肺炎・喘息・気管支炎|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください肺の病気の全ては腸内細菌が弱くなるから始まったのです。肺だけに効く抗生物質を与えると腸内細菌が弱り、下痢をします。治すのは、MRE輝源だけです。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

肺炎・喘息・気管支炎

多くの人が病院に通ったはずなのに、何故治らないのでしょうか?体力があり一時的なものでしたら、医者のお薬や売薬で治るはずなのに治らない。これからも分かるように薬というものは、本人の治癒力が回復するまでの症状を緩和するに過ぎないものと思うべきでしょう。大概の病気は胃に負担がかからないように温かい物を少量だけ食べて寝ていれば体力が回復して治るはずです。が、治らないと言う事は自然治癒力が蘇らないと言う事になります。それでは、自然治癒力とは、一体何なのでしょうか?
人間の体は目に見えない見当が付かないほどの微生物によって守られています。インフルエンザが流行れば、それを食べるマクロファージという貪食細胞が活動します。それでも負ける場合は、白血球やキラ-T細胞というミサイルのようなものが攻撃してやっつけようとするのですが、それでも勝てないと慢性化するわけです。

咳拡大表示

このように、薬が治してくれるという錯覚を取り除かなければなりません。また病院にいけば治ると言う錯覚も捨てなければ治りません。自分の体を守る目に見えない微生物だと言う事を勉強し、強い微生物を創る努力をしなければ病気は治らないのです。インフルエンザも肺炎球菌も微生物です。それはとてもとても小さな生き物です。その小さな物がチリや埃に混ぜって口から侵入します。それを入れまいと咳を出したりタンを出したりして阻止するのですが、免疫力が弱いと入られます。中に入られたら戦うのは、あくまでも、相手に合わせた小さな生き物になります。
子供の喧嘩に大人なが入らないのと同じです。そこで自分の子供が負けそうになった時初めて参加するのですが、これを早くしすぎる為に、その子は永遠に強くなる努力をしなくなり、ちょっとした外敵にも負ける様になります。それが慢性化に移行する仕組みであります。大人とは抗生物質やミサイルなのです。ウイルスにはウイルスで対抗するのがセオリーですから、自分の中の微生物を強くすれば治る事になります。それを行わないと、永遠に抗生物質のお世話になり、自分の身を自分で守る事は出来ないでしょう。

咳拡大表示

自分の身を守る微生物は腸内細菌ですから、腸内細菌が喜ぶ餌を与えたり酸素を与えなければなりません。特に肺は大腸に守って頂いていますので、大腸を強くしなければならないのです。大腸に棲む微生物は、醗酵食品や食物繊維が大好きですから、それらを多く毎日食べて強い菌をつくりましょう。嫌いなのは肉やハムやソーセージや体を冷やす乳製品・砂糖、イースト菌で醗酵させたパンやマーガリ
ンなどになります。つまり洋食は全て悪い事になり、良いのは日本伝来の日本食です。特に長期醗酵した味噌、醤油、漬物になります。これは長期的に免疫力を高める食べ物ですが、インフルエンザい侵された時は、一時的に大量のヨーグルトを食べますが、長期的に食べると体を冷やすので駄目です。簡単でしょう。つまりアルカリ性食品と体が温かくなるショウガなどを増やせば良いのです。簡単でしょう。高齢になると腸内細菌が弱くなり肺炎で亡くなる人が急速的に増えて行きますので、今日から早速長期熟成した発酵食品を増やす食事に変えましょう。
残念ながら、これ以外の方法で一時的に良くなっても高齢者になった時に取り返しが出来ない病気が待っていると思って下さい。嘘ではありません。自分の体は自分で守る以外にないのです。薬が守ってくれるのは、回復するまでですから、永遠に回復しなかったらどうなるかを、考えたらご理解頂けると思います。絶対やめなければならない食品は、白砂糖、牛乳、肉です。後は防腐剤、ソルビトール、イースト菌、色素、農薬野菜、中国産のウナギ等切がありません。そして深い息をして、便が黒くならない食事をする事です。便の色が黄金色で気張って出すくらいの硬さでしたら、元気で長生き出来ます。

肺拡大表示

秋の訪れとともに風邪を引き、治ったはずが咳だけ残り、布団に入ると咳が止まらない。結局そのような状態が冬も続き、春を迎える。気が付けば半年近くも咳とお付き合い。終わったはずの夏の疲れと秋の冷えが、咳という形で今度は冬の体力を奪います。

長引く咳は:生薬の鹿茸・食材は黒いブドウ・ツボは兪府(ゆふ)

