仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年06月04日 [除霊]

NO236・・・あらゆる痛みに挑戦

■痛みの原因は冷えだった!
1,唯一北海道の上ノ国町からしか産出しない希少鉱物のグラファイトシリカが体の深部まで熱を運びます。
2,そのグラファイト、シリカをキネシオテープに練り込みました。
3,さらにラジウム鉱石と天然のテラヘルツ鉱石で細胞を活性化し熱を発生させるための玉を開発したのです。この玉は痛み専用ですから、ラジウム(10マイクロシーベルト以上)と天然のテラヘルツ以外は入れていません。
4,この3つの組み合わせにより細胞を活性化し、細胞に熱(遠赤外線効果)と振動(天然テラヘルツ)を与え、細胞内にたまった痛みの原因物質である毒素を分解除去(天然ラジウム鉱石)し、尿や大便や汗から体外に排出し痛みを取り去ります。
5,この毒素であるアクは、アルカリ性と思われアクが多い人は、汗によるカブレを起こすようです。
6,人間の皮膚は弱酸性の被膜でばい菌やウイルスから身を守っていますので、その酸性である被膜を分解すると皮膚が荒れます。
7,皮膚病の治療にステロイドや抗生物質が多用されますが、これらの新薬は外に出すのではなく、中に閉じ込める性質があるために一見治ったように思われますが、二次的には免疫力を低下させ、自分で治す力が段々と低下していくのです。
8,中に閉じ込められますと、これらの薬物は異物と判断され、正常な細胞は戦いを挑み、へとへとなり毒素を発生させることになります。これがアクですから外に出すにはこのアクは避けては通れないのです。
9,根治療法を行うには、毒素を外に追い出さなければなりませんので、一時的に皮膚が荒れたり下痢をしたりしても中断しては完全に治すことはできません。
10,痛みの原因物質も細胞内にたまった異物ですから、外に追い出す療法を行わなければ、永遠にイタチごっこなのです。
11,毒素が多い人は、テープがすぐにはがれる場合があります。これは毒素を出している証拠ですから、何度も張り替えて毒素を吸い出してください。
12,もし皮膚がかぶれたらサービス品のオイルを塗ってください。それと貼る場所を変えながら毒素を出さなければ根治は難しいことをご理解ください。
13,テープは長く使っても問題はありません。女性や皮膚の弱い方でテープでカブレる場合はめぐ流クリームに変えて下さい。しかし、グラファイト、シリカの配合量が少ないので効果が半減します。
14,サービス品のオイルはアトピーに効果を発揮する用に改良しながら試作しています。まだ完全ではありませんが、相当な効果が期待できるオイルです。モニター中であることをご了承下さい。

■詳しい説明は「あらゆる痛みに挑戦」をご覧ください。

自称仙人の私は、日本の生き神様の系譜を継承し、祭司として除霊とヒーラーの育成を行っています。

PageTop