悪鬼(あっき)|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せくださいわけあって流産したり、自分の都合で人工流産したりと、人間界は難しい世界です。が、申し訳ないという心は持たねばなりません。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
悪鬼(あっき)
悪鬼(あっき)という、子供の霊がいる。これは、中国の神農本草経には出てこない、子供の霊であるが、日本の生き神様の継承された教えの中に残されている。幼い内にやりたいことを残し死んだ場合や死産や人工流産の場合に成仏できないとの事で、その原因を作った人の側を離れずに機会ある事に悪さをする霊であり、鬼気(きき)と呼ばれる大人の死人から来る呪いに比べたら、かわいい悪さをするが、悪霊は悪霊でブラックの世界から来るエネルギーにおいて悪さをする。人間界に生まれると言う事は千載一遇のチャンスであり、何度も何度も苦しみながら輪廻転生し、やっと人間界に到達し喜んだのも束の間に命を絶たれるわけだから、例え、子供といえ悪霊は悪霊である。この霊の特徴は、神の魂が宿る3歳頃までの死であり、その後は鬼気の死人の呪いが強くなって行くが幼少期の死は大人の霊の呪いよりは、強力さは無いが、呪いは呪いで、それなりに痛手は生じる、人間に生まれた目的は、ただ一つ神になる事であるから、その道に到達する大きなハンディを背負う事には間違いない。
人間に生まれた目的が神になる以外にあると思うなら、自分の一生を考えて見れば良いと思う。生まれて幼稚園にあがり小学生になり中学生になる間には、いろいろの事がある。楽しい事もあるが、苦しみの方が多いのではないだろうか?楽しい事は、その時は楽しいがまた直ぐにそれ以上の楽しさを求める。お金や地位もそうであろう。自分が求めたお金や地位が手に入ると、すぐにその上を欲しがる。

幻

という事は、自分の思いが叶うまでは、苦労の連続で同僚を蹴落とし、駆け引きをしながら、やっと到達したら、次の欲望が湧いて来る。永遠に苦しみからは、逃れないのである。逃れる方法はただ一つ7段階に到達した時、やっと人間の目的が果たせた時であるから、その後は競争心と云う争いの心も消え、真から人を助ける事が出来る境地に達するゆえに、人間界に生きている人々に愛を注げるのでありますから、それを仏の慈悲とも言い、仏の境地ともいうのであろう。神仏は、肉体を持っている私たちに、機会ある事に教え、実行しろと云うが、肉体が先行する身においては、どうしても肉体を中心に考えた幸せ感に流される。ゆえに人の為に、や家族の為にと偽った人生を送っているのだから、いくら地位がありお金持ちが行う寄付などの行為は偽善的と言われるのであります。見返りを期待しない奉仕などというものは、肉体がある間は出来るものでは無いのが人間である以上当然であるから、神仏

子供鬼

という事は、自分の思いが叶うまでは、苦労の連続で同僚を蹴落とし、駆け引きをしながら、やっと到達したら、次の欲望が湧いて来る。永遠に苦しみからは、逃れないのである。逃れる方法はただ一つ7段階に到達した時、やっと人間の目的が果たせた時であるから、その後は競争心と云う争いの心も消え、真から人を助ける事が出来る境地に達するゆえに、
私達は生まれなければ良かったと思う、逆で生まれたかったでありましょう。その霊が悪さをするのは、当然でありましょう。その悪は、愛情を求めるのが、半分で、半分は憎しみであります。自分が犠牲になり、下に子供が出来ると、その子に悪さをする。その子が口に入れるミルクや食べ物を腐らしたりする。小学校では、苛めにあったりする。その胎児の霊がそうさせるのであります。でありますから、自分が犯した罪でなくても、親の罪が自分に降りかかって来る因縁という事もあるのです。これらが水子の霊障であります。私の母親に悪意があったわけはないであろうが、二次的には、罪を作った事になる。その因縁が子孫に降りかかるのも、仕方ないのであろうから、胎児の鎮魂は必要であると思うところです。

人間界に生きている人々に愛を注げるのでありますから、それを仏の慈悲とも言い、仏の境地ともいうのであろう。神仏は、肉体を持っている私たちに、機会ある事に教え、実行しろと云うが、肉体が先行する身においては、どうしても肉体を中心に考えた幸せ感に流される。ゆえに人の為に、や家族の為にと偽った人生を送っているのだから、いくら地位がありお金持ちが行う寄付などの行為は偽善的と言われるのであります。見返りを期待しない奉仕などというものは、肉体がある間は出来るものでは無いのが人間で

神と子

ある以上当然であるから、神仏は、悪い行いを、悪いと認める、悪人さえ可愛がるのであります。それが人間の本性であるからです。このような偽善の社会に生かされているのだが、それが、人間界という事を悟り出来る範囲で許す心を養わなければならない。そのような人間界に上がる事をまだこの世に生まれてない、胎児が何故恨むのであろうか?赤子は神の子や神からの預かり物と昔から言われている。この言葉の神意は神の意思である。教えが退治の間に教えられているのであろう。という、事は退治の時に、人間の一生を教えられ、人間を卒業すると、思う存分の苦しみ世界がある事を、教えられているのであろう。ゆえに神のエネルギーを存分吸収して日々成長し、神から保護されている3歳児までは、良く眠り神のエネルギーを取り込む事が出来るのであります。

しかし、多くの神の教えは、産道を通って生まれる間に全て消されるという。たまに、胎児の間に教育された事を思い出す人がいるようであるが、神から見て、それが良いかどうかは分からないし、前世療法なるもので前世を探る行為が良いのかどうか神の教えと照らし合わせ考えなければならない。このように苦しくても未来がある人間界である事を、我々大人よりも、胎児は知っていたのでありますから。しかし、

明るい

多くの神の教えは、産道を通って生まれる間に全て消されるという。たまに、胎児の間に教育された事を思い出す人がいるようであるが、神から見て、それが良いかどうかは分からないし、前世療法なるもので前世を探る行為が良いのかどうか神の教えと照らし合わせ考えなければならない。このように苦しくても未来がある人間界である事を、我々大人よりも、胎児は知っていたのでありますから、

PageTop