仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年01月20日 [Default]

ネコ科動物の謎

ネコ科の動物で一番なじみがある動物に家猫がおり飼う人に癒しを与えます。そうなんですね。癒しを与えられるから飼うわけですが、癒しを与える動物には犬もいます。犬と猫の絶対的違いは、どちらも癒しを与える点では共通しているのですが、犬は人につき、猫は家につくと言われており、犬は飼い主に従順ですが猫は家を守っている点が違うのです。

 猫は鋭い爪を持ち木に登る事が出来るが犬は登る事は出来ません。ゆえに大地のエネルギーをつかむ事に関してはネコ科がすぐれているために、ネコ科の動物の爪(例外として熊)を使うのですが、犬の爪は使いません。そして猫科の動物は霊界(死後の世界=神の世界)と繋がっているために、霊界から来るエネルギーをキャッチする能力に長けています。

 猫が危険を察知すると歯をむき出し威嚇します。これは人間に対しても他の動物に対しても同じ行動をします。また人間に察知できない目に見えない物に対しても歯をむき出し怒ります。この人間に察知できないエネルギーが霊界から来る魔のエネルギーなのでしょうが、火を噴きだし威嚇すると言われているのです。

 この火は目に見える火ではなく、火のエネルギーの事であり、霊界から来る悪霊に対して行う行為であり、火で焼き殺そうとする行為になります。なら、この火のエネルギーの元は何かといえば爪から得る地のエネルギーになります。それも地の炭素という事になります。炭素と火の関係は日本刀を作る技術にも応用されているのです。

続きはコチラ

PageTop