氣功療法|気功療法や難病漢方相談は大分県湯布院町の仙人の健康相談室(医薬品販売業登録許可)へお任せ下さい。病の根源は氣の病からであり、ストレスの過多により気は消失します。気疲れ、氣苦労などで気が少なくなるとやる気が失せます。気をどうして引き込むかの勉強をしましょう。

漢方薬・火の儀式・除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法
写真で検索

氣功・インド聖者伝授のヒーリング

気功師になれても、ラジウムを知らなければヒーラーにはなれません!

ラジウム(自然放射線)の働き  まず、大事な事は細胞の中の核というのが遺伝子だということです。その遺伝子が、その細胞が最初に何になるかを決めるのです。遺伝子と言うのは、そう簡単に変化できません。遺伝子を変化せる事が出来るのは、この広い世界でも放射線だけなのです。放射線以外には、遺伝子を変化させるものはどこにもない。これが重要なのです。遺伝子は放射線しか動かせない事が最重要なのです。
 放射線が当たると、遺伝子が変化する、決定づけられるのです。万能細胞の状態から、決定された細胞になると、そこで、複雑な人間の体内の作用が働きます。まず指の細胞をつけれという決定は、意識が行うのです。ストレスからくる意識です。物を持とうとしたが、指がないので持てない。このストレスが「指をつくれ」という指示になって来るわけです。ので意識の力を強くするのが、私たちが行っている神の元に近づく修行と言う事になるでしょう。気功は訓練で誰でも気功師になれますが、意識は神の力ですから、神の修行をしなければ意識の力は強くなりません。それが気功師との違いなのです。癌を消せとの命令が、神がもたらせる意識(神の力)の力によって可能になるのです。が、受ける方が神(=ラジウム)を信じてないと難しい場合があるのです。一部(自然放射線VS人工放射線)111ページより抜粋

これがラジウム配合の奇跡を起こすパッドだ!

今までの医学常識を撃沈
 私たちは、何十年も電子レンジの電磁波や電気器具やスマホの電磁波・農薬の害・保存料の害・新薬の害・白砂糖やミルクの害など叫び続けて来ましたが、咽喉元過ぎれば何とやらで、一向に改善されることなく、益々得体の知れないコロナワクチンなどで生命絶望の危機を迎えています。これらは局所療法で、それにより遺伝子情報は乱され、傷つけれられ、体温は下がり健康を保つ事は難しい時代に局面しています。ゆえに治療法も弱アルカリ性体質などは遠い昔の治し方で今は遺伝子の修復以外ない所まで追い込まれています。そこでラジウムの普及をしなければならないのです。自分を助け人も助ける菩薩行が重要な時代を迎えているのです。

ゴッドヒーリングへの道

私、自称仙人は26歳で薬店を開業し、薬だけでは病気は治らない事を知り、カイロプラクティックやオステオパシー・琵琶の葉療法・整体・温灸療法とあらゆる治療法を勉強し、漢方薬と併用した病治しを試みたのですが、それでも納得できず、合氣道の大家であった藤平光一先生が主宰する氣の健康学院の在宅生として4年間学びました。この治療法は、間違いなく、今までのどの治療法より効果は素晴らしく、この療法を極めて行こうと思う心ともっと未知の治療法を学びたいと思う葛藤の末に神秘の国インドを求める事にしたのです。

センケンドラッグ拡大表示(別ウィンドウで開きます)

欲深い私は、その頃波動療法が真っ盛りであった時期でもあり、波動の測定器を数台購入しメーカー事に測定するのですが、測定値はまちまちで信用に値しない事に気づきました。現在を見ればわかりますが誰も波動を謳った治療院はありません。つまりオペレーターの資質で測るものであり、測定器は必要ないのではとの疑問も起こり、自分の境地を上げる為に精神世界を求めインドに渡ったのです。あれから18年やっと自分が納得できる治療と病治しが分かりかけたところです。

 難病やしつこく治らない病気の根源は邪気(霊障)である事に気がついたのです。当然この18年間は生徒に教えを授けながらあらゆる国を回り、あらゆる治療法を勉強しました。

