脳の疲れ・体の疲れ・頭スッキリ|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

脳の疲れ・体の疲れ・頭スッキリ

次のようなお悩みはありませんか?

Check 頭がボーっとする
Check 翌日まで疲れが取れてない
Check 常に眠くてたまらない
「眠って起きた時に頭がボーっとする」、「疲れが取れていない」「夜寝たはずなのに昼間眠くてたまらない」、「体がシャッキとしない」そんなお悩みをお持ちではありませんか?人は、眠っている間に脳と体を休ませて一日の疲れを取り、そして、次の日に活動する為の準備をします。質の良い眠りでは、一晩眠ればすっかり疲れは取れ、元気に朝を迎えられますが、質の悪い眠りでは疲れは取れないままです。

不眠の症状には4種類あります!

不眠

不眠の症状には、
@入眠障害・・・なかなか寝付けない
A中途覚醒・・・夜中に何度も目が覚める
B早期覚醒・・・朝早く目覚めてしまう
C熟眠障害・・・ぐっすり眠った気がしない
 眠ったにも関わらず「起きた時に頭がボーっとする」、「寝た気がしない」、「昼間眠くてたまらない」などのお悩みは、Cの熟眠障害にあります。最近では、熟眠障害の方が増えているようです。熟眠障害のお悩みを軽くするためのお話を続けます。

脳の疲れを取るには、深い眠りが必要です!

 深い眠りには、脳の疲れをとる重要な働きをしています。「起きた時に頭がボーっとする」、「夜寝たはずなのに昼間眠くてたまらない」といったようなことが生じるのは、脳の疲れが取れていないためです。脳の疲れを取るためには、深い眠りが必要です。深い眠りを得るためには、脳の中が睡眠物質でたっぷりと満たされる事が必要です。
 一方、浅い眠りは体の疲れを取るのに働きます。心と体の疲れをとるためには、深い眠りと浅い眠りの両方をとることが大切なのです。
 では、心と体の疲れをとるための深い眠りについて、もう少し詳しくお話し致します。

眠ったのに疲れが取れないのはなぜ?

 眠りにはノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があり、それぞれ疲れを取る異なった役割をしています。ノンレム睡眠では、細胞を修復するホルモンが多く分泌され、脳の回復や修復を行い、疲れを取る重要な働きをしています。レム睡眠では、筋肉の緊張を緩め、体の疲れを取ります。
 質の良い睡眠をとるためには、ノンレム睡眠とレム睡眠の両方をバランス良く取る事が大切です。

脳波でわかる、眠りの深さ

 眠っている時の脳波を脳波計で測る事で、深い眠り(ノンレム睡眠)なにか、浅い眠りなのか、眠れずに起きているのか、眠りの様子を知る事ができます。

脳波

「深い眠り」が少ないと脳の疲れはとれません

脳の細胞の修復に活躍する成長ホルモン

 脳が休まらないと、「ぐっすり眠った気がしない」など眠りに対する不満が残ります。脳が休むとは、脳の細胞が修復され、疲労を回復するということです。脳の細胞が修復するためには、代謝を促進し、細胞の修復を促進するホルモンが重要です。そのホルモンが成長ホルモンです。
 成長ホルモンは、脳の細胞の修復と疲労回復に特に活躍します。成長ホルモンは、最も深い眠りであるノンレム深睡眠のときにまとまって分泌されます。もし深い眠りが少ないと、成長ホルモンの分泌は低下し、脳の細胞の修復が滞ってしまいます。その結果、脳の働きも低下し、日中にボーっとするなど頭がスッキリしなくなります。(日中の覚醒困難)

成長ホルモンは最も深い睡眠(ノンレム深睡眠)で分泌される!

 深い眠り(ノンレム睡眠)は、その深さによって1,2,3,4の4つの段階があり、段階が進むほど深い眠りを表します。また睡眠は深い眠りのノンレム睡眠から始まり、約90分後にレム睡眠となります。この周期が一晩で約4回現れます。脳と体を修復する成長ホルモンは第一周期のノンレム睡眠3・4段階が眠ってすぐに沢山現れ、疲れが取れます。しかし、3・4段階はなかなか現れず、これでは疲れは取れません。

心と体の健康にはノンレム睡眠とレム睡眠の両方が必要!

