ヒステリー球・神経症|気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。◆喉に何かつまっている感じ/喉に何かがひっかかっている感じ/喉に塊りがある感じ

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

2、ヒステリー球・神経症・自律神経失調症

◆喉に何かつまっている感じ/喉に何かがひっかかっている感じ/喉に塊りがある感じ
◆喉が塞がる感じ
◆喉の奥がはれている感じ
◆喉がイガイガする
◆胸がつかえる感じ
 

ヒステリー拡大表示

上記のような症状の方は、器官や臓器の病気ではなく「氣」の病気なのです。気を発散させるだけの気が少ない為に、気を必要とする脳内に、気を送ろうとする自己防衛の為の症状なのです。脳に異常をきたせば、身体全ての機能に狂いが生じます。それを防ぐための自己防衛作用なのです。
詳細情報
根本から改善する方法は「難病治しの極意」

ナターヤ

ヒステリー球・神経衰弱
咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは、咽喉頭部や食道の狭窄感、異物感、不快感などを訴えるが検査値の異常や器質的病変がみられないものをいう。耳鼻科領域では、咽喉頭異常感症と呼ばれるが、内科領域で「ヒステリー球」(英:Globus hystericus、あるいはヒステリー球症候群(英:Globus syndrome))と呼称される疾患と概念的に同じものである。他に「咽喉頭食道異常感症」、「咽喉頭神経症」と呼称される場合があり、また、東洋医学・漢方医学的な「梅核気(ばいかくき)」、「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」の疾患概念とも重なる■仙骨の重要性仙人ヒーリング

詳細情報

自律神経のアンバランスやストレスが関係

 咽喉頭異常感症は、心身のストレスによる自律神経のアンバランスから起こると考えられています。更年期に多くみられる理由は、女性ホルモンの低下により自律神経が乱れやすい時期のため。それに加え、40〜50代は、仕事での役職や親の介護などが重なったりして、ストレスも多い年代です。
「精神的に行き詰まると、敏感なところに不快症状が現れるというのはよくあること。ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れて、交感神経が優位になることが多く、その結果、のどの過緊張や粘膜過敏の反応などが起こり、のどの違和感や圧迫感などの症状が出るのです。のどは、ストレスが現れやすい部分なのですね。最近、疲れやストレスがたまっていないかどうか、見直してみるといいかもしれません。 ■女性のあらゆる悩みは「女性専科」■仙骨の重要性

ヒステリー球の原因と治し方!

ヒーリング拡大表示

原因
1つは頸椎・脊髄周辺の筋肉の硬直や炎症、骨格の歪みによる神経信号の伝達が乱れていることです。 背骨の周辺には大事な神経が集中しております、周辺に異常があると正しい指令が脳から送られていないことになり不調をきたします。これは整体や鍼灸などで改善・予防することができます。ただ、腕のある治療家を探すのが大変です。 また、ストレスを感じると大腰筋が固くなり周辺の臓器へ影響を及ぼすので筋肉の面から治してくことも実は重要です。
うつ病と産後うつ
霊媒体質と除霊
詳細情報
2つめは腸の改善です。腸は第二の脳と呼ばれているくらい大事な器官で、自律神経が集中している場所でもあります。 女性に便秘と自律神経失調症が多いのは、関連性があります。こちらは食事療法が中心です。玄米採食を心がけることと、デトックスが大事です。 牛乳やヨーグルトも実は腸に負担をかけるのでデトックスにはなりません。■仙人のダイエット法(究極)

気功ヒーリングツボ療法の行い方!

ストレスやうつ病や精神疾患や認知症などの共通点は悪いエネルギーに血液が阻害されたために、頭の中の血流が悪くなっている事が原因です。もちろん活性酸素過多が原因の方もいますが、治し方は同じです。まず頭のてっぺんにある百会のツボとその周辺を活性化します。その次に重要なツボは眉間の真ん中にある印堂のツボです。次が神門のツボが共通します。百会と印堂は頭の司令塔である松果腺につながっていますので、頭の病気以外にもとても重要です。神門も神の門ですから松果腺の活性化に必要なツボです。

天使の杖

天使の杖(スティック)
ストレスやうつ病や精神疾患や認知症などの共通点は悪いエネルギーに血液が阻害されたために、頭の中の血流が悪くなっている事が原因です。もちろん活性酸素過多が原因の方もいますが、治し方は同じです。まず頭のてっぺんにある百会のツボとその周辺を活性化します。その次に重要なツボは眉間の真ん中にある印堂のツボです。次が神門のツボが共通します。百会と印堂は頭の司令塔である松果腺につながっていますので、頭の病気以外にもとても重要です。神門も神の門ですから松果腺の活性化に必要なツボです。■パワーオブジェクトの秘密
詳細情報

除霊ヒーリングオイル

オイル拡大表示

30ml(ポリ投薬瓶入り)
天使のスティックで擦(こす)ると、擦ったところが紫色になる方がいますが、このオイルを塗ると消え去ってしまいます。紫色や黒ずんだ色がでる原因は、長年蓄積された悪いエネルギー(邪気)でありますので、奥から表に浮き上がらせるか、血液や汗や尿や大便に吸収させ外に出す必要があります。■気になるところに塗るだけでもOKです。

