてを回す用意は出来ている。私の期待を裏切らないように、全ての執着を捨てるのだ。そして、世の為、人の為に人生を過ごしなさい。生き神様も、生き神様であって、生き神様ではないのだ。理解できるかな。」家に帰り着いた時は、いつもより30分遅れでした。雪は周りの空気も邪念も浄化するのですね。

ファイヤープージャ

プージャ

補足
癒しの森湯布院のホーマーでは偉大な若き聖者カレシュワール、スワミのプージャにおいて大きな虎の毛皮が3頭神に捧げられていますし、プリーストの私のプージャでも虎の毛皮や頭骨や金のオイル等が捧げられている価値ある聖灰(ビブーティ)なのです。
また、プージャに使う木は、森の妖精が好む香木が焚かれています。それによって出来る灰には、神々のエネルギーと森の妖精のエネルギーで凝縮されたミネラル分が満たされているのです。
ご入魂ご神木プージャ祈りと免疫活性

漢方薬

漢方薬を処方するには「証」を見極める専門知識が必要ですが、アムリタやビブーティは「証」に関係なく誰にも合うので非常に便利です。修行する方や病気の方は、ビブーティやアムリタや「感応丸 氣」等を薬壺の中に入れ、薬師如来瞑想を行って下さい。凄いバイブレーションを感じる事でしょう。エネルギーが高まったら左手の薬指につけ舐めても構いません。左手の薬指はハートチャクラに繋がっており、全身に氣を配る力が強まります。ハートチャクラは愛を育むチャクラでもあるので、永遠の愛を誓う結婚指輪は左手の薬指にはめるのです。(上の氣の流れを参考にして下さい。)
注意とお約束:黒アムリタやビブーティは医薬品ではない為薬効は謳えません。ゆえにあくまでも修行用に販売もしくはギフトしますので、舐める事に関しては自己責任でお願いします。
アムリタマントラ「アムリタ入りの薬壺をもって唱えるマントラは、最初に
オーム サイ スリー サイ ジェア ジェア サーイ」を1回唱えた後に、
オン アミリーティ ウン ハッタ」を108回唱えます。このマントラは、私が提供するアムリタとアムリタ入り薬壺に対してのみ効力が為すように設定してお渡しします。他の薬物を入れる場合は、「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」です。コロコロは・・・早くでソワカは成就(じょうじゅ)させて下さい。ですから、願いを込めながら唱えなければなりません。例えば自分の何を願うのか?他の誰の何を願うのか。例えば「私の母親の認知症を治して下さい」や「私の父親の癌を治して下さい」や「息子の登校拒否を治して下さい」や「夫の怠け症候群を治して下さい」等々を信仰心をもって強く祈る事が重要です。

私(自称仙人)の瞑想は仕(神に仕える)事?

羚羊角

アムリタや黒焼きに使う羚羊角のスライスを粉砕機で出来るまで粉状にしたものを、更に小さな粒子にする為にすり鉢で粉にしています。当然この作業は何日もかかるのですが、入魂秘伝マントラを奥念で唱えながら擦っています。粉も鼻から入りますので、長くすると頭が朦朧(トランス状態)としてくるのです。この工程を手抜きすると口の中でザラザラ感を感じますので、手抜きは出来ません。虎はもっと硬く難儀するのですが、一つの修行として頑張っ
ているところです。黒焼きばかり使えるなら楽ですが、黒焼きと生の比率が決まっており、どうしてもこの工程は避けて通る事が出来ない重要な行なのです。が、昔の聖者などは石で砕き石と石で擦っていたそうですから、それに比べたら楽な修行かも知れません。何種類かこの作業を行わなければなりません。

アムリタと薬物(一部)

虎頭骨

継承された虎の頭骨
主成分は、虎の頭骨(薬品処理してない)です。その他は薬事法の関係で発表出来ませんのでご了承下さい。学術論文である「古代史から視る病気の原因」を参考にして下さい。アムリタ、マントラ「オン アミリティー ウン ハッタ」をアムリタと薬師如来像入りの薬壺を手に持ち108回唱えて服用します。

4点拡大表示

猿頭霜(えんとうそう)
1、猿頭霜
2、麝香嚢
3、香木
4、羚羊角(スライス)

朝鮮人参

朝鮮人参

熊胆

熊胆(ゆうたん)
継承された貴重な熊胆(約1kg密閉容器に保存)
■効能
1、腹痛・熱さまし
2、胆汁には抗菌作用、利胆作用、鎮咳作用、鎮痙・止痛作用
3、漢方では性味は苦寒であり、清熱・解毒・平肝・鎮驚・明目・通便

猿の黒焼き拡大表示

猿の黒焼き(明治時代品)
明治天皇家の御典医が薬種商問屋に頼み中国より輸入され使っていたものです。

虎黒焼き拡大表示

虎頭骨の黒焼き(自家製造)
黒焼きとは、炭にするのではなく、蒸し焼きで焼かねばなりません。キラキラ輝く光がみえるでしょうか?この光るものがミネラルとおもわれますので、このキラキラに仕上がるように焼く、秘伝の焼き方があるのです。上の猿はプロが焼いたものですが、やはりキラキラ光る物質が残っています。

牛黄

牛黄(ゴオウ)
牛玉(ごおう)の真の“薬効”とは?
 では、牛玉札を服用したとしてどのような薬効が期待できたかというと、神農本草経に牛黄の薬効として記されている「なにものかに驚いて卒倒する驚癇の病や寒熱病、発熱が盛んなとき、狂ったようになったり、痙攣の病を治す。邪気を除き、鬼気を逐いはらう」効果だと思います。現代中医学でいうところの開竅作用(精神や意識の混迷を治療する作用)に相当しますが、牛玉札には牛黄の入った墨の文字のほかに朱印(牛玉寶印)が押されており、朱肉は鎮心安神作用のある朱砂であり、牛黄の薬効を補佐することが期待されます。
神農本草経に記された牛黄の効能は普通に解釈すれば精神的なストレスや熱病で精神状態や意識がおかしくなったものを回復させる効果であり、現代薬理的にいうとストレスや発熱によって発生した脳内の活性酸素を消し去る効果です。ただし、仏教の世界に於いて牛黄が最高の霊薬とされていることを考えると、牛玉札というか牛黄は座禅や瞑想を通じて悟りを開く過程で生じやすいからだの不調〜禅宗でいうところの禅病と称される状態に用いられたのではないかと想像します。禅病の症状としては座禅や瞑想の最中に突然気分が悪くなったり卒倒したりするほか、慢性化すると頭がのぼせ、手足が冷え、悪夢で眠られないといった状態
 もちろん、牛黄を飲みさえすれば誰でも悟りを開くことが出来るわけではないですが、悟りを開く修行過程に於いて牛黄が重要な役割を担ってきたことは想像に難くなく、牛黄は正に究極の“気つけ薬”といえますし、それゆえに仏教の世界でかくも重要視されてきたように思います。

能活精

感応丸

霊鹿参

上記3品の漢方薬に猿の黒焼きと虎の頭骨の黒焼きと各種の薬草を併せ持った効果があると思われます。これらに特別なはちみつの中で長期間熟成されたものがアムリタなのです。手に持つだけで凄いエネルギーを感じますので、持って瞑想して下さい。疲れた時に舐めても構いません。深い境地を感じるでしょう。
カキ肉濃縮「皇寿」

皇寿拡大表示

詳細情報

薬壺・感應丸 氣

感応丸拡大表示

詳細情報

アムリタ・輝源

ガラス瓶拡大表示

詳細情報

PageTop