気功ヒーリングツボ2|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
7、冷え・のぼせ 8、冷え性 9、食欲不振 10、太りやすい 11、乗り物・二日酔い ・・・・下にスクロールして下さい。

7、冷えたり・のぼせたりする

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

冷え・のぼせ

7、冷え・のぼせ
頭と顔はのぼせているのに、手足は冷えているというのが特徴。上半身に溜まった気血が下半身および身体全体に巡るように調節します。天柱は頭部の気血の巡りを良くします。

天柱(てんちゅう)のツボ:首の後ろを通っている2本の太いすじの外側にあるくぼみの中です。髪の生え際を指で押すと圧痛があります。
その他のツボ療法
照海(しょうかい)のツボ:内くるぶしの下から指幅1本下がったところで、圧痛があります。精神的に重苦しさを感じる時や、足にだるさを感じる時に効果があります。
太衝(たいしょう)のツボ:足の甲で、第1指と第2指の骨が交わるところにあるくぼみの中です。頭痛、のどの渇き、イライラを伴う時に。
身柱(しんちゅう)のツボ:大椎から背骨を3こ下がったところです。自律神経失調及び呼吸系の疾患に良く使われます。
湧泉(ゆうせん)のツボ:足のつま先からかかとまでの1/3のところに出来るくぼみの中です。生命の元となる「氣」が湧き出て全身を巡ります。足を温めてのぼせを緩和します。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

超低分子のMRE輝源
/

輝源

詳細情報

体力のない方

霊黄参丸

詳細情報

体力がある方

活命参

詳細情報

8、冷え性

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

冷え性

冷え性
冷え性(ひえしょう)または、冷え症は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。しかし、病態として統一的な定義は確立していないため、西洋医学的には漠然とした概念として捉えられている。■頭痛、腹痛、めまいなど、様々な原因となる冷え性、ツボを刺激することで、血液の循環を促進し、身体を温まます。

湧泉(ゆうせん)のツボは足の冷えに即効性があります。
その他のツボ療法
中脘(ちゅうかん)のツボ:身体の中心線上で、おへそから指幅5本上がったところです。いちょうの働きを整え、気血の巡りを促します。
天枢(てんすう)のツボ:おへその両脇外側へ指幅3本ずれたところです。
腎愈(じんゆ)のツボ:直立した時、肘が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれたところにあります。腎氣を注ぎ、生命力を高めるツボです。腰部が冷える時にケアします。
志室(ししつ)のツボ:左右の腎愈からそれぞれ外側へ、指幅2本ずれたところにあります。
八髎穴(はちりょうけつ)のツボ・仙骨には、左右2つずつのくぼみがあります。対になって8つのくぼみがあります。腰の血行を促し、冷えを緩和します。
胞肓(ほうこ)のツボ:八髎穴の上から2つ目のくぼみを外側へ指幅3本ずれたところです。
湧泉(ゆうせん)のツボ:足のつま先から、かかとまでの約1/3のところに出来るくぼみの中です。「氣」の湧き出る泉という意味です。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

7、頭ののぼせ・足冷え・活力の元

活命参

詳細情報

4、とにかく体力がない・強壮生薬

霊鹿参

詳細情報

5、血行不良・冷え性・胃腸虚弱

霊黄参丸

詳細情報

■腸と細胞から元気にMRE輝源■やりたいが気力がなく冷えがつらい救心感応丸 氣■体力がなく、好き嫌いが激しいワタナベ、オイスター

9、食欲不振

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

食欲不振

「脾」と「胃」
東洋医学では「脾」と「胃」は密接な関係にあります。脾兪と胃兪のケアで胃腸を整えましょう。消化器系の働きを活発にして食欲を高めます。

胃の働きを正常にするツボが中脘のツボです。
中脘(ちゅうかん)のツボ:身体の中心線上で、おへそから指幅、5本あがったところです。胃の中心にあるツボという意味です。
その他のツボ療法
気海(きかい)のツボ・身体の中心上で、おへそから指幅2本下がったところです。元気を補い氣の巡りを促す働きがあります。身体全体を活性化するツボです。
足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねのふちにあります。このツボに千年灸などの灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防ができます。
脾兪(ひゆ)のツボ:大椎から背骨11コ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。消化機能を整え抵抗力をつけます。
胃兪(いゆ)のツボ:大椎から背骨を12コ下がり、左右外側へ指幅2本ずれたところです。消化器疾患に効果があり、腹部の中脘と併用します。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

