宇宙意識と精神の病|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。邪気はツボに溜まりやすく、邪気が溜ったツボの周辺のスジは硬くなる傾向があります。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

宇宙意識と精神の病

■物忘れをする・認知症・発達障害・自閉症・アスペルガー症候群

目に見えない微生物が集合して、目に見える物質を構成している!
生命とは微生物?  この世は、すべて陰と陽のエネルギー交換において成り立っていると、考えるのが東洋思想の根本の考え方である。■死後の世界と現実の世界はつながっている。目に見えない物質を陰と呼び、目に見える物質をのエネルギーを陽と呼ぶ。■陰のエネルギーは陽にエネルギーを供給し続けることで、維持と向上の進化が行われている。■目に見えないエネルギーには、先祖霊や守護霊や指導霊と呼ばれるエネルギー体がある。難病を治すには、この意味を理解しなければならないのであります。嘘でも過程の話であろうが、知ろうとする意欲的な解明する意欲を強く育てなければ、治るものも治るものではない。
生命とは 宇宙に遍満する「氣」エネルギーすなわち微生物のことを言う。微生物というと目に見えないミクロの世界のことであるゆえに手につかむ事も出来ない。今目の前に漂っていても存在さえ知ることもできない。これが集合して物質が構成されているのであるが、知る故もないのが我々人間が目に見えるものに翻弄される原因でもあろう。また病気もしかりで、目に見える現象に振り回されることになる。そして、心配や恐怖を感じるようになり、益々悪化の道を歩むことになるのである。この意識もエネルギーなのであります。

微生物は生命であり神!

宇宙

難病や現代医学で治らない病気を治すには、宇宙と微生物と神の関係を理解する必要があり、これを素直に受け取る意識が必要でります。もっと厳しく言うならば、生まれて今まで得た常識という知識をすべて頭の中から消し去る勇気が求められる。常識の結果が今の現実であるのだから、その反対こそ真になり、目に見えない世界が虚像ではなく、実像となるのではないだろうか?
■フリーエネルギー版「宇宙にたった1つの神様の仕組み」飯島秀行著より拝借
生命とは宇宙に遍満する微生物を指します。微生物というと、顕微鏡の中でチクチク動いている生き物を、イメージする人が多いと思いますが、目に見えない微生物が集まって、目に見える物質を構成してるのです。空は宇宙に遍満する質量であり、エネルギーでもあるのです。だから、微生物は、声明であり、神なのです。
質量とは 重量とは物体に作用する重力のことだ。地球が物体を引く強さと言っていい。質量は物体が含む物質の量である。無重力の宇宙に行けば重量はなくなるが、質量はなくならない。質量質量に重力加速度をかけると重量になる。

微生物は氣であり、物質構成の根源のエネルギー

 古き物はいずれは破壊され、破壊された物質のエネルギーがまた違う形で構成される。このシステムが宇宙の秩序と進化と向上を繰り返しているのだから、病気の根源を破壊し、新しい細胞という物質を再生するのが、究極の病治しである。それには意識が関与しているのであるから、人間という意識体の大改造が要求されるのであります。これをつきつめていけば、病気というものは「自分が作り、自分が治す」ことになるのであります。ゆえにヒーリングも漢方薬も微生物も主役ではなく、サポーターということになるのであります。これらを元にツボ療法を考えて見たいと思います。
 脳に関連する病気のすべては、脳内の血液の流れが阻害されたり、遮断されたりして発症する。この血液の循環を寸分の狂いもなく運航させているのは目に見えない気という微生物でありますから、脳内に到達できる低分子の微生物やそれに類する物質を取り入れる必要があり、なおかつ、滞った循環の悪い一か所に集積されたエネルギー(氣や血液や意識体)を分散させるというのがツボ療法の骨子であります。
悪い腐ったエネルギーはツボに集まる
 本来は酸化された酸素を含まないエネルギーは排出されなくてはならないのだが、過度のストレスや氣のバランスの崩れによって一か所に集積されたのが病気である。ゆえに治療法は、このツボに外部より刺激を与え,散らし去った後、新しい新鮮な氣を入れることになります。

