仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年08月28日 [除霊]

NO293・・・宇宙と人間の三蜜

脳脊髄中枢神経を正常に戻すと神の力において正常にな体に戻すことが出来る。この脳脊髄中枢神経を本来の姿に戻すには、正しい瞑想を行うことが重要であり、この瞑想(座禅=ヨガ)で松果体が活性化され脊髄がまっすぐになることが実証された。ある人は30年前に事故を起こし腰椎の骨を金属板で固定されて以来、毎夜数回寝返りを打たなければ痛みで目が覚める生活を送っていたが、正しい瞑想を行うことで30年ぶりに改善された。

 それだけではなく、精髄の周囲の筋肉は緩み1cmほど突起ていた骨も正常値に戻された。恐るべき結果であり、神はあらゆることが可能であるという事が現実に起こったのであります。それだけでなく、夜間排尿も改善される奇跡が起こったのであります。神は万能!である事実を目の当たりに見せられた満月行であったのです。この体験者は、蜜殿で毎週5回の瞑想を行った結果なのです。

本題
 宇宙のエネルギーは、三蜜の法則で活動して、神の目的と経を執行している。人間の体内にも、三蜜の法則が様々な方法で行われ、その完全な法則を活動させると、人間は神たるの体験へと進んでいく。人体内三蜜の法則の中、最も大きな働きをするものは、脳脊髄中央神経である。

 脊髄内には、宇宙線の三通路がある。中央にあるのをスシウムナといい、左側のをイダといい、右側のをピンガラという。呼吸をすれば、空気が鼻から肺臓の中に流れ入り、空気中の酸素が燃焼して血液を浄化し、燃えカスの炭素を吐き出す。ところで自分たちは、呼吸にしょって、酸素をとっているばかりでない。

 左右鼻孔の奥には、扉付きの小さな門があって、一呼吸ごとに、その扉が開き、門が交替に開閉されて、宇宙線を吸い入れている。右から流れ込む宇宙線は身体を暖めて昂奮作用を司り、左から流れ込むのは身体を冷やし、沈静作用を司っている。だからイダを月の軌道という。ピンガラを太陽の軌道という。

続きはコチラ


PageTop