統合失調症・鬱病|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください統合失調症は、大腸に問題がある病気です。頭ばかり考えず大腸の大掃除をすることを考えましょう。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
全ての精神障害
最初に現役東大の名誉教授矢作直樹先生の霊障に関しての動画を観て下さい。

精神障害の中で一番ひどい病気は、統合失調症では無いでしょうか?この難治性の統合失調症の研究に薬業人生43年間を費やし、あらゆる漢方薬や治療法を求め、インドや東南アジアの秘境を多くの金銭と時間を使い探し求めた。何故、これほど執念を燃やし全人生をかけているのか?妻にも子供にも本心は明かさず、家庭を顧みず、ただひたすらに追い求めた。54歳になった時、年商12億円あったドラッグチェーンを私的整理し、誰にも迷惑をかける事無く、究極の病治しの条件を整え探し求めたのです。
22歳で地元の大手薬品問屋に入社し、4年間修業した後、薬店を開業した目的は、この精神病を治す事であり、その糸口を見つける為に、あらゆる治療法や漢方薬の勉強を寸暇を惜しまず、家族サービスもせず、ただひたすらに打ち込んだ。それには理由があるからであります。私が小学生の頃母親が産後の肥立ちを悪化させ、精神的障害を発症した。産後の肥立ちだから数年経って発症した事になるのだが、詳しい事はわからないが、母親の妹の話によると間違いなく、それが原因であると言われた。その妹は何かあると母親に呼びつけられ、手伝いをさせせられていたようで、その当時の全てを知っているとの事でありますから間違いないであろう。
だが、それだけではなく、どうも母親の家系に問題があるのでは、と気づいたのが高校生の頃であったと記憶しているのであるが、母親の家系に似た病気を持つ、母親の兄弟やその子共達(従妹)がいる事が判明した。これらの病気を持つ、親にしてみれば余り触れたくないであろうから、それとなく見聞きしたのであります。上の兄弟たちは県外に就職し残された私が入退院を繰り返す母親の面倒を見なければならない立場にいた時期であったので、大学進学(通信大学も挫折、結果良し、母親94歳にして健在)の夢は捨て、全てをこの病気の解明に当てる決心をした時でもあります。

シャーマン拡大表示

はっきり言って悲惨です。私の小学生から高校生の頃は本当に悲惨でした。小学生の修学旅行があったのですが、当日の朝どうしても行かないで欲しいと母親が言う。父親は行けと言う、母親は行かないでくれと泣いて懇願する。結局何かあると察した私は行かない事にした日の、昼頃突然いつの間にか隠し持っていた湯飲み茶わん一杯の塩酸を口にしようとしたした。多分父親は予感をしており、見張っていたのであろう。危機一髪で父親が制止し、未遂で終わったのであります。後年、薬業界に入り、勉強するにおいて分かったのであるが、その頃の精神科が出す処方は、自殺願望を誘発する薬が殆どであった。これは今でも多かれ少なかれ変わっていないような気がするが、母親が処方された「ネルボン「」と云う薬の注意書きに、

祈り拡大表示

自殺などに注意する事と書いていた記憶がある。そのころ慢性の頭痛に悩まさる母親は、私にセデスが欲しい、欲しいと懇願するので、劇薬指定で処方箋が要る薬であったが、裏ルートで手に入れ600包包装を1か月に1箱〜2箱渡していた。ネルボンを飲ませるより、良いだろうとの発想からであり、その時は病院とは絶縁させた責任もあるので渡していたのであるが、その後を考えれば正しい選択だっと思っている。
ある時、下剤を飲ませると良いとことに気づいた私は、当時ダイエットに使っていたミルマグと言う液体の便秘薬を数倍飲ませ、一気に便を出させたところ、これが功を奏したのか、相当なスピードで良い方向に向かいだしたのであります。当然これだけでは、無理であるので、セデスは黙認して渡していたのであります。それからは、入院は一度もしてはいないので、一応成功であるのであるが、これを他人様に勧めるには、理論的にも弱いので、霊性修行の道を選びインドや東南アジアの秘境まで足を運び、あらゆる治療法を求めた結果、やはりインドでカルマと言われる業がある事に確信を持ち、それからは一筋に因縁を切る神の法を勉強しており、この分野においては豪邸一軒か二軒経つくらいのお金を使い会得したのが、現在やっている病治しであります。まだ完全ではないが、ある程度の目途はついたところです。まやかしでは無く、完全を求めるために今後も前に進み、完全な解決法をみつけなければ、現実に起こっている従妹の子供や、今後孫に発症するかもわからない
恐怖を取り払う為にも、私の代で解決したいと思っている時に、MRE輝源を知り、自由気ままな仙人生活を捨て里に下りたのであります。確信があったので下りたのであります。というのは、私は土作りにおいてこの理論と全く同じことを試していたのです。微生物の糸状菌を研究し成功もしていたのですが、それを人間の為に醗酵した飲料がある事に感銘し、普及活動のお手伝いをすることにしたのです。

