女性と子宮内膜症|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

女性の病気は生理と便秘が目安!

女性のツライ悩み解消、放っておかずに、早目の予防を

女性特有の病気の原因は、血液の汚れか氣の巡りの悪さが引き金になって起こっています。10人に1人が「生理痛」、3人に1人が「生理不順」で悩んでいる現状において、あなたは大丈夫ですか?そんな方にお伝えしたい「子宮内膜症」のお話です。

子宮内膜症って何だろう?

子宮内膜症
とは、本来であれば子宮の内側だけに存在するはずの子宮内膜組織が、卵巣や卵管など子宮の内側以外のところで発生して増殖する病気です。

子宮

子宮内膜症の警告サイン!

Check 生理が重くなってきた
Check 排便痛がある
Check 鎮痛剤が効かなくなってきた
Check 生理以外の下腹部痛がある

子宮内膜症の病気が増えてきている!

近年、20代から40代の女性を中心に急激に増えている子宮内膜症、昭和40年代と比較しても患者数は3倍近くに増えています。その原因の一つとして考えられているのは女性のライフスタイルの変化だと言われています。
ライフスタイルの変化による時代背景。■初潮を迎える年齢が早くなり、閉経の年齢が遅くなった。■出産回数が大幅に減少し、子供を産まない女性も増えて来た。■働く女性が増えて、結婚年齢も出産年齢も遅くなった。■妊娠、授乳期の月経停止による子宮内膜の再生機会が減少した。

知ってて安心カラダの仕組み

腸を元気にしましょう!

子宮

子宮や卵巣は腸に囲まれているところに位置しています。腸の働きを活発化させる事は腸に熱を与え子宮や卵巣の冷えを解消する事になります。腸を冷やさない事が婦人病の予防にもなり、ホルモン調整にも良いとされているのです。今日から腸を活性化させる為に次の事を心がけましょう。■生きた食べ物を摂りましょう。(酵素・発酵食品・生野菜など)■腸の吸収をスムーズにするために、良く噛んで食べましょう。■腸に負担をかけない為に、腹八分を心がけましょう。
免疫力をアップさせよう!
子宮内膜の外で発生した子宮内膜組織は、免疫細胞(マクロファージ)の働きで取り除かれると考えられていますが、マクロファージがお掃除するスピードより増殖のスピードが速いことが繰り返されると、子宮内膜症を引き起こす原因の一つになります。

子宮

今日から出来る免疫力アップの生活のお勧め!
■免疫物質は睡眠中に作られますので、早寝早起きを実践し、規則正しい睡眠を促しましょう。■自律神経を安定させるためにも、温かい食べ物を摂り、胃腸を冷やさないようにしましょう。
腸の働きを活発にし、免疫力を高めるには、腸の大掃除と細胞のデトックスを行い、腸を温め、腸に囲まれた子宮や卵巣に熱を与える事が大事です。その役目をするのがMRE分解物質です。MRE分解物質は、マクロファージに代表される造血管細胞由来の細胞に対して活性化させる免疫増強組成物です。造血管細胞とは、白血球、赤血球、血小板などの文化可能な基となる細胞の事です。ご相談はお問合せフォームより承っていますのでお気軽にメールをして下さい。

生理痛、生理不順や便秘もデトックスから始める事をお勧めします!

ご相談はお問合せフォームからお願いします。

PageTop