仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2019年08月27日 [Default]

瞑想と敷物

質問:サンニャーシ―はなぜ瞑想のために鹿や虎の皮に座るのですか?
答え:これらの皮が瞑想に使われ、どんな志願者もそれらの上に座ることができる理由はたくさんあります。まず、皮膚は人間の動物性を表しています。したがって、肌に座っているということは、支配している動物の傾向を覆っているということを意味します。

第二に、サンニャーシ―は彼らがあらゆる種類の野生動物や昆虫にさらされていた森林で長時間の瞑想を実践していました。それは動物、ヘビ、サソリおよび他の生き物を防ぎ強力な香りを持っていたので、彼らは動物の皮に座った。

第三に、トラは非常に強力な動物です。見れば、その強力な磁気を感じるでしょう。皮膚は磁気の一部を保持しており、その上に座った場合、あなたは自動的にその電磁界に囲まれています。

第四に、長時間瞑想をしていると心拍数と循環器系が遅くなり、特に体の下部が冷えます。肌は断熱材として働き、体、特に下の部分を暖かく保ちます。

初心者は単純な布の上に座ることによって瞑想の練習を始めることができます、そして彼らが進歩し、練習の期間を伸ばすにつれて、彼らは鹿の皮を使うことができます。彼らは何時間も瞑想に座ることができると、彼らは虎皮を使用することができます。しかしインドでは伝統的に、ヨガを練習していない人は瞑想に草や布のマットを使い、ヨガの練習をしている世帯主は鹿の皮を使い、サンニャーシ―は虎の皮を使います。


仙人補足:虎の皮を使える条件が書かれています。長時間瞑想が出来る人と書かれています。ここが解脱行を行う人の条件にもなりますので、それらを考え座布団に張り付ける方法(缶の中の法物により、弊害をなくし効力を高める)を考案(シークレットで継承)しました。鹿皮・豹皮・ライオン皮・虎皮を使う方法や順番もありますので、将来解脱行に挑戦しようと思っている方は、私の指導の下に行うことをお勧めします。法則を間違えると時間の無駄になりますので見よう見まねで行わない事が重要です。全ては、法則の法の下で行われているのです。

関連記事

PageTop