アスペルガー

心に効く高貴薬
自律神経の乱れに対しては、五官の中で唯一、情動に直接影響を与える嗅覚を通じて作用する香の良い芳香開竅薬や理気薬とよばれる生薬が用いられます。不安や恐怖心が強い場合には:麝香や龍脳まど興奮性の強いものが用いられる。焦りの感情が強い時には沈香やサフランなどの鎮静作用のあるものが用いられる。
 焦りは、漢方的には「自分の思い通りにないことに対してイライラする」というストレスである「怒り」であり、怒りは肝を破るとされ、五臓の肝に影響して筋肉の震えなどを伴うことがあり、こういったケースでは羚羊角などが用いられます。怒りに対しても、同じく羚羊角などが用いられるほか、肝火とよばれるような「目の充血や顔が真っ赤になる」ような場合には牛黄が用いられます。
 また、長期にわたって抑うつ状態が続いているケースでは、西洋医学的にも脳内のミクログリア細胞の炎症が認められることが解明されており、漢方的にも精神的なストレスは、どのようなタイプであれ「五臓」の心に影響しますので、余分な炎症を抑えて心竅を開く牛黄が必要になることもあります。
悪いエネルギー(邪気)を浄化するツボ療法

スティック

邪気はツボに溜まる
邪気はツボに溜まりやすく、邪気が溜ったツボの周辺のスジは硬くなる傾向がありますので、天使の杖の丸い方でツボを押し、周辺を斜め45度の角度で擦って擦って擦りまくって下さい。そうする事により毛穴から邪気は出て行きます。「出せば入る」がスティック療法の原則ですから、出して出して出しまくるのです。
詳細情報
ツボとは、邪気が溜まりやすく、治療効果の高い場所となっています。 邪気は気ですから、汗をかくと皮膚表面から抜けてゆきますが、汗をかきにくい人はなかなか邪気が抜けてゆきません。邪気が多い人も症状がいつまでも続きます。ですから「出す・抜く」のです。頭の症状は頭のてっぺんの百会のツボの周囲に重要なツボが集まっていますので、周辺と頭全体を擦って下さい。そして経験を積みますと、気が出るように入魂していますので、尖った方を適当な場所に当て指先から氣を送って下さい。気が指先から出ていると思えば出ます。悪いツボに当たるとビリビリしたり痛かったりしますので、正確なツボに当たる事が出来ます。目に見えない氣を指先で感じるようになる不思議な神のエネルギーを引き寄せるスティックなのです。ぜひ経験して下さい。
実際のツボの場所
基本の3穴
百会(ひゃくえ)のツボ:自律神経の乱れを整え、全身の血行を促進
印堂(いんどう)のツボ:肩凝りや頭痛、自律神経失調症の緩和
神門(しんもん)のツボ:自律神経を活性化する
その他のツボ
天枢(てんすう)のツボ:腸を活性化微生物に力を与えます。
大巨(だいこ)のツボ:慢性の便秘の方は、周囲が硬くなっていますので、丸い方で擦り筋肉を緩めて下さい。
左大腸兪(ひだりだいちょうゆ)のツボ:微生物に力を与え腸の蠕動運動を高めます。
脳疾患を治すのは、腸内細菌

腸と脳

私たちの消化系は、従来の想定よりはるかに精微で複雑で強力だ!
腸管神経系(ENS)は「第二の脳」と呼ばれ、5,000万から1億もの神経細胞から構成される、きわめて重要な器官である。このENSと腸内微生物と脳は、24時間休まず、ミリ秒単位で膨大な情報をやりとりしており、健康な心身の維持に欠かせないこの体内の会話が、様々なカギを握っている。現代の都市生活者の腸内環境は荒れてきているが、何が原因で、どのような悪影響があり、どう対策を取ればよいのか?慢性疼痛や過敏性腸症候群(IBS)、うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害、パーキンソン病などは、腸内微生物とどのような関係があるのだろうか?
詳細情報

除霊ミラクル3点セット!

除霊瞑想法

薬壺2段拡大表示

仙人除霊瞑想
下のガラス瓶の薬壺にMRE輝源とアムリタやオイスター皇寿を入れます。上の木製の薬壺の中には「オイスターの錠剤や分包)や「救心感応丸 氣」などの高エネルギー体を入れ薬師如来瞑想を行う事で気が充満するのが実感できると思います。手に意識を集中する事によって、手のひらは赤くなり、ジンジンしたりピリピリした感触を感じるようになれば簡単な気功が出来るようになります。薬壺にも「ご入魂」しています。徐霊ヒーリングや自分の除霊を行う為には、鼻の入口に解脱脳活性リキッド液を塗り、第三の目にビブーティ除霊ミラクルオイルを塗って行う必要があります。
詳細情報

PageTop