仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年03月03日

病気の原因(心)

心臓病

心は脈と神を蔵す

 心は脈を蔵す。その脈によって神の精神活動が営まれる。
心配しすぎると神が傷(やぶ)られる。何事にも恐怖を感じるようになる。ひどくなるとやせてくる。
心気が虚すと悲しみやすくなる。実するとよく笑うようになる。

 心の蔵する脈とは、血を全身に送る脈の事です。脈氣といっても良いと思います。また、血を全身に送る陽気(活動力)とも言えます。この陽気がしっかりしておれば、心の精神活動を現す神も正常です。

 
 心配しすぎると陽気が巡らなくなり、心身ともに変化を現します。逆に、何らかの原因で陽気が不足すると、悲しみやすくなります。

 心の陽気不足は胃が働かない時に起こります。脾臓・胃・小腸などを補うと良いでしょう。また、寒邪(寒い中に存在する悪い気)に傷(やぶ)られた時も陽気不足になります。この時の症状は悪寒が現れます。肺・心・膀胱などの経(気が流れる通路)を補います。

 胃が丈夫な人は、陽気過剰になり、心に熱がこもりやすくなります。赤ら顔で口が渇き動悸などの症状を現します。胃経を補って、余分な陽気を引き下ろします。

続きは。イヤシノモリユフイン

PageTop