糖尿病リンク|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください仙人がインドや東南アジアの秘境委で学んだ奥儀の治し方を伝授します。今の栄養学や医療では、治りません。治すのはただ一つ目に見えない微生物です。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
糖尿病2
私、仙人も霊障の強い方のヒーリングが続いた時は、尿からたんぱく質が出るくらいの疲労を感じる事があり、血糖値も高くなりますので、自分が経験した中で一番良い治し方をお勧めしています。糖尿病ワンポイントアドバイス@食事のコツ
食後の血糖値の急上昇を抑える、ちょっとした食事の工夫です。貴方はご飯と野菜のどちらを先に食べますか?ご飯を先に食べると血糖値が一気に上がりやすくなりますが、野菜などの食物繊維を先に食べると、腸で糖の吸収がゆっくりとなり血糖値の上昇も緩やかになります。
お砂糖選びのコツ
砂糖にも種類が沢山ありますが、黒砂糖は白砂糖に比べてビタミンやミネラルの含有量が高く、身体に負担をかけることなく穏やかに吸収されるので、血糖値の急激な上昇を防ぐという利点があります。また、黒砂糖の黒色の部分に含まれる「フェニルグルコシド」という成分にも糖の吸収を抑える働きがあると言われています。

インシュリン

A運動療法のアドバイス
有酸素運動
運動療法の主な目的は、低下しているインスリンの効き目を良くすることにあります、運動によりインスリンの働きが良くなる部位は、運動した部分の筋肉に限られます。出来るだけ多くの部位を動かす様な全身運動がお勧めです。しかも、ブドウ糖を燃料としてエネルギーに変え、同時に脂肪まで燃やそうとしたら、十分酸素が必要です。ゆっくりと酸素を吸い込みながら全身を使うジョギングや歩行、水泳などが良いでしょう。

腸内

ミネラル(亜鉛)やアディポノールなどとの併用
血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を調整するのはインシュリンですが、亜鉛が不足するとインシュリンの働きが鈍くなります。輝源の効果を十分出すためにはミネラル(亜鉛)やアディポノールとの併用がより効果的です。
まだ間に合う糖尿病予備軍
「このままだと糖尿病になってしまいますよ」と、健康診断などで言われた事はありませんか?この状態が、いわゆる「糖尿病予備軍」です。厚生労働省の調査によると、糖尿病とその疑いのある人は全国で2200万人を超えると推測されています。単純に日本人の5人に1人がそれにあたります。自覚症状がほとんど無いまま、忍び寄る糖尿病、、、。糖尿病の進行は深刻な合併症を引き起こしてしまう。しっかり管理すれば、健康長寿も全うできます!まだ、間に合います。
細胞内をキレイにして糖代謝を活性化させる!
@細胞内の酵素群が元気でないとゴミだらけになる。A細胞内にMRE輝源が入りゴミを大掃除すると細胞内がキレイになり、細胞も元気を取り戻しインスリンを活発に分泌し始める。と共に体全体の細胞も元気になり、糖代謝が良くなる事により、血糖値が安定化する。

細胞内

深刻な糖尿病はMRE輝源を一日200ml

チラシ拡大表示

もう駄目だと思った時の助け舟
細胞内を大掃除して、糖代謝を活性化!


悪玉菌の中の更に性質の悪い悪玉菌を殺して、善玉菌の中の更に強力な善玉菌を増やす事が免疫力を引っ張り出すのが、人間が持つ神秘的な奥義だと思っています。!
膵臓癌3年後生存率は15,1%
<国立がん研>3年後がん生存率を初公表 全体で71%

9/12(水) 0:54配信
毎日新聞

<国立がん研>3年後がん生存率を初公表 全体で71%

2011年にがんと診断された人のステージ別3年生存率

 ◇乳がん95%、膵臓がん15%
 国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。これまで約10年前に診断されたがん患者の5年生存率を公表してきたが、最新に近い治療を受けた患者の状態を把握するため、5年分のデータがそろうのを待たず算出した。全体の3年生存率は71.3%。前立腺がんは99.0%、女性の乳がんは95.2%と高かった一方、治療が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんは15.1%と他のがんより大幅に低かった。

 全国の「がん診療連携拠点病院」など268施設の患者30万6381人のデータを集計・分析。日本人に多い「5大がん」(胃、大腸、肝臓、肺、女性の乳房)など11種のがんについて、進行度を示すステージ別に、がん以外の病気や事故で死亡する割合を除いた「相対生存率」を算出した。

 5大がんでは、肝臓と肺の生存率が比較的低く、胃は進行すると生存率が大きく下がった。乳がんは生存率が高いが、若い患者が多いことも関係していると考えられるという。

 がんは5年生存率が治癒の目安とされることが多い。3年生存率について、同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「新しい治療法の効果を含むタイムリーなデータを提供した。今後、同じ患者の5年生存率が出れば、対比することで、より早い段階で治療成績などの判断ができるようになる可能性もある」と話す。データはウェブサイト「がん情報サービス」(https://ganjoho.jp)で確認できる。【五味香織】
.

【関連記事】
乳がん:40代後半〜50代前半がピーク 11人に1人
がん検診リスク:自治体の4割説明せず 16年度調査
国立がん研:がん用語や制度 医療関係者半数知らぬ項目も
賢い選択:がん検査/中 前立腺がん PSA検査
がん新制度:医師ら知らず 「拡大治験」「先駆け審査指定」 認識率は2割下回る
チラシ

PageTop