生薬:鹿茸(ロクジョウ)
冬の守りは「腎」の力で決まります。腎は夏も心臓や血管のコントロールで重要な役目を果たし、呼吸で酸素をを取り込んで全身に回すにも不可欠です。咳は腎のエネルギー不足のサインでもあります。鹿茸は、腎の冬支度を応援する生薬です。
食材:黒いぶどう
ため息も、長引く咳も、疲れがたまって呼吸のリズムが崩れてくると起こりやすくなります。腎のエネルギー不足を立て直して呼吸を整えるには、旬のぶどうが良いでしょう。干しブドウには、生の6倍のカリウム(必須ミネラル)が含まれているそうです。
ツボ;兪府(ゆふ)
ツボの探し方:鎖骨と胸骨の角にあるくぼみ
胸にある腎のツボです。冷えている時、肩こりがひどい時、押すと痛みがあります。咳が続くと首から背中まで、筋肉が硬くなってしまいます。そのような時は胸の筋肉も凝っています。「兪府」は冷えに敏感なので、ぬるめのカイロで温めると良いでしょう。

ヒーリング・気功療法

スティック

ヒーリングスティック療法
痛みが発生する局所(ツボ)とそれに繋がっている臓器には、悪いエネルギーが蓄積していますので、スティックの丸い方で患部の周囲を赤くなるまで擦り、痛みや病原の物質であるプラスイオンを散らし、その後,尖った方で氣(マイナスイオン)を入れイオンの調整を行います。
詳細情報
喘息のツボ<肺兪>
監修:鍼灸師/国際中医師/国際中医薬膳部 宮地つかさ

東洋医学では喘息を、寒さで発症する寒証(かんしょう)と、熱がこもって発症する熱証(ねっしょう)、肺や腎の機能が低下して起こる虚証(きょしょう)の3つに分類しています。当院の場合は、よく風邪を引き、そのたびに喘息も起こり苦しい思いをされている、といった虚証の上に寒証が加わっている患者さんが多いように思われます。

今回ご紹介する「肺兪(はいゆ)」というツボは、肩甲骨と背骨の中間にあり、肩甲骨の真ん中の高さに位置しています。ツボの名前に「肺」とあるくらいですから、風邪をひいた時、咳がひどい時、喘息で息苦しい時など、肺の調子が悪くなると硬くなります。それは小児喘息でも同じで、小さな背中がガチガチにこり、かわいい足が冷たくなっているのです。

そのような時は、使い捨てカイロを「肺兪」のあたりに貼ってみて下さい。じんわりと背中から胸へ、温もりが伝わるのがわかると思います。「肺兪」を温めるだけで、呼吸はいくぶん楽になります。

食材では、クルミがお薦めです。クルミは、肺と腎に良いことで知られています。実は喘息で問題となる呼吸自体、息を深く吸い込む力は腎の力なのです。そのため、呼吸を整えるには、肺ばかりか腎の状態も良くする必要があります。喘息の発作がない時は、深呼吸で肺と腎を鍛えるのも一つです。最初は10回でも構いません。回数よりも、1回の呼吸をできるだけ深く、ゆっくり深呼吸してみて下さい。

さらにクルミは、便秘にも良いとされています。体験的にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、便秘を解消するだけで、呼吸は楽になるのです。喘息の大敵は、風邪と便秘といっても過言ではありません。いずれもお腹の冷えから悪化するので、冷えには注意が必要です。

肺兪

肺兪(はいゆ)
【探し方】
背骨と肩甲骨の間2分の1、肩甲骨の高さ2分の1のところ。
【ポイント】
使い捨てカイロで温めますと、胸まで温まり、呼吸が楽になります。
kigenn
kigenn

鹿茸が配合されている漢方薬

鹿茸・紅参製剤

霊鹿参

第3類医薬品
■こんな方に、こんな時に
・顔が青白い
・手足や腰が冷える
・寒いと体調が悪くなる
・風邪をひき易く長引く
・胃腸が弱り食欲がない
・虚弱体質で疲れやすい


詳細情報

鹿茸・牛黄・紅参配合の漢方薬

霊黄参丸

第3類医薬品
■こんな方に、こんな時に
・疲れすぎて、朝方だるくて起きるのがつらい
・疲れてやる気がでない
・虚弱体質で病気をしやすい
・血色が悪く、疲れて、健康肌でない
・日頃から手足が冷えがち
・胃腸が弱く、食欲がない

詳細情報

食事療法は苦手な方

輝源拡大表示

長期熟成植物性醗酵酵素MRE輝源
これしか今のところ有りません。酵素は砂糖が一杯ですから駄目です。ヨーグルトは体を冷やしますので日本食の日本人には合わず、あくまでも西洋人の食べ物です。納豆は体を冷やしますので病気の方は少なめにして下さい。MRE輝源は、小さな小さな低分子の微生物ですから、吸収率が高く細胞内まで入る事が出来る唯一の醗酵新酵素です。

PageTop