 ノンレム睡眠では、成長ホルモンが盛んに分泌され、脳の細胞が修復され、疲労が取れます。一方、レム睡眠では体の筋肉が緩むことで体が休まり、疲れが取れます。また、脳では記憶の整理が行われ、心が整理されます。
 心も体も健康であるためには、ノンレム睡眠とレム睡眠の両方の眠りが不可欠なのです。

レム睡眠で体の疲れは取れる

レム睡眠

レム睡眠中は筋肉が緩み、体がぐったりした状態です。この時、一日働いて疲れた筋肉が弛緩し、身体は完全な休息状態になります。
 身体の筋肉の疲れを取り、体力を回復させるためには、レム睡眠中の体の休息が欠かせません。

レム睡眠で記憶を整理

 寝不足のとき、「昨日の昼食が思い出せない」なんてことはありませんか?それは、記憶が整理されていないからかも知れません。
 レム睡眠中には、記憶の固定と整理が行われることがわかっています。記憶の固定が行われないと、物を覚えていることができません。また、記憶が整理されないと、大切なことを覚えていることも、嫌なことを忘れることもできず、ストレスが溜ってしまいます。記憶の整理は心の整理ともいえるでしょう。レム睡眠をしっかりとり、体と心を健やかに保ちましょう。

深い眠りは年齢とともに減少します

 脳の修復と回復を行い、疲れを取る上でノンレム睡眠が重要であることは先に述べた通りです。ところが、深いノンレム睡眠である3・4段階(徐波睡眠)の現れる割合は、年齢が進むにつれて減少することがわかっています。
 成長ホルモンの分泌の引き金となる徐波睡眠が減るということは、脳と体の疲労が取れにくくなるよいうことです。脳内の過剰な活性酸素を消して、脳にミネラル、アミノ酸などの栄養をバランス良く補給し、深いノンレム睡眠をたっぷり得る事が、質の良い睡眠のポイントとともいえるでしょう。

きれいなお肌は深い眠りから

お肌がきれいになるには、お肌の再生が欠かせません。お肌の再生とは、体の内側からお肌の細胞やコラーゲンなどのタンパク質が新しく作られ、古い細胞組織と入れ替わるということです。そのためには、お肌の細胞やコラーゲンなどのタンパク質の合成が欠かせません。そのタンパク質は、成長ホルモンの働きによって合成されます。このように、成長ホルモンは美肌にとても大切な働きをしているのです。

深い眠り(徐波睡眠)とバランスのとれた栄養補給が美肌のポイント

 成長ホルモンは、眠り始めの深い眠り(徐波睡眠)の時にまとまって分泌されます。また、眠る時間が遅かったり、眠りが浅かったりすると十分に分泌されません。美肌を得るには、早く就寝し、深い眠りをとることが大切です。  一方で、お肌を作っているコラーゲンは、アミノ酸、ミネラルやビタミンを原料としてつくられますので、これらの栄養素をバランス良く摂る事が、美肌づくりにとっても大切です。

不眠を改善し、うつ症状を軽くしましょう

 近年、増加傾向にあるうつと不眠には関係があります。例えば、うつの方の90%は眠りに悩みがあることがわかっています。また、不眠の方は、そうでない方に比べてうつになる可能性が高く、特に高齢者にその傾向が強く見られます。
 一方で、不眠を改善するとうつが軽減されることも報告されています。
 うつの方の眠りの特徴は、睡眠時間が短い事と、第一周期のノンレム睡眠(徐波睡眠)も少ないということです。最も深い睡眠(徐波睡眠)が少なくなると、脳を修復してくれる成長ホルモンの分泌量が不足し、脳細胞は修復されずに働きが低下し、うつ状態に陥りやすくなります。
「睡眠時間」と「最も深い眠り」を増やす事が、脳の修復と回復を促すことになり、うつを軽くする上で重要です。

