気功ヒーリングツボ1|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

邪気を抜く・天使の杖(スティック)療法

1、健康増進・病気予防 2、疲れやすい・過労 、めまい・立ち眩み
4、動悸・息切れ 5、冷房病 、多汗症  ■天使のスティック療法NO2

1,健康増進・病気予防

健康増進・病気予防には
■消化機能を高め、規則正しい食生活をすること
■身体全体の血液循環を促進する
■治癒力を高めて病気になりにくい体質をつくる
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

中脘

■中脘(ちゅうかん)のツボ
身体の中心線上で、おへそから指幅、5本あがったところです。胃の中心にあるツボという意味です。
その他ツボ療法
関元(かんげん)のツボ:身体の中心線上で、おへそから指幅1本下がったところです。生命力の基本となる、元気を注ぎ補います。

足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅1本下がったところで、すねのふちにあります。このツボにお灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防が期待できます。

大椎(だいつい)のツボ:頭を前に倒し首の付け根に突き出る骨を確認します。その下の圧痛点

膈兪(かくゆ)のツボ:大椎から背骨を7こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。神経をしずめます。

肝兪(かんゆ)のツボ:大椎から背骨を9こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。

脾兪(ひゆ)のツボ:大椎から背骨を11こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。消化機能を整え治癒力を高めます。

湧泉(ゆうせん)のツボ:足のつま先から、かかとまでの約1/3のところに出来るくぼみの中です。「氣」の湧き出る泉という意味です。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

超低分子のMRE輝源

輝源拡大表示

詳細情報

活性型オイスター

オイスター拡大表示

詳細情報

救心感應丸 氣

感応丸拡大表示

詳細情報

2、疲れやすい・過労

■氣血が停滞したり、不足して身体全体にエネルギーが行き渡らない為に起こります。ストレスの緩和と消化器系の働きを強くして、氣を注ぎ体調を整える。
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。。

腎愈

腎愈(じんゆ)のツボ
直立した時、肘がわき腹に当たる位置と同じ高さの背骨から、左右外側に指幅2本ずれたところにあります。腎氣を注ぎ、生命力を高めるツボです。
その他ツボ療法
肩井(けんせい)のツボ・乳頭に手を置いて、そのまま方の上ぶちまで移動させ、その周辺を指でおしてコリを感じるところです。肩こりにも良く効くツボです。

中脘(ちゅうかん)のツボ:身体の中心線上で、おへそから指幅5本上がったところです。胃の中心にあるツボです。

足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねのふちにあります。このツボに千年灸などの灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防ができます。

関元(かんげん)のツボ:おへそから指幅4本下がったところです。関元は元気を身体に注ぐツボです。

大椎(だいつい)のツボ:頭を前に倒し首の付け根に突き出る骨を確認します。その真下の圧痛点です。

身柱(「しんちゅう)のツボ:大椎から背骨を3こ下がったところです。東洋医学では邪気を取り去る大切なツボとされています。

膈兪(かくゆ)のツボ:大椎から背骨を7こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところですぅ。神経を鎮めます。

腎愈(じんゆ)のツボ:直立した時、肘(ひじ)が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれたところにあります。腎氣を注ぎ、生命力を高めるツボです。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

3、めまい・立ちくらみ

■めまい・立ちくらみは、血圧・平衡感覚などの異常でも起こります。血液の循環を促し、気血が全身を巡るようにしましょう。急な症状には中渚をケアして下さい。
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

めまい

めまい・立ち眩み
■めまい・立ちくらみは、血圧・平衡感覚などの異常でも起こります。血液の循環を促し、気血が全身を巡るようにしましょう。急な症状には中渚をケアして下さい。

中渚(ちゅうしょ)のツボ:げんこつを作ります。ぽっこりとできる薬指と小指の出っ張りの間、やや下の圧痛点です。押すと骨にひびくような圧痛点があります。
ツボ療法
足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねのふちにあります。身体全体の治癒力を高めます。
大椎(だいつい)のツボ:頭を前に倒し首の付け根に突き出る骨を確認します。その真下の圧痛点。

天柱・風池のツボ:首の後ろを通っている2本の太いすじの外側にあるくぼみの中です。髪の生え際を指で押すと圧痛があります。

太渓(たいけい)のツボ:内くるぶしのすぐ後ろにあります。血圧異常から生じる立ちくらみに効果があります。
心兪(しんゆ)のツボ:大椎から背骨を5こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。血液の偏りを整える働きがあります。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