インド拡大表示

私が研究していたのは、椎茸の廃菌床を削り、畑に撒き、その菌の餌に竹チップをばら撒く方法で、この方法は「炭素循環農法」と呼ばれる農法で素晴らしいものだと思っています。それに1〜3mの地下に流れる磁力線(氣)を植物の根まで引っ張り上げる方法を加えたのが、私の研究テーマでした。生物は海から陸に上がり火山岩を溶かし、大地にしました。その大地に草や木を生やし、やがて動物の住む環境が出来上がり、人間も生まれた訳ですから、微生物無くして、植物も動物も生きていけない分けです。その岩石をも溶かす微生物が糸状菌なのでありますから、すべての生きとし生けるもののルーツは糸状菌である微生物であると言っても問題無いと思います。その微生物は人間を生かし、人間を殺しており、地球の進化をDNAに刻みこまれた唯一の生物と思っています。結核の特効薬であるストレプトマイシンは何から発見されたでしょうか?

インド拡大表示

人間の死因で一番の肺炎は何でなるのでしょうか?やはり肺炎球菌という微生物ではないでしょうか?わずか大匙一杯の土の中には1億個以上の微生物が住んでいます。その微生物の質によって植物は生かされているのではないでしょうか?では私たちの腸内の微生物は何をしているのでしょうか?神の意志において一番良い身体(身と心)を作るDNAを授かり、太古の昔から現在まで引き継がれているのではないでしょうか?しかし、良い物だけでは、うねりが発生しません。
腸の中で目に見えない、人間の五感では感じない波動に置いて微生物は活動出来るのであり、その波動のことをエネルギーとも言います。そして全ては陰陽のバランスにおいて波動が発生します。その大きなものが台風や地震であります。ですから、このエネルギーなくして生命は無いのであります。MRE輝源は、このエネルギーを出す事によって強い菌に生まれ変わったのでしょう。この成分を見た瞬間神を感じました。
成分にイワシが入っているのです。どこの誰に言わせてもイワシを入れる理由を説明できないでしょう。当然です。私も母親の事からインドの各地を回る内に会得したからこそ、一発で魅了されたのですが、この知識は学問では得られません。それこそ微生物が発するエネルギーにおいて宇宙の意思と繋がった者にしか理解出来ないと思いますが、間違いなく未来を変える微生物と言っても間違いないし、もしかしたら人類を悪玉微生物から守る微生物である事が常識になるでしょう。ストマイが発見された当時誰が土の中の微生物に注目したでしょうか?院内感染の元はなになのでしょうか?ゆえに腸内細菌の減少によって人間は死を迎えるのです。つまり、腸内細菌の減少が死なのです。精神病などの霊障に関する病気も、腸内細菌の質の良し悪し、によって発症していると思っています。そして多くの病院が処方する薬は腸内細菌を弱める薬と思います。ですから病気や霊障から逃れる方法は、ストレスの除去を一番に考え、早寝早起きを実行することです。
逆に病気になりたければ、ストレス社会で家族の為、会社の為と頑張り夜遅くまで仕事をし、飲み屋に通い夜更かしをする事です。私は、それらを総合的に考え、かなり高度な病治しが出来る様になったと自負しています。このMRE輝源を知り、あらゆる病気を治す自信を得ていますので、私、仙人の病治しは、MRE輝源で70%の症状を取り除き、その補佐の30%が匙加減だと思うところです。