ノンレム睡眠の割合(D)%
健常者  11,2±11,2
うつ病   0,0±0,0

うつ症状

睡眠導入剤の眠りは自然な眠りとは違います

 睡眠導入剤とは、なかなか寝付けない方のための、寝つきを良くするためのお薬です。睡眠導入剤を飲むことで、早く寝付くことができ、夜中に起きてしまう回数を減らす事ができます。
 しかし、睡眠導入剤の眠りは、自然な眠りとは違います。自然な眠りは、物音がすれば目が覚めますが、睡眠導入剤での眠りは、物音がしても目が覚めません。違いはそれだけではなく、その違いは眠っている時の脳波にもあらわれます。

睡眠導入剤では深い眠りが減り、疲れは十分にとれません!

 睡眠導入剤を飲んで得られた眠りには、深い眠りのノンレム睡眠3・4段階(徐波睡眠)が少なくなります。ノンレム睡眠3・4段階(徐波睡眠)の時には、導入剤の投与前は2,5%であったデルタ波は、投与により0,3%まで約80%も低下し、徐波睡眠が極端に減少してしまいます。すると、徐波睡眠で分泌される成長ホルモンの分泌が減ってしまい、脳と体の細胞の修復が進まず、疲れが取れません。
 また、睡眠導入剤を飲むと、記憶の整理をしているレム睡眠も減ってしまいます。
 レム睡眠が減ると、心の整理が不十分となり、嫌なことを忘れることもできず、ストレスが溜りやすくなります。睡眠導入剤では、残念ながら、体の疲れも、心の疲れも十分には取れないのです。

脳への栄養補給で、自然な眠りを!

 眠るためには、「睡眠物質」と呼ばれる、眠りを導く物質が脳内に満たされることが必要です。脳の中で作られる睡眠物質は、自然な眠りを誘います。
 睡眠物質が作られるためには、脳への栄養補給が必要です。脳が栄養不足にならないような体の働きは備わっていますが、それでも、栄養バランスの崩れた食事を続けていると、脳は栄養不足になる傾向にあります。
 残念ながら現代人の食事は、栄養バランスの崩れた食生活の方が多くなっています。積極的な脳への栄養補給を心がけたいものです。
そして眠りの問題を改善するためには、薬のみに頼るのではなく、脳への栄養補給に目を向けることも大切です。
 学会でも、牡蛎肉などの食品からのミネラル、アミノ酸などの栄養補給が、ストレスや睡眠の改善に有用であるとの研究成果が発表されています。脳への栄養補給を心がけ、快適な睡眠生活を送りたいものです。

良い眠りを得る為に・・・

 良い眠りを得るためには、眠るための準備が整わなければなりません。その為には、脳への栄養補給と、体と脳の細胞にかかるストレスを軽くすることが必要です。

深い眠り

脳内に睡眠物質が満たされることが、質の良い眠りへの準備
 眠るためには、眠りを導くアデノシン・GABAなどの「眠る物質」が、脳内に満たされることが必要です。
「睡眠物質」はブドウ糖・アミノ酸を原料とし、亜鉛、セレン、銅、ビタミンB12等のミネラル・ビタミンの働きによって作られます。ミネラル・ビタミンを積極的に取り入れ、睡眠物質の合成を促したいものです。

過剰な活性酸素を処理して良い眠りを得ましょう

 一日起きていると人の体の中には活性酸素がたまります。過剰な活性酸素が脳に溜まると、眠るための信号の伝達は滞り、良い眠りが得られなくなります。脳の中の過剰な活性酸素を消すことも、良い眠りを得るためのポイントなのです。
質の良い眠りの為の栄養素の宝庫牡蛎
 牡蛎には、質の良い眠りに欠かせない睡眠物質を作るための栄養素、亜鉛、銅、セレン、ビタミンB12などが豊富に含まれています。また、過剰な活性酸素を消す能力が高く、細胞の奥深くへへ浸透できる優れた抗酸化物質も発見されています。

