頭痛・憂鬱感|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

頭痛・憂鬱感・高血圧・認知症

能活精

頭痛・腹痛・腹の張り
61才:女性
頭痛、腹痛、腹の張りで脳神経クリニックで漢方薬を2種類処方され服用するが、スッキリしないとの事で相談を受ける。明らかにのぼせがあり、手足腰の冷えがあるのは間違いない。このような症状は、気が頭に上り、排便力が弱くなった場合がほとんどあるので、MRE輝源で大腸の汚れを除去し、漢方薬は能活精を処方する。何年も病院通いしたのが、1週間で効果が現れる。その間めまいや胃部に不快感を2〜3日感じたが、直ぐにその症状は消える。

能活精

認知症
85才;男性
糖尿病が悪化し、認知症が発症し夜の徘徊が始まる。あわてて家族から相談を受ける。問診すると糖尿病のかなり進んでおり、A1Cの数値は8.6との事。体格はがっちりし、肉類が好きなことから、大腸の大掃除をMRE輝源を一日60mlで行う。一か月後かなり改善したが、徘徊は少なくなったが完全になくしたいとの事で能活精を追加処方する事にし、更に一か月経過したころから、徘徊は完全になくなる。

PageTop