霊黄参|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
霊黄参の説明

牛黄・薬用人参製剤(除霊漢方)

霊黄参

こんなときにお試しください
•一晩寝ても疲れがとれない
•カーッとのぼせやすい
•熱で体が弱っている
•暑い日が続くとバテる
•疲れすぎて食欲がない
•かぜをひきやすい
第3類医薬品
添付文書PDF
霊黄参の成分牛黄・薬用人参・薬用人参エキス末(第3類医薬品)
主要成分;牛黄;「神農本草経」に書かれている事を最初に書きます。ウシ科の家畜の牛の胆嚢中にある結石である。
牛黄の味は苦で氣は平である。味は苦ですので陰陽五行論では、心臓を益する事になり、気は平ですので、心臓に熱が無いときに使用する薬物という事になります。使う目安;急に何物かに驚いて引っくり返る驚癇(きょうかん)の病や、悪寒と発熱を伴う寒熱病や、発熱が異常に盛んな時や、その為に精神障害を起こして、狂ったようになったり痙攣を起こしたりする病を治す事が出来る。また、人に悪い影響を与える邪気を取り除き死人の祟り(たたり)の鬼氣(きき)を逐い払う作用がある。
薬用ニンジンの効用
人参は、ウコギ科の多年草、朝鮮人参の根である。
人参の味は甘で味は微寒である。となっていますので、
甘い味は脾臓を益しますので、胃が弱っている人に使われ、気味は微寒ですから、胃にやや熱がある場合が当てはまります。効能;主として肝・心・脾・肺・腎の五臓の気を補う事が出来る。ゆえに、精と神、すなわち腎臓に蓄えられている精神的要素の精気と心臓に蓄えられている精神的要素の神氣の働きを安らかにし、魂と魄、すなわち、肝臓に蓄えられている精神的要素の魄氣の働きを定め、また、直ぐに物事に驚く、精神不安や直ぐにどきどきして胸苦しくなる心臓の動悸を止め、人に悪い影響を与える邪気を除き、目が明らかに見えるようにし、心孔を開き、つまり、心臓の働きを良くし、智を益す、つまり頭の回転を良くする作用がある。これを、久しく服用していると、段々と身の動きが軽くなって、年齢を延ばせるようになってくる。
霊障に効果 人に悪い影響を与える邪気を取り除く事が出来、死人の祟りを逐い払い、精神不安を取り除き、頭の回転が良くなり、年齢を延ばせる妙薬と言う事になります。
製品特長
古来、強壮生薬として用いられてきた動物性生薬<牛黄>と植物性生薬<人参>を高単位に配合したすぐれた効きめの滋養強壮剤です。
成分
4カプセル中、次の成分を含みます。

成分 分量 主な作用

(日局)牛黄(ゴオウ)
100mg 牛の胆のう中にごくまれに発見される褐色の小球塊で、古来、強壮生薬として用いられてきました。

(日局)人参(ニンジン)
600mg 薬用人参の根を乾燥したもので、古くから漢方の要薬として、広く用いられてきました。新陳代謝機能を活発にし、食欲を増進し、からだを丈夫にするはたらきがあります。

ニンジン粗エキス末
300mg
[(日局)人参900mgに相当]
効能
次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

用法・用量
大人(15才以上)1回2カプセル、1日2回食間に水またはお湯で服用してください。

剤型
淡黄かっ色と橙色のカプセル剤

添付文書ダウンロード
ご注文  24カプセル12.000円(税別)・104カプセル48.000円(税別)・(ご神木1本・ルドラクシャ1個・ご入魂をサービス)

血管を守る

あかぎれ これからの季節、水仕事がつらくなります。水の冷たさに冬の到来を感じるものです。あかぎれになると一度ふさがったと思っても、すぐにまた口が開いてしまう上、数が増える事があってもなかなか減りません。しかもいつの間にか出血し、服や使ったものに付着して気づく事があります。毎年の事で、冬の風物詩とあきらめてしまいがちですが、指先の血管も脳血管も同じ血管です。たとえ指先の血管であっても出血は出血です。
寒さで血管が破れたことに変わりはありません。過度に不安がる必要はないと思いますが、あかぎれが切れるほど冷えて血行が悪くなっている分、血液はどこに行くのか、イメージを膨らませて欲しいのです。末梢血管が冷えれば体幹の血管に多く流れることになるので、日ごろから血液、血管、血圧、心臓などにお悩みを抱えておられる方にとって、冬の寒さは要注意です。そこであかぎれを見たら牛黄を思い出して下さい。血管のトータルケアには牛黄です。冬の血管を守る先人の知恵です。

PageTop