原因不明の病気|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せください

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

原因不明だと病院で言われた病気

参考ブログ東京大学 付属病院 矢作直樹教授「魂は死なない」

病院の検査で原因が分からないと言われる人は結構います。検査はあくまでも、血液やリンパ液や尿などで判断する分けですから、生体エネルギーである氣の欠乏は出ません。ゆえに、多くの人がやる気が出なく、何もできず、周りからは仮病の怠け者と烙印を押される事になり、益々落ち込んで行きます。当然本人にも原因がわかりませんので、悲観的になり、社会から逃避する事になり、ひどい時は自殺も考える様になります。
登校拒否・出社拒否・うつ病・自殺願望
検査に異常が見つからないと、大概の場合精神科に回され、精神科の薬が処方されます。当然、精神安定剤が処方されるのですが、これが輪をかけて悪化する原因となります。全身の氣が少なくなると、一番に倦怠感が現れるのですが、何故でしょうか?病気を治すには、原因を突き止めなければなりません。この原因を見つけるのに、現代医学

薬

の検査では見つからないのが、精神の病の原因である氣が関連している病気なのです。この社会の仕組みは、強いエネルギーは弱い方向に流れると言う、大原則の中で成り立っています。ですから、日常生活において、気のやさしい、弱い性格の人は、強いエネルギーの人に吸い取られます。会話の中や目を合わせただけでも吸い取られます。弱い人は、常に強い人に抑えられ、自分の意見や考えが受け入れられず、うっぷんが溜まり発散できませんので、それを発散させるために、自分より弱いものに向かって吐き出そうとします。それが動物への虐待であったり、奥様や子供に向かって行き、それを長期的に受けた奥様や子供もおかしくなります。まさにドミノ倒しであり、負の連鎖が始まるのです。

火籠り

悲惨・一家離散・常に一家は喧嘩で酒に逃げる
こうなりますと、最悪の方向に進むだけで、子供は登校拒否症候群になり、奥様はキッチンドリンカーや大量買いや大食いで癒そうとするのですが、食べたい物は甘い物が中心になります。毎日のストレスと恐怖において、脳のキャパは極限を超えますと、脳はブドウ糖で補おうとし
ますので、甘い物を要求するようになるからです。そして、この甘い物は悪魔の誘惑ですから、世の中や病院では否定する悪霊が入りやすい環境となるのです。氣欠乏症になりますと、全身倦怠から、脳の病氣へと移行するのです。甘い物は酸性物質といわれ、情緒に問題を起します。また成人病を誘発する危険な食べ物なのです。そしてなにより、腸内細菌の悪玉菌が喜ぶ食べ物ですから、便秘になり、そこで発生したガスが頭に上ると精神的疾患が発症するのです。精神的疾患が発症すると脳内の血液は酸素不足の状態になり、常に頭痛が起こるようになります。
パニック
そうすると、慢性の不眠になり睡眠誘発剤のお世話になります。この薬はあくまでも強制的に睡眠を誘うものですから、心身の疲れは取れません。のでイライラが酷くなり、キレル現象が発生するのです。これらは頭の前側にある前頭葉の働きを止めますので、正常な判断が出来なくなるのです。ここまで来たら大変ですので、腸内細菌が悪玉菌で一杯になる前の段階で食い止めなければなりません。そして、病気を治すには、この段階までに戻す事を最優先にしなければなりません。

パニック

これを解決する方法が今までは、なかったのですが、MRE輝源が発明され可能となりましたので。これを飲みながら、黒い便を大量に出せば元の状態まで戻す事は、可能でしょう。それに出来れば漢方薬を併用すると治りは、もっと良くなります。
ご相談やご注文はお気軽にお問合せフォームからお願い致します。

