仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年12月23日 [除霊]

NO351・・・癌とイベルメクチン

 コロナウイルスに寄生虫をやっつけるイベルメクチンが効果が出ているという。ある人は連続2回投与すれば90%以上コロナウイルスに感染しないという。これらはアングラ情報も含まれているので、自己責任で調べてみて欲しい。イベルメクチンで検索すると癌に効果があるという記事に行き当たる。イベルメクチンは駆虫薬ではなく、寄生虫を阻止する薬剤で微生物からつくられている。

 寄生とは、なにか?・・・何かに寄生して生き延びる物体という事になる。なら寄生虫とは何かを考えなくてはならない。イベルメクチンの効果がある寄生虫とは何かを?追及していくと、腸内細菌の善玉菌に寄生するであろうという事がわかる。そうなれば当然腸内は悪玉菌に支配されるので、大腸と繋がっている肺に影響をもたらし、熱をコントロールすることも出来なくなり肺炎で死を迎えることになる。

 ガンはどうなのか?イベルメクチンが癌にも効果があるという事は、癌も何らかに寄生された病気という事になる。何に寄生するのか?考えられることは正常な細胞に寄生することが考えられる。また自然界をよく観察すると、寄生してできる霊芝にチャーガというシベリア霊芝や梅の木に寄生する梅寄生という霊芝がある。これは白樺の木や梅の木に寄生し木が枯れてしまうまで木の栄養素を奪い約10年で木は枯れてしまうという。

 また子が親に寄生することもある。年金生活の親が枯れてしまうまで吸い尽くすダニのような子もいる。ダニと言えば男が女に寄生し、枯れるまで吸い尽くす男がいるようである。これにイベルメクチンが効くかどうかはわからないがメカニズムは同じであろう。一回くっついたら相手が枯れるまで離さない。まったく厄介な寄生虫である。

参考:イベルメクチンと癌治療この記事は犬猫の事が書かれているが、人間を対象の病院も現れているようでありますので、調べる価値は十分あると思うところです。

■解毒茶と癌・自律神経失調症
 自律神経に関する病気には、精神に関する病気がほとんどである。うつ病・更年期障害・イライラ・不眠・体温調整がうまくいかない。やる気がでない。
などなどある。この自律神経に関する病気で悩む方5名に解毒茶の変法である自律神経調整茶をモニターしていただいたら全員から続けて飲みたいとの注文が舞い込んでいる。これをつくるきっかけはイベルメクチンであります。何かがある日突然何かに寄生したのが原因ではないかと推測した場合、この何かとは何か?・・・・現代医学では原因が不明であるので、検査ではわからない物質と言う事になる。

 物質でないという事はエネルギーという事になる。寄生とは正常なものに悪いものが寄生することをいうのなら、その正常なものとは何か?ガンなら正常な細胞であり、コロナなら正常な腸内細菌と言う事になる。なら自律神経を乱すものとは何か?これを考えたなら死後の世界(霊界)から送られてくるエネルギー以外ない事になる。そして正常な思考回路に寄生するという事になりはしないだろうか?

 寄生されたなら、寄生から逃れなくてはならない。これをどうするか?東洋医学では、類をもって類を駆逐する治し方がある。この場合の類は寄生虫や類する寄生であるので、自然界の寄生で活きている物質を使えば良いことになる。一つは白樺に寄生するチャーガなどが考えられるが、これは癌や腸内細菌と言う物質には有効であろうが、目にみえないエネルギーの寄生とは違うように思われる。

 思考回路に取り憑いたものをやっつけるにはどうするか?自分の思考を強くする以外なそうである。が、なれない。この状態から脱却させるのが自律神経調整茶と思っていただきたい。体力とやる気が復活すれば相手に負けない思考に向かうことが出来るであろう。

 値段は同じですから、注文方法は解毒茶の注文を行い。但し書きに「自律神経用」か「ガン用」であることを記載して下さい。但し癌の方は、最初にイベルメクチンを2回(病院に処方して頂く)服用して解毒茶を飲むことをお勧めします。

PageTop