MRE輝源|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。目に見えない微生物が、目に見える肉体を守っています。異物が入れば、微生物が分解除去しています。細胞の解毒も微生物が行っています。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

MRE菌でしか生み出せない、超低分子化物質

輝源拡大表示

1、MRE輝源
1セット(720ml×2本+50ml×6本)18.280円(税、送料込み+入魂)除霊ミラクルオイル・解脱脳活性リキッド液各5mlサービス中!


サービス品の使い方! 
 
詳細情報

輝源拡大表示

2、MRE輝源瓶薬壺瞑想セット
■1、MRE輝源新セット:720ml×4本と50ml12本セットにガラス薬壺とアムリタ5mlとさらに除霊ミラクルオイル5mlと解脱脳活精リキッド液5mlのセット価額39.800円   ■薬師如来瞑想
詳細情報

仙人瞑想拡大表示

仙人瞑想
下のガラス瓶の薬壺にMRE輝源とアムリタやオイスター皇寿を入れます。上の木製の薬壺の中には「オイスターの錠剤や分包)や「救心感応丸 氣」などの高エネルギー体を入れ薬師如来瞑想を行う事で気が充満するのが実感できると思います。手に意識を集中する事によって、手のひらは赤くなり、ジンジンしたりピリピリした感触を感じるようになれば簡単な気功が出来るようになります。薬壺は「ご入魂」しています。
詳細情報
環境汚染のない自然豊かな九州の山中には、様々な土壌菌が存在しています。そこから、好気性の微生物を主体とした土壌菌を採集し、25年間培養して得られたのが共生菌群・MRE菌です。
MRE菌は母細胞融解する際に強力な分解酵素を分泌します。MRE成分とは、MRE菌の分解酵素の力を利用し、生薬等の原材料を発酵分解・超低分子化した物質のことです。

MRE成分の細胞そのものを元気にする働き・・・

MRE成分は、約30年の研究・開発を経て誕生したまったく新しい発酵生成物です。一般的な酵素製品が野菜・果物・野草等50〜60種類の材料を使用するのに対して、MRE成分は希少性の高い12種類の原材料のみを使用。そこへ、独自の微生物MRE菌の力を加えて作り出す、発酵生成飲料です。もっと詳しく
MRE成分は細胞そのものを刺激して元気にする働きが期待されています。ゴミが溜まったままの細胞に栄養素(ビタミン・ミネラル)を与えても十分に力を発揮する事は出来ません。MRE成分は溜まったゴミ=不要なものをしっかり掃除し、老化した細胞をまるで新品へと戻す働きがあると考えられます。
超低分子酵素はMRE輝源だけ!
我々が無意識で行っている「呼吸」体に必要な酸素を取り入れて、不要な二酸化炭素などを体外に吐き出す・・・
実は、細胞レベルでも「呼吸」と同じ様に必要なものを取り入れて、不要なゴミは排出しています。(細胞のゴミ掃除)不要なものを排出するからこそ、必要なモノを取り入れることができるのです!

こんな症状でお悩みの方にお勧めします!

チェック食物アレルギー、アトピー、ぜんそくなどの持病がある。
チェック筋肉痛や関節痛、腰痛がある。
チェック便秘や下痢、悪臭のある黒い便が続くと危険信号
チェック最近肌荒れがひどくなり髪が薄くなった。
チェック不眠でなかなか寝付けずいつも眠たく、鬱状態だ。
チェック癌を宣告され手術出来ないと言われた。
チェック統合失調症で入院し、周囲から冷たい目で見られている。
チェック高熱だが、汗をかかない(ファブリー病
チェックすぐ疲れるし、めまいがする。
チェック食物アレルギー、アトピー、ぜんそくなどの持病がある。
チェックニキビがなかなか治らない。
チェック集中力がなく、イライラしやすい。
チェックお酒が弱くなった。

腸内微生物が脳を変える?