原因不明の病気は氣欠乏症

感応丸

解決法
そもそも、ここまでになる前に、解決しなければならなっかのですから、治すまでには時間もお金もかかります。最初に全身の倦怠感が現れ、病院の検査で原因不明と言われた時に、精神科に走らず氣を増や漢方薬の救心感応丸を服用すべきでした。病名はないですが、このような症状は、気欠乏症なのです。 そして、今の状態は、貴方の頭の中に住む、善人と悪魔の戦いが始まっているのです。
精神と肉体が正常な時には、悪魔は影を潜めていますが、善人がストレスなどで弱くなりますと、悪魔が表に出て来ます。ですから悟った人というのは、この悪魔が頭の中にいない人ですから、人間である以上多かれ少なかれ誰にもいます。これを常に表に出ない様に重い重しで蓋をしているのが、普通の人ですが、ストレスが引き金で、貴方の善人が弱りましたので、悪魔を大便から外に出し,善人と呼ばれる菌を増やし、常に悪魔を抑え込んでおけば良いのです。
明るい家族
と、簡単にいっても、すでに周りの人からは冷たい視線を送られ、どうして良いか分からない心神喪失の病いになっていますので、頭の中がモヤモヤで一杯で正常な思考が出来ない方は。脳活性という漢方薬を服用して前頭葉に氣を送って下さい。はっきり言って申し訳ないのですが、高いですが方法はこれしかありません。この病気は、余り

元気

知られていませんが、結構気功師や整体師や施設や精神科で働く人にも多い病気です。強い人は弱い人のエネルギーを引き寄せるからです。これは良いエネルギーも悪いエネルギーも引き寄せますから、気の病気の方は、子供からエネルギーを奪いますので、子供をじぃ〜ちゃん、ばぁ〜ちゃんに面倒を見させては行けません。反対に陽気で一杯のエネルギーを吸収するには、毎日幼稚園の子供たちが遊んでいる場所に行けば良い事になります。これが、この世を運行させているエネルギーの法則なのです。

病気の元を改善する超低分子の微生物

輝源

氣を減らす霊障菌を退治する
腸内で腐敗した悪玉菌はニトロアミンという猛毒ガスを発生します。そのガスは肝臓に運ばれ、肝臓が処理できないものは血液中に入り、血管壁を傷つけたり、し場合によっては、血液によって脳に運ばれます。脳で滞留すると、当然頭は朦朧とし、目はキョロキョロするようになります。
詳細情報

感応丸

やる気が出ないは、氣欠乏症
やる気が出なく体はだるく、検査では異常なしで、精神科を受診するようになり、一進一退で段々悪化し、気が付いた時には手遅れになりますので、最初が肝心です。検査に現れない病気の殆どは、気欠乏症が原因ですから、早目に感応丸「氣]を服用する事をお勧めします。
90粒 12,000円(税別)300粒 35,000円(税別)
第2類医薬品・除霊オイル・リキッド液各5mlサービス
詳細情報
#0000dd;font-weight:bold;" class="font-18">こんなときにお試しください。•ストレスがつづいて食欲がない•緊張がつづくと下痢しやすい•不安や緊張でどきどきする•旅行先で気分が悪い時の気つけ•朝起きられない時の気つけ
製品特長 精選した麝香、牛黄等の7種の動植物生薬と、熊胆の主要成分であるウルソデオキシコール酸を配合した製剤で、気つけ、息切れ、どうき、胃腸虚弱、消化不良、下痢にすぐれた効きめを現します。
成分 主な作用
麝香:麝香鹿の腺分泌物で、呼吸機能を高め、強心効果を現します。
牛黄:牛の胆のう中にごくまれに発見される褐色の小球塊で、心臓の拍動を強めます。
人参:薬用人参の根を乾燥したもので、強壮作用により気力を高め、健胃、消化、整腸作用等を現します。
沈香:ジンチョウゲ科の常緑高木の木部に樹脂が沈着した部分を採取したもので、芳香があり、気を整える作用があります。