牡蛎

 脳への栄養補給で十分な睡眠物質を作り、バランスの良い睡眠を十分にとり、心も体も元気な朝を抑えましょう。

食品100g中のミネラル・ビタミン含有量

牡蛎

亜鉛            13.2mg
銅              0.89mg
セレン              48μg
ビタミンB12         28.1μg
和牛リブロース

亜鉛             4.9mg
銅              0.06mg
セレン              11μg
ビタミンB12           1μg
牛乳

亜鉛             0.4mg
銅              0.01mg
セレン               4μg
ビタミンB12          0.4μg
トマト

亜鉛             0.1mg
銅               0.4mg
セレン               1μg
ビタミンB12           0μg

ワタナベ活性型オイスター

牡蛎エキスのパイオニア(国産牡蛎100%)安心・安全

ワタナベオイスターは春の新鮮な国産生牡蛎(広島産)のみを使って製造しています。もったいない話ですが、牡蛎を煮込んだあとスープのみを使用し、牡蛎の身は捨ててしまいます。それは、貝類は内臓に様々なゴミを蓄えてしまう性質があるためです。
 ワタナベオイスターは健康食品GMP認定工場で製造され、国内の医療機関で安全試験を行い、安心・安全・高品質を心がけています。

オイスター

安全性試験
■多量摂取試験
■長期摂取試験
■成分分析試験
■母体ならびに仔への影響に関する試験

牡蛎ってすごい!家族の味方・オイスター!

 牡蛎は西洋では¨海のミルク¨、東洋では¨海の宝¨などと呼ばれ、その栄養の豊富さと美味しさで古来愛されてきました。では、牡蛎を食べるとどうして元気になるのでしょうか?
 それは、牡蛎は他の2枚貝と違い移動が出来ません。その為外敵から身を守るため、殻を閉じる力が他の貝よりも20〜30倍あるといわれています。このエネルギーはブドウ糖から作られ、その働きを助けるのが、亜鉛・セレン・鉄などのミネラルやビタミンです。そのため、牡蛎には多くのミネラルやビタミンを体内に取り込み、蓄えているため栄養が豊富で身体に良いと言われているのです。

CG7配合のワタナベ、オイスターの販売は店頭のみ

「悪化は良貨を駆逐する」お言葉をご存知でしょうか?製造元のメーカさんは、この言葉に敏感で、多額の金額と長期間かけ手塩にかけて研究開発した商品を値引き販売や安易な販売方法にて広まる事を案じています。

カウンセリングしないインターネット販売は禁止されています。

一人一人にカウンセリングを行い、販売したいとのメーカーさんの販売姿勢に当店も賛同しており、悩んでいるところですが、遠くの人にも健康回復を願う!・・・当店の方針もあり、面倒な販売方法になりますが、簡単なご相談内容で構いませんので「お問合せフォーム」よりお願い致します。

抗酸化物質CG7(血液脳関門バリアに侵入)によるレスキュー隊

ドリンク

インフルエンザや極疲れに即効性!
■即効性
■実感力NO1ドリンク
■低分子カキ肉エキス「皇寿」2.000mg配合
■ノンカフェイン
■ノンアルコール
■試験や大会の前日に
「ワタナベ活性型オイスタードリンク」は、低分子カキ肉エキス「皇寿」を2.000mg配合しております。神氣抗酸化物質であるCG7をより多く含み、細胞の奥深く、更には脳にまで浸透し、実感力抜群です!また、ノンカフェイン・ノンアルコールで、お子様からご年配・妊婦の方まで安心してご愛用頂けます。10本入り1箱 10.800円(税・送料込み)、■除霊ミラクルオイルと■除霊脳活精リキッド液の5mlセットを1セットサービスさせて頂きます。
私たちは生きて呼吸しても 運動しても 頭で何か考えても,必ず活性酸素が発生します。その活性酸素は、体のサビになるのです。つまり一瞬にして老化現象が起こるという事になります。目に見えるシミなどもそうですが、実は目に見えない部分(脳内)が錆びる(酸化)と怖いのです。
身も心も若く保つためには、抗酸化剤が必要です
抗酸化物質といえば ・・・・
有名なのは ポリフェノール とかビタミンEとか
そこで オイスタードリンクに含まれる 抗酸化物質
大注目の特許成分 CG7 の登場であります。
細胞膜を通ってミトコンドリアに 直接働きかけることのできる抗酸化物質が CG7なのであります。
なぜかというとCG7は 水の中も油の膜も通ることができる 両心媒性だからです。水でも油でも 大丈夫なんです。すごいと思いませんか?だから オイスタードリンク飲むと 速いんですよ。速く元気になるのです! 体だけでなく 心も元気になるのです。心が元気になるドリンクはワタナベオイスタードリンクだけなのです。 コレは 飲んだ方なら わかるはずです。飲んだことない方は一度試してみませんか?絶対損はさせません。