「腸と脳」p114より抜粋

 数年前、66歳の女性ルーシーを最初に診察した時、彼女の症状は特に例外的には見えなかった。軽い便秘や腹部の不快感に何年も悩まされ、すでにIBSを診断されていた。このルーシーの話で特筆するに値するのは、不安の症状だ。私の診察室を尋ねて来た時には、2年にわたって数週間ごとに激しいパニック発作を起こしていた。彼女の話によれば、強い恐怖感、動悸、息切れ、破滅感などが突然生じ、通常は20分以内で収まるとのことだった。また、ひどい発作が起こっていないと時にも、全般的な不安のレベルが徐々に高まっていった。胃腸症状のために私の診察を受けに来た患者の多くが、パニック発作の経験を報告しているが、ルーシーのケースでは、症状の最初の発現をめぐる状況が他の患者とは著しく異なっていた。
 そのおよそ2年前、ルーシーは慢性的に再発する鼻つまりや頭痛に悩まされるようになり、ビエント診断されていた。種々の病原菌(と腸内微生物)を殺す、薬効範囲の広い抗生物質シプロフロキサシンを2週間服用したところ、他に異常はなかったが、便通が緩くなった。それに対処する為に数週間プロバイオティクスを服用したところ、もとの状態に戻った。
 それから、およそ6か月後、鼻詰まりと頭痛の症状が舞い戻ってきた。主治医は別の抗生物質を処方し、ルーシーは3週間服用し続けた。だが、再び腹部の不快感を覚え始める。ここまでの経過は、とりたてて驚くべきものではない。抗生物質を服用すると、たいてい一時的に便通に変化が生じるものだ。というのも、抗生物質は、腸の最適な働きに必須の腸内微生物の多様性を一時的に損なうからである。患者の報告や臨床試験の結果から、副作用として、長引く胃腸の不快感や、ときにIBSのような症状などが現れることが判明している。といえ大多数の患者にとっては、こういった胃腸の問題は一時的なものにすぎない。もともとマイクロバイオーターの多様性が低かった患者が、一連の副作用を引き起こしやすいのである。
 私は抗生物質の服用を中止していた彼女に、ヨーグルト、ザワークラウト(ドイツ料理のキャベツの漬物)キムチなどの発酵食品を食べるよう、また、プロバイオティクスのサプリメントぼ摂取量を増やすよう指示した。マイクロバイオーターの多様性を高め、もとの腸内微生物の状態を回復することがその目的である。それと同時に、セルフリラクゼーション、複式呼吸、マインドフルネス(瞑想)などの、不安を緩和するためのアプローチを実践するよう強く奨励した。さらに、パニック発作が起こった時のために、舌の下で溶かすバリウムのような薬クロノピンを処方した。この複合治療によって、彼女の便通は徐々に正常な状態に戻り、6か月が経過する頃には、パニック発作の頻度は低下していた。最後に彼女に会ったときには、一度軽い発作を起こしただけだったので、クロノピンの服用は中止したと聞いた。
 ルーシーの経験したパニック発作と不安は、胃腸症状が現れ始めてから数週間で増大し、症状が改善すると頻度は低下した。薬効範囲の広い抗生物質を二度にわたって服用したことで、一時的にマイクロバイオーターの構成と機能が変化したのだろう。その変化によってIBSのような症状が引き起こされ、投薬を中止した途端消えた。だとすると、抗生物質の影響で腸内微生物の構成が変わったために、不安の症状が発現したということなのだろう。

免疫活性を高める組み合わせを、ついに発見。

 様々な検証を行った結果、MRE成分には免疫活性に良い働きがあることがわかりました。しかし、MRE菌がMRE成分を作り出すには原材料が必要です。MRE成分の免疫活性は原材料によって左右するため、最適な組み合わせを求めて仮説・検証を繰り返しました。
そして、チャーガやキャッツクローをはじめとした12種類の原材料が最も免疫を活性させることを発見。自信を持ってお届けできるMRE成分がついに完成しました。
MRE成分は直接細胞に働きかけて免疫を活性させるため、人間のみならず、細胞を持つ動物や農作物にも働きが期待できます。すでにペットや農作物に使用した例もあり、大きな成果が認められています。
研究開発ストーリー

微生物の研究から生まれたMRE菌。

微生物研究は、食や環境、エネルギーなどと密接に関わっており、今後さらなる発展が望まれる注目分野です。私たちも様々な研究を進めるなか、着目したのが九州山地の土壌菌でした。
土壌菌は環境に応じた特徴を持つため、世界各地に無数の種類が存在すると考えられています。環境汚染がなく、活火山がある九州の山中でどのような特徴の菌が存在しているのか興味を持ち、開発者は、九州の地から採取した土壌菌の培養を始めました。
それから25年以上も培養を続け、ある時、特殊な遺伝子を持つ菌体が発生しました。しかも、その菌体がこれまでにない発酵生成物を作り出すことがわかったのです。そこで、開発者は新たな発酵生成物を作り出す共生菌群を「MRE菌」、生み出される物質を「MRE成分」と名付け、さらに研究を進めました。 
kigenn 輝源
チェック夏でも靴下をはかないと足と腰が冷える。
チェック食欲がなく、吐き気や胃痛がある。
チェック胸やけや胃もたれがしてげっぷが良く出る。
チェック目が疲れやすく、かすみ目もある。
チェック頭痛があり、頻繁に耳鳴りがするようになった。
チェック抜け毛が多く、頭髪が薄くなってきた。
チェックシミやシワが目立って増えだした。
チェック体重が増えてきた。もしくわ、急に体重が減った。
チェック手足がしびれる。
チェックむくみやすくなった。

PageTop