簡単な気功療法なら短期間でマスターすることも可能です。

 ヒマラヤの5年間の修行でバラモン教の祭司の資格も頂きました。この祭司はキリスト教のプーリストと同じで、あらゆる霊障の災いを鎮めたり、結婚式や葬式や地鎮祭や護摩焚き等神の僕として執り行う事が出来る精神レベルに達した者に与えられる称号なのです。もちろんレベルは比べ物にならないかも知れませんが、佛陀ヒーリングやキリスト教ご開祖のジーザスヒーリング等も学びました。ですので、巷で云われている気功療法とは違う次元の治療法かも知れません。
主に祈りと手と体と思念を使い神のエネルギーを注ぎ込みます。簡単な気功療法でしたら、短期間でマスター出来るようにご指導しますので、病気治しと同時に始められ事をお勧めします。

病気とは気が病む事で発症する

ヒマラヤ拡大表示(別ウィンドウで開きます)

病気とは、氣の病と書きます。病気の原因は 氣・血・水から始まると東洋医学では体系されており、気が病むから、血液に変調をきたし、水の運行に影響を与える事から、氣が重要視されているのです。マイナスの言葉を吐けばマイナスのエネルギーが寄ってきますし、人を妬めば、妬みのエネルギーが寄ってきます。体を動かさないとエネルギーは発生しませんし、肉類を多く食すれば自分勝手な短気なエネルギーが多くなります。
悲しみの好きな人は悲しみのエネルギーが寄って来て精神不安を誘発するのです。死んだ人のエネルギーも鬼のエネルギーも畜生のエネルギーも永遠に消え去ることはなく、宇宙空間に漂っているのです、ですから、貴方が佛陀を思えば佛陀のエネルギーを引き寄せる事ができますし、ジーザスを思えばジーザスのエネルギーが寄ってくるのですが、高貴なエネルギー程微細で自分の心を鎮めて周波数を合わなければ引き寄せる事は出来ません。
反対に粗いエネルギーの動物霊や成仏出来ていない人のエネルギーは向こうから寄って来ます。貴方が病気や倒産や失恋や事故などで心が落ち込んでいる時に、善人の振りをして寄ってくるのが、悪霊や死人のエネルギーなのです。強欲な人には強欲だった成仏出来ない霊のエネルギーが寄って来ます。人の悪口を言う人には、生前中言い足りなかった霊の魂がもっと言えと近寄って来ます、自分が言いたかった事を、貴方の口を借りて囁くのです。

難病を治すという事は、悪い霊と縁を切る事です。

氣功療法拡大表示(別ウィンドウで開きます)

近寄れないように眩しい存在になる事です。信じられないかも知れませんが、「家政婦は見ていた、聞いていた」と同じで、貴方の考えや言葉を聞いている虫がいるのです。今日は「虫の居所が悪い」や、「腹の虫が収まらん」「虫の知らせ」などと言う言葉が昔から言われています。

写真はヒマラヤのシャーマンから教えを授かるナターヤFUMI(難病癒し処 お地蔵さん
昔の人のいう事は大概真実ですので、素直に耳を傾けた方が苦労の少ない人生を歩むことが出来ると思います。昔は電子顕微鏡もなかったので、腹の中にいる虫が何であるかは、明確には分からなかったのですが、どうも生まれた時から腹の中に虫がいる用だと感じていたのです。
虫の知らせとは、以心伝心見たいなもので、腸の中に住む微生物が頭の中にある松果体と以心伝心で繋がっており、意思も共有しているのです。その松果体は宇宙に彷徨う先祖の霊や高貴な人の霊とも以心伝心で繋がっており、そこに住む先祖霊から送られて来るようです。先祖霊や高貴な霊は私たちの守護霊であり、粗末にすると霊的なエネルギーは授かることは出来ません。ですから墓参りに行くことは自分の為であり、先祖の霊の為では無いと言う事です。

瞑想とは、それらの純粋な高貴なエネルギーを授かるために行うのです。

リシケシ拡大表示(別ウィンドウで開きます)