腸と細胞の解毒で活性化

輝源

詳細情報

ビタミン・ミネラル不足

オイスター

詳細情報

5、胃腸虚弱・血行不良

霊黄参

詳細情報

10、太りやすい

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

太りやすい

腸が汚れると代謝が悪くなります。・ストレス発生!
ストレスが発生すると、食欲が増し、不眠、酒・たばこの虜になり、益々太り腸と細胞が汚れドツボになるのです。■気血水のバランスを整え、身体の基礎代謝を活性化させるツボを組み合わせます。身体の余分なエネルギーを燃やし、停滞している水分や老廃物を体外に排出するよう促します。
ツボ療法
水分(すいぶん)のツボ:身体の中心上で、おへそから指幅1本上がったところです。体内の余分な水分を排出する働きがあります。むくみに効果があります。
中脘(ちゅうかん)のツボ:身体の中心線上で、おへそから指幅5本上がったところです。胃の中心にあるツボという意味です。胃腸の働きを整え、気持ちをリラックスさせます。
足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねのふちにあります。このツボに千年灸などの灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防ができます。
三陰交(さんいんこう)のツボ:内くるぶしの中心から、指幅4本上がったところです。骨の後ろのふちを押してみると圧痛があります。下肢が冷える時にケアします。
合谷(ごうこく)のツボ:手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根のあいだを指で押すと圧痛があります。
承山(しょうざん)のツボ:かかとからアキレス腱に沿って、ふくらはぎの筋肉の境目で指が止まります。ここがツボです。体内の不要物の排出を促します。
湧泉(ゆうせん)のツボ:足のつま先からかかとまでの1/3のところに出来るくぼみの中です。生命の元となる「氣」が湧き出て全身を巡ります。足を温めてのぼせを緩和します。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

輝源拡大表示

超低分子だから腸の細胞も全身の細胞の汚れを洗い流す「MRE輝源}
細胞が蘇れば、細胞本来の仕事をするようになります。また超低分子だから脳内の細胞も蘇り正常に保とうとする機能が賦活し余分な脂肪は溶かし、平衡を保ちます。

MRE輝源

11、乗り物・二日酔い

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

二日酔い

■乗り物酔い
■二日酔い
■乗り物酔いには内関と合谷のケアを、日ごろからの予防としては、築賓、豊隆、足三里のツボをケアしましょう。

■二日酔いには期門、天柱、肝兪が効果的です。
ツボ療法
期門(きもん)のツボ:みぞおちから、肋骨のふちなぞりながら斜めに下がると、くぼみで指が止まります。ここがツボで、強い圧痛があります。二日酔いで胃のむかつきがある時にケアします。
足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねのふちにあります。このツボに千年灸などの灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防ができます。
内関(ないかん)のツボ:手のひらを上にして、手首の曲がりじわから指幅3本上がったところです。2本の筋の間を押すと圧痛があります。※吐き気をもよおした時に、指で押しても効果的です。
天柱8てんちゅう)のツボ:首の後ろを通っている2本の太い筋の外側にあるくぼみの中です。髪の生え際を指で押すと圧痛があります。
肝兪(かんゆ)のツボ:大椎から背骨を9コ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。
豊隆(ほうりゅう)のツボ:ひざ下外側のくぼみと、外くるぶしの中心とを結んだ線上の中間点。乗り物酔いの予防に。
築賓(ちくひん)のツボ:内くるぶしから指幅4本+3本上がったところ、ヒラメ筋とアキレス腱の間です。
合谷(ごうこく)のツボ:手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根のあいだを指で押すと圧痛があります。
根本を改善する「サプリ&漢方薬」
比較的体力があり、高血圧気味の方の肝臓のケアに

霊黄参

詳細情報

血行不良・冷え性・胃腸虚弱の方の体質改善に

霊黄参丸

詳細情報

PageTop