うつ病・産後うつ病|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

うつ病・産後うつ病

産後うつ病

死んだら楽かな!
うつ病や産後に発症するうつ病が増えていますが、その原因と対策を考えて見ましょう。

がんや心疾患を上回る、妊産・産後1未満年の自殺

9月、厚生労働省が「産後うつ」にも関係する、ある研究結果を初めて発表しました。調べたのは、2015年から2016年の2年間、その結果、妊娠中や産後1年未満に死亡した女性「357人」のうち、自殺が最も多く、少なくとも「102人」いたということです。これは、がんや心疾患を大きく上回っています。
■妊娠・出産での「体の変化」が、「心」にも影響する

「産後うつ」が自殺の大きな要因の一つになっているということですが、なぜ、出産した後に「うつ状態」になるのでしょうか。
【京都大学教育学研究科・明和政子教授】
「母親の側が出産・妊娠を終えたときに、女性ホルモンが急激に変化します。そういった体の仕組みの急激な変化によって、心にも影響が出るという考え方が一般的です」
ホルモンの減少
明和教授によると、排卵・妊娠の維持に不可欠な「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が、出産後は急激に減少します。それに連動して、「セロトニン」という、睡眠や自律神経の働きを調整し、精神を安定させるホルモンの分泌量も減少。その結果、不安が高まったり、孤独を感じたりするということです。

セロトニン

うつ病の危険信号

■眠いのに眠れない
■とにかく物忘れがひどい
■何もやる氣がおきない
■途方もない絶望感
「しんどいしんどいとは思っていても、そこまで深刻な問題だとは捉えていなくて、だけど、頑張らなきゃ、頑張らなきゃとしか思っていなかった。でもできないって焦りばかりがつのり、死んだ方が増しだと思うようになったのです。

これらはホルモン代謝による気不足の症状です!

感応丸

氣の巡りを良くする!
救心感応丸 氣 を服用すれば地獄の苦しみから脱出できます。

PageTop