脳活性

脳の働きを正常に戻す
悪いエネルギーが脳内に留まり、古い血液や酸素不足によってモヤモヤしたり、時にはイライラしたり、常に頭痛がし、正常な判断が出来なく、何をやってもうまくいかず、甘い物が食べたくなり、不眠で便は黒く悪臭がし、顔はほてるが手足腰が冷える人。慢性のうつ病や登校拒否症候群や引き込みパニック障害等前頭葉に気と血液の巡りが悪い人の体質改善薬です。第3類医薬品48カプセル 9,800円 (税別)216カプセル 40,500円(税別) 除霊オイル・リキッド液各5mlサービス
詳細情報
こんなときにお試しください •疲れて頭がボーッとしてやる気が出ない•疲れて集中力が長つづきしない•疲れがたまってくるとなかなか思い出せない•疲れてくると、物を何処にしまったか忘れやすくなってしまう•疲れやすく家事が思うようにすすまない
製品特長 古来、強壮薬として用いられてきた紅参を高単位(1日量:原生薬換算3,300mg)に配合し、さらに、動物性生薬の羚羊角や植物性生薬の沈香、遠志、サフランなどを配合し、すぐれた効きめを発揮します。
成分;4カプセル中、次の成分を含みます。
成分 分量 羚羊角(レイヨウカク)末100mg
沈香(ジンコウ)10mg
遠志(オンジ)乾燥エキス30mg[(日局)遠志285mgに相当]
サフラン末90mg
紅参(コウジン)乾燥エキス330mg[(日局)コウジン3,300mgに相当]



病気の原因は四つの世界にある

治らない病気という病気はあるものでない。どんな病気でも治す治療力が体内から出てくるものである。病気の原因は四つの世界にある。原因が消えて病気は治るものである。 医学では病気の原因を内因、外因の二つに大別しているが、詳細に考察してみると、内因のない外因のない外因というものはあるものではない。そうしてみると、病気というものは自分が生産するのである。 病気の生産工場は潜在意識の中にあるのである。潜在意識とは、肉体と連絡するものであるが、肉体は感覚的に潜在意識がどんなものか感知しない。 細菌というものは肉体の外部に在るものだが、肉体に近づくと弱って、体内に繁殖する機能を弱める。その細菌を体内に迎えて繁殖させる者は、自分の潜在意識である。
潜在意識
「人間の思想行動というもの(換言すれば意識活動というもの)は、無意識的に即ち潜在意識に条件づけられている」とは、今日の進歩した新心理学上の原則である。 意識的活動ばかしでない。われわれに苦痛や死をもたらす病気というものも、潜在意識に条件づけられているのである。ある病気は遺伝だといわれる。しかし遺伝なるものも打ち消してしまう力が、われわれの体内には潜んでいる。遺伝学者は、細胞核に遺伝の素因があるというが、細胞核というものに革命を来らす力の秘密が人間には潜んでいるのである。 

潜在意識

脳髄の中心なる松果腺が、発光発電作用をおこすと、その力は脳細胞核に衝撃を与える。そのため脳細胞核は巨大な力に目覚めて収縮し、分子を引き寄せて、新たな脳細胞を無数に作り出し、頭脳の活動を目覚めさせるのである。 その力は、長短一切の神経を伝って、内分泌腺に伝達され、内分泌腺の活動を目覚めさせて、あらゆる疾病を駆除し、ひいて全身細胞にその力が波及し、細胞全体を磁化して、その配列を正してしまう。この肉体革命で遺伝素因も一切の病原も消えてなくなってしますのである。 さて、前に戻って、病気の潜在意識的条件ということを簡単に理解してみなければならない。 潜在意識は、体内から時空的に対外に広がっていく奇態なものである。体内にある潜在意識は大別して三つに考えてみる事ができる。体内にあるから、潜在意識体と言って良かろうが、一をアストラル体といい、二をメンタル体という。もう一つは体といってよいか、というべきものであるか、不可思議千万なもので、心臓の内奥(右の上)にかくれている。

