不眠症と過眠症と躁鬱|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。アルコールはだれもが考える入眠物質ですが、酒を飲めない人々にとっては入眠物質とはいいにくく、飲む人々にとっても飲む量を間違えれば、かえって興奮して眠れないということになります。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

不眠症と過眠症と躁鬱

仙骨を温めると良く眠れる

ミラクルチップ拡大表示

・「夜、なかなか眠れない」
・「寝ても、夜中によく目が覚める」
・「翌朝、疲れが取れていない」

■不眠の原因は、ストレスにより交感神経が緊張状態にある事が考えられます。心配事を夜までかかえたりイライラしたり興奮状態が続くと副交感神経の出番はなく眠りにつく事は出来ません。
 交感神経は活動の元を与え、副交感神経は安らぎを与えるのですが、現在社会を生きるには交感神経が優位でなければ難しい時代となっています。不眠の方やうつ病の方は、仙骨を温めて副交感神経を優位にすると、眠りの質が劇的に改善されます。
詳細情報

オイル拡大表示

副交感神経の役割
・毛細血管をゆるませ、血管を大きく広げて血流を良くする。
・胃腸の緊張を解き血流を良くして胃腸の働きを活発にする
・昼の活動において発生した疲労物質やダメージを寝ている間に回復させる
 自律神経には、日中や活動的になっている時に働く「交感神経」と夕方以降リラックスしている時に優位になる「副交感神経」の2種類あります。

 この2つが協力して生体を維持しているのですがストレスや細胞にダメージが起こると「交感神経」が優位に働きます。その原因を和らげるのが「副交感神経」なのですが、夜更かしや興奮状態が続くと「副交感神経」の活躍場がなり不眠となるのです。 

サイガー拡大表示

この副交感神経を強くして交感神経を鎮めるには仙骨が関与しているのです。仙骨を温めれば副交感神経の働きが高まりストレスを除去し細胞のダメージをやわらげ神経の高ぶりを抑える事が出来ます。

不眠やストレスでお悩みの方 仙骨を温めて下さい。これをもっと効果的にするには深部まで温める事が必要ですから「仙人のミラクルチップ」や「仙人のミラクルオイルプロ」をお考え下さい。実に良く効きます。

過眠症と自律神経

根本から改善する方法は「自律神経の調整」以外ありません。
 うつ病や発達障害などで一日中眠たい人がおり中には15〜18時間眠る人がいますが、これは自律神経の交感神経の働きが弱いからです。交感神経と副交感神経神経は協力し合って正常な機能をコントロールしていますので、シーソーと同じと言えるでしょう。
 このシーソーは、櫃はやや交感神経が勝っており、夜は副交感神経が勝るのが良いのですが、極度なストレスや心配事などであ頭を使いすぎると交感神経が暴走するようになります。
 また、人間には一定の生体リズムがあり、昼は交感神経の働きで活動的に動くことが出来るので鵜が、夜更かしなどで生体リズムが乱れていきますと、「交感神経」と「副交感神経」の切り替えが出来なくなります。
 過眠症は「交感神経」の酷使によって、交感神経がオーバーヒートした状態ですから、その機能を弓替えさせる必要がありますので、瞑想をするのではなく、運動をしなければなりません。特に足を使う運動が効果的です。

不眠症と過眠症とうつ病の治し方!

根本から改善する方法は「自律神経の調整」
 今まであらゆる病院に通ったり生体やあらゆる治療法やサプリや漢方薬を試しても治らないのは、自律神経失調症というくぐりだけを考えた治療を行っていたからです。
 アクセルが故障しているのか、ブレーキが故障しているかを見極めて治療を行わないと治る病気も治らないは当然であります。すなわち不眠症と過眠症の治し方は全く逆であり、シーソーバランスを戻しながら、どちらを少し優位にするかを考えた治療を行わなければなりません。根本は字理宇神経の乱れに間違はないのですが、どちらに比重を重く置くかになります。

ヒーリング拡大表示

治し方
■基本は「心身統一」になります。自律神経は名前の如く自立した神経ですから自分の意志や感情ではコントロールが難しい神経です。心臓は命がなくなっても数時間は動いています。何故かを考えなくては、真の病気治しは出来ません。自分が亡くなっても動いている。何故でしょう?これがヒントになるのですが、自分では無い、何かによって動かされているのです。
詳細情報
 この何かがエネルギーであり、宇宙のリズムという事になります。宇宙のリズムは人間はコントロールをすることは出来なく合わせなければならないのです。ですから人間は「早く寝て早く起きる」という宇宙のリズムに合わせた生き方をしなければならないのです。
 これに逆らったから病気になったのですから本気で治そうと思えば実行しなければなりません。しかしすでに病気になった人は、眠ろうと思っても眠れない、掟仕事をしなければと思っても体が動かない。眠たくて仕方ない!片付けも掃除も炊事も出来ない。
上記のような症状の方は
■三陰交のツボと仙骨と首に1の写真の「仙人のミラクルチップ」を貼って下さい。これによって自動的に宇宙のリズムの信号を体内(自律神経)に引き寄せます。これは日中行います。
■不眠の方は、夕方首と仙骨に貼ったチップを剥がし、仙骨に2のオイルとクリームを混ぜてたっぷり塗ります。これは風呂上りに再度行います。
■過眠症で体が動かない方は、日中オイルとクリームを首にたっぷり無ります。更に効果を出すために3番目の羚羊角を首に下げます。首に当たるところにチップ(宇宙リズムを摂り入れる)が当たるように作っています。これは不眠症の方も日中はつけた方が良いのですが、あくまでも仙骨を優位にしなければなりませんので4〜5時間つけて心身が統一出来るようにして下さい。■玉はエルサレム隕石と羚羊角とWTの粉とテラヘルツが主です。
お知らせ!  オイルとクリームをたっぷり塗るとチップのテープが付きませんので、平ゴムに縫い付けるチップを考えていますので暫くお待ちください。(仙骨と三陰交用平ゴムベルト)写真3の羚羊角のネックレスはモニター中です。効き目の確認取れ次第斡旋開始します。首用のチップもまもなく発売開始です。

