心と精神のツボ療法!|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。メンタル不調は、栄養素の欠乏によって引き起こされることもあります。たとえば、神経伝達物質の「セロトニン」の不足は、

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

心と精神(メンタル)の症状

1、うつ病・ストレス・不安落ち込む・脱力感・意欲がわかない

■最近なんだか、ちょっとしたことでイライラしたり、やたら不安になったりするんだよね。自分でもイヤになる……。どうにかできないものかなあ。■宇宙意識と脳

意欲

意欲がでない!
ストレスとは、心や体にかかる外部からの刺激に対応しようとして生じるさまざまな反応のこと。精神的な緊張や心労、苦痛、暑さ・寒さ、外傷のほか、うれしいこともストレスを引き起こします。適度なストレスはパフォーマンスを高めますが、人間関係や働き過ぎ、不安や恐怖などの不快ストレスが続くと、意欲が低下したり、疲労や不眠、記憶力の低下など心・体・頭に影響を及ぼし、それが結果として行動や態度などにも表れます。
ツボや経絡を使った「気功ヒーリングツボ療法」の考え方!
■上下の気が交わる場所が丹田ですから、ヨガの腹式呼吸で丹田を強くします。あるいは、天使の杖(スティック)の丸い方を直角にし、トントンと圧力をかけながらリズムよくたたきます。そのあと丹田の周囲を何度も丸いほうで45度の角度で上から下に中から外側に向かって擦ります。最後に尖った方を直角にツボに軽く当て気を送ります。気を送るとは、持つ指先に全意識を集めるということで、ジンジンする感覚を保つということです。スティックから気が出るように入魂していますので、短期間に誰でも気を感じるようになります。
気功ヒーリングツボ療法!

気

◇ツボは邪気が溜まりやすい
左の図の氣の流れを見ればわかるように、小指と丹田と頭を回っている流れが上部の氣の流れで、丹田と足とを回っているのが、下部の氣の流れです。■下部は冷えを伴い、上部は熱を伴います。その二つが交差している場所が丹田でありますから、この交差に異常をきたし、丹田から上に熱がこもり下部の気で冷やすことができない場合が首から上に症状が出ます。正確にいうと上中下で中が腹部になりますので、胸より上に熱がこもった状態が精神的や頭の病気です。
足から丹田に流れる気は、陰の気ですから冷えの気です。足のつま先からかかとに向けて大地につけながら歩く練習をしましょう。大地から得た気は足の内側を通って丹田に向かって上がって行きます。その間には三つの陰の気が交わる三陰交という大事なツボがあります。ので、冷え性の方は、必ずツボの周囲を下から上に向けてマッサージするから天使の捨てシックでこすり上げツボに尖ったほうで気を入れて下さい。うまく丹田に上がればそこで陽の熱を持った気と交わり、熱を冷ましながら、熱を頂き足先に温かい気を送ることができます。
気功ヒーリングツボ療法の行い方!
ストレスやうつ病や精神疾患や認知症などの共通点は悪いエネルギーに血液が阻害されたために、頭の中の血流が悪くなっている事が原因です。もちろん活性酸素過多が原因の方もいますが、治し方は同じです。まず頭のてっぺんにある百会のツボとその周辺を活性化します。その次に重要なツボは眉間の真ん中にある印堂のツボです。次が神門のツボが共通します。百会と印堂は頭の司令塔である松果腺につながっていますので、頭の病気以外にもとても重要です。神門も神の門ですから松果腺の活性化に必要なツボです。

スティック

天使の杖(スティック)
指圧でも良いし、千年灸などの温灸でもよいのですが、一番良いのは悪い気(邪気)を抜くことができる天使の杖(エンジェル、スティック)の丸い方を直角にツボに向かってリズムよくトントンと何度も刺激を与えます。次にツボの周辺をこすって下さい。頭は全体を上から下に中から外側に向かって45度の角度でこすり下ろして下さい。ごしごし擦って良いです。そのあと尖った方を直角にツボに当て気を送ってください。気を送るということは、すべての意識をスティックを握る指先におくという意味です。握る力は軽く弱い力で握ります。首筋から肩までこすると効果的です。2、ヒステリー球・神経症・自律神経失調症
詳細情報
基本の3穴
百会(ひゃくえ)のツボ:自律神経の乱れを整え、全身の血行を促進
印堂(いんどう)のツボ:肩凝りや頭痛、自律神経失調症の緩和
神門(しんもん)のツボ:自律神経を活性化する
その他のツボ
合谷(ごうこく)のツボ:脳の活性化・特に認知症
手三里(てさんり)のツボ:脳の活性化・特に認知症
湧泉(ゆうせん)のツボ:腎の気力を増し冷えを取り去る
三陰交(さんいんこう)のツボ:三種類の冷えの気が交わる。ツボを刺激して冷えを退散させる。
気海(きかい)のツボ:気を蓄えるツボですから無駄に気が離れないように蓄える力を賦活させる。
天使のスティック療法
ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。

