大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年08月19日 [Default]

NO999・・・嘘か誠か

神秘の世界には、嘘と誠が混在しており、神の世界を詮索しても事実は誰にもわからない。もし人類滅亡の時がやってきて、一部の人の魂(DNA)が違う惑星に向かうなら、どこかに集合する場所が決められているかも知れない。地球が滅亡するときは、全ての物質が無になるはずだから、すべての物質は大気圏外に放り出されるだろう。

 もし仮定で考えるなら、死後の魂は集合場所に行ける魂と行けない魂に分類されるなら、どのような査定で行われるのか?そして火の玉の中に封じ込められたDNAは大気圏外から宇宙を彷徨い何処に向かうのか?ノアの箱舟を何を暗示していたのか?どちらにしても、名誉や地位やお金はあの世に持って行くことは出来ない。

 しかし、向上した魂は来世に引き継がれると仮定したなら、豪邸に投資するのではなく、魂の向上にも投資すべきではなかろうか?明日もわからない時代に生かされている時代に合う、分散投資と言うやり方もある。金と土地と預金に3分の1ずつ投資する方法に知識を加えた投資を考えたらどうだろうか?3つは無になる可能性はあるが、頭の中に蓄えた知識は誰も奪う事は出来ないし来世に引き継ぐ事が出来るからであります。

これを考えて欲しいゆえに、少し脅しのニュースを掲載します。「いつまでもあると思うな、親と金」です。

■新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

(CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。

「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」

続きは癒しの森湯布院ブログ


PageTop