仙人の健康相談室ブログ | 気功療法や難病漢方相談は大分県湯布院町の仙人の健康相談室(医薬品販売業登録許可)へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2022年07月05日 [聖者]

NO656・・・スワミとジョン

NO656・・・スワミとジョン
2022-06-25 | 聖者
 アシュラムでのスワミの日課は、マンディールのビッグババ像のステージの上に上がり、第三の目をババの足の親指に当ててからガーデンに向かい散歩をする。これが毎朝の日課であるのだが、ある日から毎朝、ジョン、ジョン、ジョンと呼ぶ声が聞かれ出した。犬でも飼ったのかなと見ていたら、大人の男が呼ばれている。カリフォルニアの有名なTVキャスターらしい。



 長期滞在しているアメリカ人の多くは、カリフォルニアの人々が多く、ワシントンやニューヨークなどの人は少ないようだ。珍しい存在では、一人のアラスカの漁師の好青年が来ていた。鮭の漁師らしい。この青年はアメリカ人にしては、良識のある青年で私達とは馬があっていた。アメリカ人は相対的にわがままな人が多い。長期滞在で不満が噴出し出したころ、スワミは奇妙な行をアメリカ人に与えた。



 これは、ドイツ人にも日本人にも与えずアメリカ人だけである。アメリカ人って人種は動物界に近いのか?性欲も強く、人の物を奪うDNAもあるようで、現実的に世界経済はアメリカが弱い国から奪う事によって成り立っているようだ。ロシアはアンドロサクソンと言って、アメリカやイギリスを目の敵にして、現実にウクライナに攻め込んだ。これはさておいて、性欲のはけ口かどうかは定かではないのだが、アメリカ人向けの行でタントリック行を始めたのである。



 タントリックには、性を現す場合とブラックエネルギーを指す二つの表現方法があるのであるが、今回のは性の方で、どのようにして相手を選んだのかはわからないが、数組のペアーがハンピに行く事になった。このペアーにアラスカの好青年も入っていたので、私たちが冷やかす度に好青年は顔を赤らめていた。相手は、カリフォルニアの美女である。



 一か月後アシュラムに戻った好青年の頬はやせこけ、やつれている。相手の女性は顔色も血色も良く、男のエネルギーを吸い取ったのがすぐに分かる。かわいそうな好青年にグッドかと聞いたら、ノーグッドだ二度と嫌だから帰国すると言って、それからは見ることはなかった。なかなかの苦行であるようだ。そのアメリカから来たジョンもやはり図々しい、いくらスワミにお墨付きをもらっても、皆の前では控えめにするのが普通であるが、このジョンは違った。



 まるで、スワミ気取りである。これ見よがしにババステージに上がり、ババの足の親指に第三の目を付けガーデンに向かう。まるでスワミである。これで止めとけば良いのに図に乗ってマンディールでスワミの真似をして説法を始めた。何も知らない男が本か何かで学んだのか?セミプロが混じるドイツ人やアメリカ人の長期滞在者達に向かって、喜色満面で説法を始めた。



 多分レベルの低い聞くに堪えがたい内容だったのだろう。我慢の限界に達したドイツ人の背の高いおばちゃん、がジョンに向かって毒を吐いた。上から見下ろすように、アメリカ人にしては、小柄なトム・クルーズ似のジョンに言った。私たちは、お前のつまらない説法を聞く為に、ここに来ているのではないのだ。きつ〜い一言であった。その後ジョンはみんなの視線から消えていなくなった。これは、日本人には出来ないドイツ民族の勝利であった。私たちも、多くの外人も同感で拍手喝采であった。

PageTop