大分県宇佐市の気功療法ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年02月05日 [Default]

魔除けと玉

魔が射すと言う言葉や魔が入ったと言う言葉がある。普段では考えられない行動や怒りに狂った言葉や間違った決断を行ったときなどに使われる言葉であろう。体調が良いときは正しい決断が出来ても体調を崩すと魔が入りやすい。

 また欲が強くなったり、ライバル心で何が何でも負けたくない時、焦ると、心にスキが出来るともいう。このスキが曲者で魔は常に心にスキが出来るのを待っているのである。人間だれしも善と悪の二つの心を持っているので、ある時は善の人でも立場が変われば悪の心が持ち上がる。

 これでは、正常な決断は出来るものではない。人生を生きるうちには、何度も重要な決断をしなければならない事が多々ある。この時イライラしていたりしていては、正しい決断は出来なく、悪い方悪い方に向かうであろう。何故いつも登っている山で遭難するのか?考えられないと人はいう。普段はありえない現実が物語っているのであります。

 正しい決断を行うには、心にスキを作らず魔にスキを与えない事だと思う。その為には、常に前向きに未来に向かってプラス思考の意思を強くすることでありましょう。それが習慣として定着するまでは玉などの魔除けに頼るのも一つの方法だと思う次第です。

続きは、癒しの森湯布院


PageTop