オイル拡大表示

皮膚の色が変わる場合は比較的表側(皮下)に蓄積した場合が多いので、体表から出す事が出来ます。主に皮膚病や関節の痛みやシミの方に見受けられます。その奥の体内に溜まった物は、内臓疾患や癌や血液の病気の場合が多いので、気長くスティック療法が必要な事が多く見受けられます。例え体表に変化が無くても、間違いなく体内の氣も血液も水も刺激を受け巡行が良くなりますので、汗やおしっこや大便から排出されます。成分の全てを発表する事は出来ませんが、痛みを取り去るサソリやコブラや悪いエネルギーを外に排出する薬草やライオンの生の手首などを入れて長期間シバ神のエネルギーが充満する大きな壺の中で熟成しています。例えばアロエやヨモギなどは毒だしの為の成分であります。が、これらとは違う次元の悪いエネルギー(邪気や悪霊)を排出するのです。

詳細情報
30ml(ポリ投薬容器)6,000円(税・送料込み)です。沈殿していますので、良く振ってお使いください。沈殿は薬草やオイルとの比重差ですから問題はありません。また、たまに薬草のカスが入っている場合がありますが、手作りの為ご理解下さい。注文は「お問合せフォーム」よりお願いします。


基本の三穴

百会(ひゃくえ)のツボ:自律神経の乱れを整え、全身の血行を促進
印堂(いんどう)のツボ:肩凝りや頭痛、自律神経失調症の緩和
神門(しんもん)のツボ:自律神経を活性化する
その他のツボ
顖会(しんえ)のツボ:脳貧血によるめまい、立ちくらみ、のぼせ、鼻血などに効果があります。
合谷(ごうこく)のツボ:自律神経を正常化ストレス解消
気海(きかい)のツボ:気の流れをスムーズにして、基礎代謝を上げるツボ。
命門(めいもん)のツボ:命門は腎の陽気を蓄えるところであり、腎の陽気はまた元陽とも言い、生命の元動力です
巨闕(こけつ)のツボ:イライラを鎮めるツボ
壇中(だんちゅう)のツボ:胸苦しさなど、胸のさまざまな不調にも効果があります。気の詰まりをを解消
腎愈(じんゆ)のツボ:冷えのぼせ、むくみ、腰痛、頻尿、不眠、 ...
湧泉(ゆうせん)のツボ:生命エネルギーがコンコンと湧くという
身柱(しんちゅう)のツボ:身体の柱となるツボです。 むかしから、神経のたかぶりをおさえるツボとして用いられてきました。 いまでいうストレスや更年期障害、さらにいえば、ウツ症状にも効果があると言われています。

エンジェルスティック療法

ツボの周辺(邪気が溜まりやすい場所)を杖(スティック)の丸い方で何度も上から下に、中から外に向かって赤くなるまでこすります。こすれば、擦るほど体内に溜まった邪気を追い出す事は出来ますが、皮膚が傷つくほどの強い力でなく、45度位の角度で、押さえながら引っ張る要領で行います。また、丸い方でツボに指圧する要領で押し込んでも良いです。慣れてきたら尖った方をツボに当て氣を送って下さい。ツボをとらえたらビリビリしたり電気が走る感触が指先に伝わってきますので、10〜20秒氣を送って下さい。それが終わったら除霊ヒーリングオイルを塗り込むとより効果的です。または、除霊ミラクルオイルを塗って完全に浄化して下さい。擦(こす)ると吹き出る(時に紫や黒色)汚れた淀んで停滞したエネルギーが病気の原因なのです。
と一緒に、必ずお読みください。精神的疾患の考え方、治し方は類似する部分が殆どですので、重複する部分は省いていますので、必ず対と思って下さい。■パワーオブジェクトの秘密

除霊ミラクル3点セット

低分子MRE輝源

輝源


詳細情報

活性型オイスター

オイスター


詳細情報

救心 感応丸 氣

感応丸

詳細情報

魔除け女性専科瞑想グッズ

1、女性専科玉30g

女性専科玉拡大表示

2、女性専科玉20g

女性玉拡大表示

3、女性専科玉7g

女性玉拡大表示

詳しい説明は、「魔除け女性専科」(インカ帝国)を参考にして下さい。■パワーオブジェクトの秘密

奇跡の難病改善法!

私達、生命体(人間・動物・植物他)は宇宙から降り注ぐ目に見えないエネルギーによって生かされています。もし、このエネルギーが何かのアクシデントにより遮断されたなら、間違いなく生命を維持する事は出来ません。

 この宇宙から降り注ぐエネルギーには、宇宙の巡行に合わせる為の振動も送られてきており、この振動数に狂いが生じると生命の維持は弱り、振動数の低下と共に死に近づいていきます。

 3歳児の振動数は1秒間に1兆回の振動で活性化されており、宇宙の意思ともつながっているのですが、段々とその意思は薄まり、人間界の都合の良い法則に流され少なくなっていきます。

 特に40才を過ぎる頃になりますと極端に少なくなりあらゆる病気の餌食になります。これは腸内細菌とも関連しており、振動数が低下するのに比例して悪玉菌有利の環境になるのです。理由はいろいろあるのですが、簡単に言えば、細胞や細胞の中の分子にゴミが溜まり起こるという事です。

 これらの原因によって病気になった場合一番に考える事は免疫力を高める事でしょう。この免疫力を高める為に良いと言われている漢方薬やサプリは山の様に市販されていますが、本当に効果があり治っているのでしょうか?治っており、満足している方には、このページに興味を示す必要はなく、今までの治療法を実践すれば良いでしょう。 
 しかし、私は40年以上医療に携わっており、医学が進んだという割には病気は減っていません。というより、増えている現状を鑑みた場合、どこかおかしいと思っているのです。

 うつ病やアトピーや統合失調症や癌などは増えており、全然治っていないではないかと不信感が募っている時に台湾北投石の原末に出会ったのです。

続きは「■生命の玉とクリーム
■「癒しの森湯布院」ブログ■仙骨の重要性根本から改善する方法は

PageTop