オイスター

口内炎・試験前日などに(愛情1本)
口内炎やインフルエンザによる高熱や試験勉強疲れ、徹夜による精神的、肉体的疲労を早く改善したい時はCG7がたっぷり入ったドリンク剤がお勧めです。50mlドリンク剤を一日1〜2本を最初に服用し、その後一日6錠を続けます。どんな高額なドリンク剤よりはるかに効果があります。
■ワタナベオイスター 180錠(6錠×30包)
税込み14.850円
■50mlドリンク 5本5.400円
のセットで税、送料込み20,250円で割引なしなのですが、■除霊ミラクルオイルと■除霊脳活精リキッド液の5mlセットを2セットサービスさせて頂きます。オイルは口内炎やシミ、踵の荒れなどすべての皮膚病に対応できます。リキッド液は両方の鼻の穴の入り口に塗って下さい。気化する時特殊成分が脳まで到達し脳を活性化させます。
ワタナベオイスター
600錠 43.200円(税・送料込み)

600錠

ワタナベオイスター
160錠 12,960円(税・送料込み)

160錠

ワタナベオイスター
6錠×30包14.580円(税・送料込み)

30包

オイル

■除霊ミラクルオイル 5cc
■除霊脳活精リキッド液 5ccの2本で1セット
上記ワタナベオイスターご注文の方にサービスします。
説明はコチラ
■ドリンク10本・160錠・30包1個に1セット
■600錠お求めの方に3セットサービスします。
ご相談はお問合せフォームよりお願い致します。

現代人は、ミネラル・ビタミンが不足気味です!

ミネラルが不足する要因

1、食生活の変化
2、農業の変化により、食物自体の栄養素の低下
3、食品添加物、防腐剤などの氾濫
4、競争社会、受験地獄等による精神的、肉体的ストレス
5、生活習慣病(夜更かし・運動不足など)
6、魚、野菜、貝類を食べなくなった

※現在よりも昭和24年当時の方がミネラル(亜鉛・マグネシウム)を多く摂取していた。

ミネラル・ビタミン不足すると、新陳代謝が低下する

新陳代謝が低下すると
1、老廃物を処理しにくくなる→
2、体の中でエネルギーが出来にくくなる→
3、ホルモンの働きが低下し、バランスが乱れる→
4、免疫力が低下する→
疲れやすい・お酒が翌日まで残る
元気、やる気がなくなり、太りやすくなる
生理不順・更年期障害・糖尿病の悪化
風邪をひき易くなり、治りにくい・成人病・ガン等
渡辺オイスターは、ミネラル・ビタミンなどの栄養素をバランス良く、しかも効果的に補給できます。多くの栄養素を総合的に補給できるのがオイスターの特徴です。しかも安全です!

五大栄養素のバランスの乱れが病気の元?

五大栄養素
1、糖質(米、いもなど)
2、脂質(脂・油)
3、たんぱく質(肉・卵など)
4、ビタミン
5、ミネラル
三大栄養素は過剰傾向
1、糖質
2、脂質
3、たんぱく質
4,5のビタミン・ミネラルは不足傾向
4、ビタミン
5、ミネラル
を含む野菜、魚、貝類など。特に鉄、亜鉛、銅、カルシウムなどのミネラルの不足により精神的に弱くなっている。また、ミネラル・ビタミン不足により三大栄養素がエネルギーになれず脂肪になる事により、肥満による成人病が増加している。

PageTop