そろばん勘定だけで生きていますと、それらのエネルギーの存在さえ否定します。病気とは、それを気づかせるためのシグナルですから、それに気づき実行することが病気治しの秘訣なのです。
と言っても、いつ死ぬかも分からない病気にかかりますと、それどころではなく、心ここにあらずで、瞑想しろと言っても、頭の中は妄想が一杯で落ち着いて瞑想は出来ません。ゴッドヒーリングも参考にして下さい。
落ち着くとは、氣を氣の住処である丹田に落ち着かせる事です。病気の人の氣は住処を離れ夢遊病者のように大地に足をしっかり踏ん張ることができないので、気は頭に上がります。そうすると足は冷え、不眠症になりますます病気は悪化して妄想が始まるのです。
それを正常にするには、大量の氣を体内に入れ住処に安定させなければなりません、それを行うのが長期熟成醗酵した酵素「輝源」なのです。乳酸菌ではありません。酵素が無いと脳細胞を含む体の細胞の毒素を除去することは出来ません。病気を治すのは、漢方薬でも代替医療でもありません。ただ一つ微生物だけなのです。その微生物に私が祈りと氣エネルギーの力で貴方にあう微生物に進化させます。それを貴方が自分で出来るようになるのが、究極の病治しなのです。それが出来るようにご指導するのが、私の今生最後の仕事なのです。

仙人ヒーリングとは

ヒーリング拡大表示(別ウィンドウで開きます)

基本は、ヒーリングを行う前に仙人のミラクルチップ(仙人のラジウムバン)(D)を4か所に貼り行います。その後第三の目から火のエネルギーを注ぎ込み、前頭葉と後頭部に手を当て脳内の邪気を追い出し調整します。最後に胸の真ん中の胸腺に3本指を当て、右手を背中に当て火のエネルギーを全身と特に下半身に送り込み終わりです。症状にもよりますが10〜20分です。後はそのまま少し休憩して頂ければ、自分で治さなければと脳が思うようになるのです。このヒーリングはインドの聖者などが行う聖者ヒーリングと呼ばれている療法なのです。■自分で行う治療のラジウムバンの使い方は「除霊と難病の改善法」をお読み下さい。
詳細情報
■行う事は、ヒーラー養成塾と同じで伝授はなくプージャと全身調整と脳波の調整のヒーリングが主になります。これを行う事によって軽い肉体の病気は一回で治ります。

■最初に心身と肉体のアンバランスを整えるために第三の目から火のエネルギーを注ぎ込み体温を上昇させたあと、額(’前頭葉)と後頭骨(延髄)に手を当て脳内の調整を行い、最後に胸(胸腺)と背中に手を当て、全身と下半身に氣を巡らせます。これで15〜20分で終わりです。後はミラクルチップが続きをしていら頂けますので30分ほど大地の上に寝ていれば自動的に悪いエネルギーを排出し、地中からラジウムを吸い上げてくれます。その体内に入ったラジウムが悪い細胞を消したり壊したり新しい細胞を創るだけの簡単療法です。ミラクルチップ(D)(13mm)には護符(神の絵柄)を入れていますので、まさしくゴッドヒーリングと呼ぶにふさわしい療法と思っています。
■護符はシバ神の憤怒の形ですから、ヒーリングは主に破壊と創造を司るシバ神=シルディーサイババのエネルギーを使います。

お地蔵さん拡大表示(別ウィンドウで開きます)

精神に関する病や難病・重症の方には、特殊な自然放射線(神のエネルギー)が出るスティックを用いて、 自然放射線(ラジウム)療法を行います。ラジウムの効能は次の様に言われています。「古くから注意力が必要な時に用いられたとされる岩石。 心の動揺を抑えて精神の鎮静化 を促し、平衡で安定した状態に保つ 働きがあると言われています。 乱れた感情のもつれを解き放ち、静かで平和な気持ちに導く力がある そうです。 内分泌腺の働きを活発にし、各種のホルモンを血液や体液内に スムーズに分泌するよう促す力があると言われています。
 
パワーオブジェクトの秘密■仙人ヒーリングとプージャ
詳細情報

自分を自分で癒す!自己ヒーリング

ラジウムは神か?ラジウムが細胞を修復する!
  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

各種ヒーリングステック
  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

  • 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

気功塾

気功師を目指す人は、自分の体内に溜まっている邪気を押し出さなければいけません。邪気を追い出すには神の正の強いエネルギーを入れる事が必要なのです。

 ヒーリングのエネルギーを得るにはインドではギリ派の御本尊でありますシバ神のエネルギーを使うと言われています。シバ神は破壊と創造を司る神様ですからヒーリングや気功には適している神様でもあります。シバ神は右手に宿るとも言われており、シバ派に属するサドゥーの右手には3本の線が描かれシバ神を讃えているのであります。

