更年期障害|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。■こんな方に、こんな時に
・顔はほてるが手足や腰は冷える
・疲れが抜けず、根気がない
・夜中にトイレに起き、熟睡できず疲れが取れない
・だるくてやる気が起きない
・長時間パソコンを使ったり、新聞を読んでいると疲れがたまる

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

更年期障害

更年期のことを知りましょう

複方霊黄参丸拡大表示

更年期とは、女性ならだれもが迎える閉経を挟んだ前後5年くらいのことをいいます。個人差はありますが、日本人の場合、だいたい45歳から55歳の間を指すことが多いようです。女性のからだは妊娠と出産を成立させるために思春期になると女性ホルモンの分泌が急激に増加しますが、更年期に入ると視床下部、下垂体、卵巣、その他の内分泌に関係のある臓器の老化現象によりホルモンの不調和が起こります。このホルモン分泌のアンバランスが、のぼせやほてり、動悸(どうき)などの更年期障害と呼ばれるさまざまな症状を引き起こす原因になるのです。さらに、このような生理的変化と同時に、子どもの独立や親の介護といった生活環境の変化も多い時期であるために、心理的な問題も大きく影響して症状が重くなったり、うつなどの精神症状を引き起こすこともあります。

閉経と自律神経失調症

ヒーリング拡大表示

根本から治すには「自律神経の調整」が必要です。思春期以降、周期的に月経を起こす女性の生理機能にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが関与していて、その分泌は脳でコントロールされています。脳の視床下部から分泌されるゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)放出ホルモンが下垂体からのゴナドトロピン分泌を促し、さらにゴナドトロピンが卵巣を刺激して女性ホルモンの分泌を促すという仕組みになっています。
詳細情報
ただし、この仕組みには独自の調節機能が備わっていて、女性ホルモンの分泌が十分になれば、その情報が脳に伝わりゴナドトロピンなどの分泌がストップします。逆に女性ホルモンの分泌が減少すればこれを増やそうと脳ではゴナドトロピンなどを分泌し続けます。ところが閉経を迎えると、ゴナドトロピンの刺激を受けても卵巣機能が低下しているため女性ホルモンは十分に分泌されません。そのため、視床下部や下垂体はホルモンの分泌を増やそうとしてさらに働き続けてオーバーワーク状態になります。これが原因で同じく視床下部によって支配されている自律神経系のバランスにも悪影響を及ぼすことになります。つまり、卵巣機能の低下による更年期障害は自律神経失調症の症状と大部分がオーバーラップしているのです。

チップ拡大表示

本来、自律神経系は交感神経と副交感神経という二つの神経がバランスを取りながら心拍数や血圧、さらには体温調節や腸の動きに至るまでありとあらゆる機能を調整しています。例えば、ヒトが寒さを感じたときに末梢の血管を収縮させて体内の熱の発散を抑えようとするのは交感神経の働きであり、逆に暑いときに末梢の血管を拡張させて皮膚からの放熱を促そうとするのは副交感神経の働きです。
詳細情報
また、運動したときに汗をかいて皮膚を濡らし、その気化熱で皮膚温を下げようとするのは交感神経の働きによるものです。このような自律神経系の働きによってヒトは体温を一定に保つことができるのです。ところが、自律神経系のバランスが乱れると、暑くもないのに末梢血管が拡張して顔がほてる、のぼせる、逆に末梢血管が収縮して手足が冷えるといった症状が現れることがあります。また、突然汗をかく、何もしていないのに動悸(どうき)やめまいがする、などの症状もよく見られます。特に、夜中寝ているときに急にどうきがして気になり眠れなくなってしまうのはとても不快なものです。

オイル拡大表示

以前は、更年期は女性だけのものと考えられていましたが、最近では男性の更年期も注目を浴びています。更年期の症状は個人差が大きいため他人にはわかりづらいこともあって、理解されにくい病気です。
詳細情報

リーディング占い

リーディング拡大表示

リーディングとは、
人の感情の乱れや高ぶりの情報を読み取る能力の事なのですが、読み取ることは出来てもそれを修正する能力がなければ、単なる占いや手相見と同じで、相手に恐怖を与えるだけになるでしょう。その恐怖がストレスになりやがて潜在意識に深く刻まれて行きます。そうなると不安が不安を呼び、占いの看板に引き寄せられるようになり、精神不安症へと繋がって行くのです。
詳細情報
私(ナターヤーFUMI)が行う除霊リーディングは、読み取った情報を修正する除霊ヒーリングを行う事が出来るのです。また「仙人のプロ用除霊チップ」と「仙人の除霊プロ用オイル」を併用し、特殊な除霊ヒーリングを施す事により体を軽く伸び伸びする事が出来るのです。

更年期障害に関するサプリ&漢方薬

活命参拡大表示

活命参(かつめいさん)
のぼせ・ほてり ■商品特長(第2類医薬品)
1、古来、強壮薬の双璧とされてきた紅参ろ鹿茸に、同じく滋養強壮の妙薬として用いられてきた菟絲子(トシシ)と枸杞子(くこし)を配合することにより、日頃の健康管理、特に女性に見られる冷え、のぼせから中高年の肉体疲労まで幅広く活用できます。
2、1包1gとコンパクトな服用しやすい顆粒剤です。顆粒は溶けやすく作られていますので、生薬成分が速やかに吸収されます。

「女性専科」魔除けグッズ

1、女性専科 30g

女性専科拡大表示

2、女性専科 20g

女性専科拡大表示

3、女性専科 7g

女性専科拡大表示

詳細情報

奇跡の難病改善法

私達、生命体(人間・動物・植物他)は宇宙から降り注ぐ目に見えないエネルギーによって生かされています。もし、このエネルギーが何かのアクシデントにより遮断されたなら、間違いなく生命を維持する事は出来ません。

 この宇宙から降り注ぐエネルギーには、宇宙の巡行に合わせる為の振動も送られてきており、この振動数に狂いが生じると生命の維持は弱り、振動数の低下と共に死に近づいていきます。

 3歳児の振動数は1秒間に1兆回の振動で活性化されており、宇宙の意思ともつながっているのですが、段々とその意思は薄まり、人間界の都合の良い法則に流され少なくなっていきます。

 特に40才を過ぎる頃になりますと極端に少なくなりあらゆる病気の餌食になります。これは腸内細菌とも関連しており、振動数が低下するのに比例して悪玉菌有利の環境になるのです。理由はいろいろあるのですが、簡単に言えば、細胞や細胞の中の分子にゴミが溜まり起こるという事です。

 これらの原因によって病気になった場合一番に考える事は免疫力を高める事でしょう。この免疫力を高める為に良いと言われている漢方薬やサプリは山の様に市販されていますが、本当に効果があり治っているのでしょうか?治っており、満足している方には、このページに興味を示す必要はなく、今までの治療法を実践すれば良いでしょう。 
 しかし、私は40年以上医療に携わっており、医学が進んだという割には病気は減っていません。というより、増えている現状を鑑みた場合、どこかおかしいと思っているのです。

 うつ病やアトピーや統合失調症や癌などは増えており、全然治っていないではないかと不信感が募っている時に台湾北投石の原末に出会ったのです。

続きは
■「生命の玉とクリーム
■「癒しの森湯布院」ブログ

PageTop