腸と細胞の解毒

輝源拡大表示

詳細情報

元気の源

オイスター拡大表示

詳細情報

気付け薬

律鼓心拡大表示

詳細情報

4、動悸・息切れ

ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

動悸

精神的疲労・心臓神経症
■精神的疲労
■心臓神経症
などにより症状があらわれます。背中のツボは日頃からのケアが必要です。
ツボ療法
壇中(だんちゅう)のツボ:左右の乳頭を結んだ線のちょうど真ん中。

巨闕(こけつ)のツボ:胸骨の先端から指幅2本下がったところです。みぞおちの真ん中あたりを指で押すと圧痛があります。

神門(しんもん)のツボ:手のひらを上にして、手首の小指側手前にある骨の出っ張りと、手首の間にある深みの中にあります。

郄門(げきもん)のツボ:手のひらを上にして、手首の中央と、肘の内側の曲がりじわの中央とを線で結んだ真ん中です。

大椎(だいつい)のツボ:頭を前に倒し首の付け根に突き出る骨を確認します。その真下のsっ痛点。

厥陰兪(けっちんゆ)のツボ:大椎から背骨を4こ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。

心兪(しんゆ)のつぼ:大椎から背骨を5コ下がり、そこから左右外側へ指幅2本ずれたところです。

腎愈(じんゆ)のツボ:直立した時、肘が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれたところにあります。生命力を高めるツボです。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

腸と細胞のデトックス

輝源

詳細情報

ビタミン・天然ミネラル

オイスター

詳細情報

シャッキとする

律鼓心

詳細情報

5、冷房に当たると寒い(冷房病)

ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

冷房病

自律神経の乱れ
冷房で身体を冷やすことにより、自律神経に乱れが生じます。
冷えにより気血の流れが滞らないように、血液の循環を良くするツボをケアしましょう。
気血とは
ツボ療法
曲池(きょくち)のツボ:肘を曲げると、肘の内側に横じわができます。その横じわの線上で、親指側の先端にあります。

足三里(あしさんり)のツボ:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅1本下がったところで、すねのふちにあります。このツボにお灸をすえることを「健康灸」といい、健康維持と病気の予防が期待できます。

三陰交(さんいんこう)のツボ:内くるぶしの中心から、指幅4本上がったところです。骨の後ろのふちを押してみると圧痛があります。下肢が冷える時にケアします。

大椎(だいつい)のツボ・頭を前に倒し首の付け根に突き出る骨を確認します。その下の圧痛点

身柱(しんちゅう)のツボ:大椎から背骨を3こ下がったところです。東洋医学では邪気を取り去る大切なツボとされています。

湧泉(ゆうせん)のツボ:足のつま先から、かかとまでの1/3のところに出来るくぼみの中です。「氣」の湧き出る泉という意味です。

腎愈(じんゆ)のツボ:直立した時、肘(ひじ)が脇腹にあたる位置と同じ高さの背骨から、左右外側へ指幅2本ずれたところにあります。腎氣を注ぎ、生命力を高めるツボです。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

腸と細胞の大掃除

輝源

詳細情報

血と肉を造る

オイスター

詳細情報

血行不良・冷え性

霊黄参丸

詳細情報

6、多汗症

ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

汗かき

正氣不足・疲れやすい
病気を防御する働きが低下するのは、正氣が虚弱になっているからです。

「疲れやすい」「汗がだらだらと流れるように出る」などの症状がみられます。
ツボ療法
陰郄(いんげき)のツボ:手のひらを上にします。小指側で、手首から人差し指1本肘寄りへずれたところです。ここにお灸をすえると、汗をしずめる働きがあります。

後渓(こうけい)ぼツボ:てをぎゅっと握ったときに、小指側に「ぴょこっ」と飛び出るところがあります。手相でいう「感情戦」の先端です。

身柱(しんちゅう)のツボ:大椎から背骨を3コ下がったところです。熱をしずめる働きがあります。自律神経失調に良く使われます。

復溜(ふくりゅう)のツボ:内くるぶしの中心から、指幅3本上がったところです。アキレス腱のふちを押すと圧痛があります。体内の水分をコントロールします。

合谷(ごうこく)のツボ:手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根のあいだを指で押すと圧痛があります。

根本を改善する「サプリ&漢方薬」

腸と細胞の解毒

輝源

詳細情報

体力を造る

オイスター

詳細情報

氣の不足

感応丸

詳細情報

ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

PageTop