 ですので神の手であるグッズを握りシバ神のマントラを唱えます。これらを行うには伝授が必要なのですが、まだ初歩であり、気功師を目指すわけですから、伝授は必要ないと思いますが、伝授が無い人は自分や身内の気功治療に徹し、人の治療は行わない方が良いでしょう。

 世の中には飛んでもない霊障から来る病気の人もおり、そのような方に出会ったら一発で貴方のエネルギーは破壊されてしまいます。ですので守って頂ける師匠や大グルが必要なのです。

 この系譜をインドではグルパランパラと呼びます。つまり師匠がいて弟子がいてやがてはその弟子が出来てグルになりまたその弟子が出来るとなりますが、エネルギーの流れは大グルから順番に流れるし、反対に貴方がダメージを受けた場合は、貴方のグルが守ります。そのグルで手に負えない場合は師匠の師匠が面倒を見ますので、簡単には弟子を取らないのです。
弟子の不始末は師匠の不始末になり、その上の師匠からおしかりを受けるのです。これはヒーラーの世界の話ですから気功師を目指す人は参考程度に考えて頂ければ良いです。

 気功師で満足できなくなったら、貴方が好む師匠を探し伝授して頂き五大行をおこなえば良いのですから、この人だと言う師が見つかるまでは慌てない事が重要かも知れません。

 そして次にもっと強力な石をゲットします。気功石は数ある自然放射性物質から私が一つ一つ手に持ち氣が一番出る石を探しました。同じラジウムでもそれぞれには癖があります。癖と言うより特徴(波の高低と長さ)があるのです。微細な波長から荒い波長と何種類もあります。

 ゆえにメンタルを修正するのに得意な波長もあるし、肉体の臓器に良い波長もある様に氣を出すのに良い石もあるのです。テラヘルツ信号を出すにも人工のテラヘルツもあるし天然のテラヘルツもあるのです。

 余り表には出せませんが、高度なエネルギーを必要するヒーラー養成用にはラジウムも選びますがWTの頭骨の粉や牛黄・麝香などの動物生薬も加えます。

 これでラジウムのエネルギーが飛躍的に上がります。上級用には300〜400μシーベルトが必要と思っているところです。■パワーオブジェクトの秘密

お気軽にご相談ください。仙人の健康相談室

腹痛・お腹が痛い・頭痛・頭が痛い・体がかゆい・目がかゆい・まぶたがかゆい・胸が痛い・目が痛い・足がかゆい・足の裏がかゆい・手、指がかゆい・皮がむける・水ぶくれ、水疱・皮膚の湿疹、発疹・顔の湿疹、発疹・皮膚の乾燥・シミ・手の湿疹、発疹・頭皮の湿疹、発疹・耳のできもの・首のできもの・手のしびれ・指のしびれ・指先のしびれ・脇のできもの・目、まぶたのできもの・体、全身の痙攣・足のしびれ・体、全身のむくみ・目、まぶたのむくみ・リンパの腫れ・目、まぶたの腫れ・足のむくみ・顔のむくみ・首の腫れ・足の腫れ・下腹部のしこり・耳のしこり・視力の低下・目の充血・白目が赤い・首のしこり・脇のしこり・目がかすむ・物が二重に見える・耳が聞こえない・耳が聞こえにくい・耳鳴り・咳(せき)が出る・咳が止まらない・鼻水・鼻づまり・痰がでる・口の中が荒れる・高熱が出る・高熱が続く・倦怠感・だるい・ストレスを感じる・不安になる・微熱が続く・息切れがする・呼吸困難・無気力・やる気がでない・イライラする・眠れない・ずっと眠い・頻尿・トイレが近い・急な下痢・寝汗をかく・いびき・血尿・排尿時に痛みがある・不正出血・生理不順・生理がこない・性器が痛い・陰嚢が腫れる・陰部のかゆみ・陰部の痛み・おりものが多い・性器がかゆい・勃起不全・吐き気がする・嘔吐する・意識障害・食欲不振・言葉がでない・足が冷える・物忘れ・口臭がする・体臭がする・背骨が曲がる・足がつる・ゲップが止まらない・毛が抜ける・首が回らない・ラジウム療法・気功療法・ヒーリング・間質性肺炎・肺炎

PageTop