一時的睡眠障害(長期服用はダメ!)

カローミン拡大表示

寝つきが悪い・眠りが浅い
カローミン(第2類医薬品)
一時的な不眠による次の症状の緩和に効果があります。「寝つきが悪い」「眠りが浅い」医者の薬は強すぎて依存症になりやすいので、出来るならこのような柔らかい副作用の少ない薬で乗り越えたいものです。長期に続く場合はワタナベ、オイスターや感応丸 氣や能活精を考えて下さい。ですが根本療法は「除霊本気応援セット」になります。ひどい時は除霊ヒーリングも考えて下さいね。
この医薬品の購入に際しては、必ずご相談のお求め下さい。ご相談は「お問い合わせフォーム」・スマホは📧よりお願いします。
詳しい説明はコチラ

現代人と睡眠:眠りのメカニズムを知りましょう

女医拡大表示

睡眠」は昔から、栄養・運動と並んで健康を維持増進するための基本の1つとされています。しかし、変化の激しい複雑化した現代人の生活は、心身のストレスが増えて充分な睡眠をとれないのが実状です。こうした現代人の「不眠」の問題は年々深刻化してきており、欧米では3〜5人に1人が、わが国でも数人に1人がなんらかの不眠症状に悩んでいます。不眠症とは、睡眠時問が何時間以下という定義はなく、朝起きたときに寝不足感が強く、しかも本人が睡眠不足のために疲れなどの苦痛を感じている状態をいいます。
本当の疲れを癒し、明日への元気を生み出すためには、睡眠の「量」だけでなく、「質」も考えなくてはなりません。しばしの不眠で悩む人はいても、不眠で生命を絶たれた人を見たことはありませんが、元気のいい活動は心地よい眠りとさわやかな目覚めが支えています。毎日気持よく眠りたいものです。

眠りのメカニズム

ナターヤ

レム睡眠とノンレム睡眠
私たちは、いったん眠りにつくと、同じ深さの睡眠が続くように考えがちです。しかし、睡眠は質の異なる2つの相から成り立っています。1つは、睡眠中に眼球がすばやく動くことから名付けられたレム睡眠、もう1つは、眼球運動をともなわないノンレム睡眠と呼ばれるものです。
ノンレム睡眠は、図のようにさらに浅い睡眠から深い睡眠まで4段階(S 1〜S4)に分れ、正常な人の睡眠では、ノンレム睡眠に始まり、S1→S2→S3の順にもっとも深い睡眠(S4)まで、いっきに達していきます。このノンレム睡眠が1時間半〜2時間ほど続くと、一度睡眠が浅くなり、今度は、最初のレム睡眠が現われてきます。このノンレム睡眠とレム睡眠が1つのセットになり、一晩に4〜5回繰り返すのが睡眠の一般的なパターンとされています。
からだの眠り"レム睡眠"
ところで、睡眠中に脳波や筋電図をとると、レム睡眠の時には、脳はかなり活動していますが、からだは筋肉の緊張感がなくなりグッタリしていることがわかります。つまり、レム睡眠は、からだを休める役割を果たしていると考えられ、このことから『からだの眠り』ともいわれています。夢を見るのはこの時期で、夢が記憶に残るのはレム睡眠時に脳が活動しているからだと考えられています。
脳の眠り"ノンレム睡眠"
一方、ノンレム睡眠は、脳の発達にしたがって増えるといわれ、胎児では、レム睡眠が75%と睡眠の大部分を占めていますが、新生児では50%、3〜5歳児で20%前後と、しだいにレム睡眠が少なくなり、ノンレム睡眠が多くなってきます。これは、成長につれて脳を使うことが多くなり、脳も眠りが必要になってくるためです。ノンレム睡眠は、このように脳を休める役割を担っているところから、『脳の眠り』ともいわれています。また、近年、ノンレム睡眠のもっとも深い(S4)時に成長ホルモンが分泌されることが明らかにされ、「寝る子は育つ」という諺も科学的に実証されたといえます。

ディーバ拡大表示

不眠のタイプ
不眠は、一般に、1:入眠障害(寝つきが悪い)、2:熟眠障害(眠りが浅く、夜中に何度も目がさめる)、3:早朝覚醒(朝早く目がさめる)の3つのタイプに分けられます。2と3は同時に現われることが多いことから、最近ではこれを1つにして入眠障害と睡眠維持障害の2つに分類されることがあります。

奇跡の難病改善法

PageTop