大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2019年03月15日 [Default]

インド神話と病気

インドの神に真っ黒の色をしたカーリー神という女神様がいる。インドで一番人気がある神はシバ神でシバ神の嫁がカーリー神であり、カーリー神はシバ神と交わる事によりシャクティーと呼ばれるエネルギーを授かり、地獄界の一つである暗黒界(アスラー界)の魔物を退治するわけであるが、これを作り話の神話とだけで片付けるのでは無く、病気治しのヒントにしなければならない。
この世は大きく分けると黒と白で区別され、善人を白で現し良い人と区別する傾向がある。これが場合によっては人種差別になるわけでありますが、カーリー神は黒色で悪人であるのであるが、本来は善人である。人間も同じではないだろうか?普段は善人の人が、何か事が起こると悪人もなる。この時のカーリー伸はアスラー界(悪い神の世界)に住む悪神を退治するように神々から懇願されたゆえに、悪人に化身した仮の悪神であります。

 アスラー界を遠くの世界に見ると頭は混乱し、迷信で片付けてしまうのであるが、悪人と善人は自分の精神と肉体の中にも混在して拮抗を保っているので、精神がストレスで困憊すると、善のエネルギーが消耗し、一時的に悪のエネルギーが強くなる。また怒りや心配事が重なるとやはり、善のエネルギーは消耗する


PageTop