頭痛・憂鬱感|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

頭痛・憂鬱感・高血圧・認知症

頭がスッキリするツボ療法

頭痛 ・高血圧
監修:鍼灸師/国際中医師/国際中医薬膳部 宮地つかさ

血圧の薬はいつも飲んでいるのに、体調が悪いと頭痛が始まる ー これはよく耳にする悩みの1つです。薬でコントロールしているにも関わらず疲れがたまってきたり、風邪気味になると頭が痛くなるので心配になって鍼灸院を訪れるのです。このような時、まず冷静にからだを点検してみてください。後頭部、首、肩、背中、腰に至るまで「コリ」だらけになっていませんか。背骨沿いがこっていれば背骨の終着駅は頭ですから、当然頭も痛くなります。

そこでじっくり押していただきたいのが「風府(ふうふ)」です。このツボは背骨をまっすぐ上へ突き抜けて止まる後頭部の窪みにあります。「脳の玄関」ともいうべき優れたツボで、高血圧でなくとも頭痛をはじめ目の疲れ、めまい、物忘れに効果的です。パソコンや仕事の疲れから頭がぼーっとしている時に斜め上へ、目と目の間に届かせるようなイメージで3秒押してみてください。頭がすっきりします。特に高血圧の方は日頃から「風府」周辺がこっていることが多く、疲れてくると更にこりがひどくなって痛みにつながるので毎日一度は押してみてください。3秒押して3秒離す、これを3回繰り返すとよいでしょう。慣れてくると「今日は押すと気持ちがいい」「疲れている日は痛い」など、ツボの状態と体調が連動していることがわかります。そして押して痛いようでしたら疲れているサインですから、無理せず早めに休息を取ることをお勧めします。

また、気をつけたいのが日々の食事です。実は日頃私たちが口にしている食物にはどれも漢方薬と同じ効能効果があるのです。ただ、強さが違うだけなので、「医食同源」「薬食同源」という言葉で表現されています。高血圧の頭痛では特に頭へ上昇した余分な血の熱を取り去ることが大切で、それにはトマト、セロリ、苦瓜、はまぐり、あわびなどの食材が適しています。逆に頭痛の時避けたいのが唐辛子などの香辛料です。摂り過ぎると熱が更に上昇して頭痛が悪化する恐れがあります。

薬が手放せない高血圧だからこそ、ツボや食事といった養生で、つらい頭痛も上手に乗り切っていきたいものです。

風府

風府(ふうふ)のツボ
【ツボの位置】
背骨から上がって髪の生え際と後頭部の一番高いところの中間点

【風府の主な効能】
高血圧、頭痛、目の疲れ、めまい、物忘れ、首のコリ

慢性頭痛とノイローゼ

能活精

頭痛・腹痛・腹の張り
61才:女性
頭痛、腹痛、腹の張りで脳神経クリニックで漢方薬を2種類処方され服用するが、スッキリしないとの事で相談を受ける。明らかにのぼせがあり、手足腰の冷えがあるのは間違いない。このような症状は、気が頭に上り、排便力が弱くなった場合がほとんどあるので、MRE輝源で大腸の汚れを除去し、漢方薬は能活精を処方する。何年も病院通いしたのが、1週間で効果が現れる。その間めまいや胃部に不快感を2〜3日感じたが、直ぐにその症状は消える。

能活精

認知症
85才;男性
糖尿病が悪化し、認知症が発症し夜の徘徊が始まる。あわてて家族から相談を受ける。問診すると糖尿病のかなり進んでおり、A1Cの数値は8.6との事。体格はがっちりし、肉類が好きなことから、大腸の大掃除をMRE輝源を一日60mlで行う。一か月後かなり改善したが、徘徊は少なくなったが完全になくしたいとの事で能活精を追加処方する事にし、更に一か月経過したころから、徘徊は完全になくなる。

PageTop