栄養とメンタル

メンタル不調は、栄養素の欠乏によって引き起こされることもあります。たとえば、神経伝達物質の「セロトニン」の不足は、うつ病の一因となることがわかっていますが、このセロトニンは、「トリプトファン」というアミノ酸が材料です。トリプトファンの元になるのは、肉や魚、乳製品、大豆製品などのたんぱく質ですが、これが足りていない人が多いのです。またトリプトファンは、鉄、マグネシウム、亜鉛などの栄養素が体内に十分にないと、つくることができません。
 ほかにも、閉経前の女性が発症するうつ病は、少なく見積もっても、2割は鉄不足が原因だと考えられます。コレステロール値が低すぎると精神的に不安定になることもわかっています。脳と体のエネルギー産生や神経刺激伝達に関与しているビタミンB群、鉄の吸収にも関与しているビタミンCなどの不足から、うつ症状を呈する人もいます。
ですから、食事は非常に重要。バランスのよい食事を取ることは、体だけでなく、心を健康に保つためにも大切なことなのです。
こんな状態があったら要注意
次のような状態が見られたら、それはメンタル不調のサインかもしれません。
◇元気が出ない、やる気が出ない
◇気分が乗らない
◇人に会いたくない
◇趣味が楽しくなくなった
◇体がだるい、痛い
◇今までと違う感じや、何か変な感じがする
◇仕事、勉強、家事などに、今までのように取り組めない
十分な睡眠をとる
メンタル不調の予防や改善には、睡眠も大切。人は、睡眠を取ることで自律神経のバランスを整え、免疫力を向上させています。睡眠には、ストレスを受けたときに分泌されるホルモンである「コルチゾール」の分泌量を適正化し、ストレスから回復させる働きもあります。その結果、イライラや憂うつ感などが軽減するのです。体だけでなく、心の不調を感じたときにも、睡眠をたっぷりとりましょう。
ヨガや瞑想や座禅で自分と向き合う
ヨガ、またその中で行なう呼吸法には、瞑想を促し、精神をリラックスさせる働きがあります。ゆっくりと意識を集中することで、様々な雑念から気持ちを解放できたり、自分を認める気持ちになれたりするというメリットもあります。こうして自分と向き合うことは、自分を大切にすることにほかならず、それこそが、メンタル不調の解消にはとても大切なことなのです。
座禅や瞑想会に参加し、症状を大きく改善させた人もいます。座禅や瞑想会はたいてい、お寺や修行場などに大勢集まって行ないます。そこには、同じように悩みを抱えた人が来ていることが多く、そうした人たちと一体感をもちながら行なうことにも、セラピー効果があるようです。
精神的病気は、陰と陽の氣の交わりに障害
精神的な病気がある方は、間違いなく、足が冷えています。夏でも靴下を離せない人や冬は足が冷たく眠れない人が殆どです。その熱がどこにあるのか?当然頭にあるわけですから、頭はもうろうとします。ひどくなると邪(よこしま)な考えが、わくようになります。そして、やがてやる気力さえ削がれるのです。
 この原理を知らない方が、その人を見たら怠け者と思うでしょう。それによって苛めやパワハラ発生し益々社会に順応できなくなり、新薬にお世話になり、下手をすれば薬漬けとなるのです。そうなる前に医者の薬を服む前にできる限りの事をやらなければなりません。
散歩は何故必要か?
人と会いたくない、と思う状態になる前に、散歩をして下さい。気は手の小指から腕の内側を通って丹田に循環しています。足は大地のエネルギーを頂き足の内側を通って丹田に取り入れられています。丹田の下には気を蓄える気海という海があります。この海に気を蓄え必要な時に気を送り出すのですが、気は上に上がる性質がありますので、あなたが動揺したら気は上に上がるのです。動揺とは、怒りやイライラなどの過度のストレスです。ですから、常に冷静に過度な競争心や出世欲は捨て8割の力で人生を生きねばなりません。
頭にくることはやめるように訓練しなければなりません。「もう頭にきた」この頭に来たものは何なのでしょうか?まあ〜カリカリせんで落ち着け。この落ち着くとは、どのような意味なのでしょうか?頭に来たのは、気が頭に来たのです。ですから常に頭に来ていると足に行く気は不足します。落ち着けとは、気を丹田に落ち着かせろという意味です。過度のストレスが発生すると、気はヘリウム入りの風船と同じですから、丹田が緩むと、手を離したのと同じく風船は丹田から離れ頭に向かいます。
このような状態が軽いか重いかの人生をみんな歩んでいます。うつ病まで進まない人は抜くことが上手いのです。頭にたまった気は酸素不足になり淀み、正常な判断能力を失います。そうなる前に抜くのです。瞑想やヨガや座禅で抜くのです。それらが難しい人は散歩で抜いて下さい。大きく手を振って、大きく足を上げて散歩してください。手の甲を前に向けて大きく振ってください。手の甲が上に上がるとき、一日に溜まったエネルギーを抜きます。掌が後ろに行くまでの間に良い気が注入されます。「出せば入る」のです。足も同じです、できれば裸足か下駄を素足で履いて大きく上げてください。つま先を先に大地につけてかかとをつける歩き方で散歩して下さい。すべての動物はこのようにして悪いエネルギーを抜いているのです。

除霊ミラクル3点セット!

MRE輝源

輝源


詳細情報

ワタナベ、オイスター

オイスター


詳細情報

救心 感應丸 気

感應丸

詳細情報

この3品は低分子(MRE輝源・オイスター)か天然動物生薬で特に開竅(かいきょう)作用がある薬物ですので、血液脳関門バリアーをクリアでき脳内のゴミを除去する薬効があります。まさに現代人の汚染(電磁波・ストレスなど)された脳内を蘇らせる事の出来る価値ある3品と思っています。
真理を学び人を癒したい方!
究極の病治しは、瞑想を行いながらアムリタを舐め、マントラを使ったマントラヨーガなのですが、余りにも現代医学とかけ離れた癒し法ですから、多くの人にはお勧めせず、縁があった人のみに教えています。、まずは上記の3点を考え気力を増して下さい。気力が高まらないと、高度な集中した瞑想はできないと思います。詳しいことは、薬師如来瞑想のページを何度も読み直して下さい。病治しも真理を得る修行法も満載しています。実践するかどうかは、それぞれが決める事ではありますが、常識の病治しがダメだったら、非常識といわれる治療法を試す価値はあると思います。

PageTop