シバ神拡大表示

それに、やはり、この病気と霊障は切り離して考える事は、無理であります。ヒマラヤの5年間で会得した火の儀式や祈りの儀式やスマトラ島の老女のシャーマンに教わった、精霊を呼び出し、スティックで除霊をする方法など、あらゆる古来からの教えと方法を用いらなければ、口で言うほど簡単ではないし、書物に書かれている霊障退治に置いての効果はいかが程のものか、今後検証を重ねながら、輝源と共に未来を見据え、道を外さない病治しを目指さねばと思っているところです。矢作教授の動画をもう一本観て、霊の世界がどのようなものか、病治しのヒントを得るかも知れません。
仙人の精神病治しの漢方薬と祈りと治療具
精神病の病治しにおいて、一番にクリアしなければならない事は、何をおいても腸内環境の改善であります。これは便秘の人も下痢の人も考えなければ絶対と言えるほど治らないでしょう。便秘の原因は、病気やストレスにより氣が病みます。気疲れやは、氣が疲れるわけで、気休めは、氣を休める事で、気苦労は、氣において苦労する事であり、このように気の動きが停滞したり、氣が少なくなる事において、不眠が起こり、腸の働きが弱まり、蠕動運動がすくなくなり、それによってセロトニンの合成が出来なくなり、メラトニン不足から不眠となります。が気は充分あるが、便秘の方がいます。この場合は、頭を使いすぎた為に頭に多くの氣が行った為であります。気は血液を運びます。頭を使うと言う事は血液と血液の中に入ってる、酸素も必要とするわけですから、頭を麻痺させるわけにはいかないので、防衛機能は、頭に援軍を送る事になり、大便を排出する氣が不足しますので、便秘になり、便を出す事が出来なくなると、悪玉菌が蔓延り有害なガスを発生させるわけです。このガスが頭に行けば脳内は朦朧となり、精神病へとなるのです。ガスと云う毒素が細胞に溜まれば癌になります。もっと悪いのは、長期間便秘になりガスを発生させますと、外から来た悪いエネルギーと自分の思考や食べ物から発生する有害物質を求めて悪霊が寄って来ることになります。これが霊障の体内に住み着く原因ですから、脳内まで届く酵素を含んだ低分子の微生物を送り込まなければならないのです。

kigenn 拡大表示

超低分子MRE輝源
何を持っしても一番に腸内細菌の霊障菌を外に追い出す事から始めなければなりません。その為の低分子の長期醗酵分解物質の酵素飲料である。輝源が必要なのです。
詳細情報
脳内は何重にもガードされており、異物は入れないのですが、その機能が低下すると霊障菌はすり抜けて脳内に侵入します。住み着くと大変です。酸化した血液などを餌にしながら勢力を増し、外の霊障界と繋がり、妄想が始まり、あちらの声に従う行動を起こす事になるのです。治すには、体内で繁殖した悪霊に餌を与えない事と住処を破壊する事です。破壊とは、大元である腸内の毒素を分解除去するという事です。なら下剤と考えるでしょうが、下剤や乳酸菌は分子量が大きい為に外側の部分の便は出す事が出来ますが、腸や臓器や脳内に住み着いた霊障菌を分解することは出来ません。これは皮膚病治しにも言える事ですが、細胞に入る低分子の微生物が必要なのです。やせて下痢気味の方は、そもそも正常な方の80%くらいの氣しかありませんので、やはり吸収しやすいように腸を大掃除して、体力が増す漢方薬を服用すれば良い事になります。本当か誠か先ずは真っ黒の大量の便が出るまで一日200ml〜300mlの輝源を飲んで下さい。それで私が言っている事が証明されますので、それからいろいろの方法を持って治しましょう。そして自分も身内の方も、苦しい悲惨な人生とはお別れしましょう。

脳活性拡大表示

能活精(のうかっせい)
こんなときにお試しください
•疲れて頭がボーッとしてやる気が出ない
•疲れて集中力が長つづきしない
•疲れがたまってくるとなかなか思い出せない
•疲れてくると、物を何処にしまったか忘れやすくなってしまう
•疲れやすく家事が思うようにすすまない
 48カプセル 9,800円 (税別)
216カプセル 40,500円 (税別)除霊オイル・リキッド液各5mlサービス

ルドラクシャ

プロテクト
詳しい事はコチラ→六面ルドラクシャ 2.000円

除霊スティック拡大表示

除霊スティック
詳しい事は→コチラ除霊ヒーリング、スティック

頭用スティック

頭の除霊用瞑想スティック
詳しい事はコチラ→瞑想用スティック発送まで1週間かかります。

ご神木拡大表示

ご神木プージャ(護摩焚き)
護摩木です。インドではファイヤープージャと言って火を焚き、火の神であるアグニー神に仲介をお願いし、願いが叶う神に繋いで頂く儀式です。一枚のご神木に一つのお願い事を書きます。1本3.000円(往復の切手代付き)
詳細情報

PageTop