仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年06月04日 [除霊]

NO255・・・人体内の宇宙探検(水星)

人体内の水星は、
 眉間の粘液腺に在る。この腺は前後二つに分かれて、共同の働きをし、青光、白光、紫黄光を放って、驚嘆的の働きを起こす。且つここは胸腺と直接連絡していて、胸腺が目覚めると、ここも目覚め出る。

 前部のは高い知力を起こし、後部のは慈愛心をおこす。その振動が高まると、エーテルの世界に遍(あまね)く振動している大師(超人・菩薩)の知識と波長が合うので、超人の知識を脳髄に伝達する。

 また天眼天耳の働きが起こって来る。こうなると経典「沈黙の声」に記される次の事が可能になる。「然る時、心臓より、火力(クンダリーニ)が興って、第六の天、即ち汝の眉間に登らん。力が一なる大霊の呼吸となれば(呼吸が長くなったらとの意)万有に満る声は汝の至上我の声なり、その時汝は空を歩き、風を卸し、波浪の上を行くとも水にぬるる事あらじ」(万有に満る声とは神の声とのこと)

 「面して自然は、汝の前にその秘密の扉をひらき、汝が見るに任せて、みづみづしきその懐(ふところ)の奥に隠るる宝を現さん。物質の手に遮(さえぎ)られることなく、自然は霊の眼にのみその宝を露(あらは)す。 霊の眼は閉じられるる事もなく、その前には隠される何物もあらず}


■宇宙探検に関係ある記事
世界中が大騒ぎ、最後の素粒子ヒッグス素粒子
現代科学の最先端→リュートリノ理論►ヒッグス素粒子です。ニュートリノの世界も右側は発見されたが左側は未だに未解明・・・。右側►見える世界 / 左側が見えない世界 植物の成分も極小の世界は微生物!で現代科学の素粒子・光子も微生物!

PageTop