潜在意識

意識活動
この第四の体又は光というのは、原子のように小さいが、展開すると肉体全体を支配するばかしでなく、地球よりも大きく、大空よりも大きく、物質宇宙よりも大きく意識活動を拡大し、支配力を揮うものだと、偉大な文献チャンドギャー、ウパニシャドに記してある。 この本は遠い昔、大医聖によって書かれた聖典である。これを大霊原子と言って、これこそが真の自我であると古の聖者たちは教えた。これは病気にはならないで、病気に超越する絶対者である。病気の原因をつくるのは、アストラ体、メンタル体であって、肉体はこの二体の外層をなす有機的物質である
さて、アストラル体とメンタル体を肉体につなぐ中間体のエーテル体なるものがあって、アストラル、メンタル体に病理があると、エーテル体に流れている宇宙エネルギーの四次元通路に、よどみや破れが出来る。それが肉体に現れて病気になるのである。 以上二体とも四次元世界の存在で、三次元的理論では理解ができないから、これを潜在意識という。 鍼灸は、エーテル体の中のエネルギーの流動停滞に刺激を与えて病理を治す東洋医聖の発見であるが、アストラル体、メンタル体には感応がない。 アストラル体、メンタル体といえば、話がむづかしくなるが、分かりやすく言うと、情緒と理性の働きをするものである。だから病気の原因というんものは、調和秩序を失った情緒、理性の中にあるということになる。但し、アストラル体には心霊性質(サイキック)があって病理を造る。 アストラル体も、メンタル体も調和がとれて正しく美しいものになると、肉体から離れて、空間をかけり、情緒的又は意識的にすばらしいものを見、又は学ぶことが出来るもので、それが出来ると、大学の学問なんかというものは、何を学ぼうと、幼稚園に等しい程度のものになる。
三昧
高い所から落ちて大怪我をしたとか、汽車が衝突して即死したとかいう出来事は、外因による不幸だと常識判断に終わるが、もっと深く考えて見ると、潜在的なメンタル体、アストラル体に内因がある。
 その説明にラーマクリシュナの言葉を引用してみよう。・・・・・・「汽船の一乗客が三昧に入っていると、激浪怒涛もその船を転覆させることが出来ず、敵の砲弾もその船には命中しない。」三昧に入っていれば、肉体もアストラル体もメンタル体も叶わぬ支配力を現すからである。支配主は誰かというと、真の自己自身、即ち光のような自己である。である。

潜在意識

繰り返していうが、病気というものは、潜在意識的不調和が無秩序に原因していることをよく心得て欲しい。次にもう一つ考えるべきことがある。それは人間磁性の不均衡は病気とその苦痛になるという事である。生物は何でも磁性をもっている。一個のリンゴをガルバーニー器で試してみると、確かに陰陽を帯びている事が分かるから、磁性があるという事になる。人体も心もそうである。人体の磁性には12種類ある。 十二種類の人体磁性は食物元素22種類の中から、磁力の陰陽となるものを選り分ける。陰陽が調和しておれば健康であるが、陰の原素はすぐ消化吸収されて多すぎるから、誰でも自分に適した陽原素を含む食物をより多く摂らなくてはならない。病気の苦痛というものは、身体磁性の不平均を知らせる自然の警告である。 以上の外に病気の原因があるとすれば、それは空気、日光、水、肉体の運動、睡眠、食べ物等が健康条件に叛いている場合である。病気が何であっても、結局全て共通的な第一原因は、心が否定的になることである。

細胞

血液が酸性化
否定的というのは、消極、反逆、不調和、破壊の陰性である。心配すること、失望すること、敵視すること、恐れること、恨む事がネガティヴの主要要素である。こういう気持ちになると、理性も感情も引きずられて否定的になる。すると、細胞核は、ゆるみ、内分泌腺は適切に各種ホルモンも分泌しなくなり、ために体内毒素が消えず、血液が酸化する。こうなると肉体は、磁性の平均を失って様々な病気の製造工場になる。
「過ぎし日の 憂い悩みを 払い去り
            心安らけき 今ぞ神なる」
 「神は永遠の今」である。永遠の宇宙大法則は、平静調和の心定まった、今現れて、われらの渦も病気も根こそぎにするものである。昨日のことも。明日のことも心配はない。今心配、恨み、怒り、失望を捨ててしまって、心なごみ、自ら足るを知れば、万能のお力は我が内に光明の健全なお働きを起こして下さる。結局、一切の病気を治す力は、我が内から現れるのである。

MRE輝源が

PageTop