仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2018年08月30日

難病の治し方!

難病の治し方!

難病ってなんですか?・・・難病とは。現代医学において治すことが難しい病気であり、それに対応する薬が無い事がまず一番に考えられます。また病気の部位が手術で取り除くことが出来ない場所に発症している。

大体こんなのものであると思いますが、薬がなければ治せないのなら、医者と言う職業は薬剤師とどこが違うのでしょうか?最近の医療はすべて検査任せで検査の数値において病名を見つけるのですから、触診も出来ないし舌の色も調べないどころか、最近は聴診器も当てる医者が少なくなっているように感じます。これではいずれAIにとって代わられるのではと、他人事ながら、いらぬ心配をしています。


現役の総理大臣を宣伝に使うべきではないのですが、国の難病に指定されている出血性大腸炎だったと思います。この病気の為に一回目の総理大臣は辞める事になったのですが、私はヒーリングで数名治していますし、別に難しい病気だと思った事はありません。

反対に大腸ですから、大腸内に住む仏性菌に気を送り、霊障菌を弱めれば治る病気です。難しく考えるから治らないのです。この病気の原因はストレス過多により腸の蠕動運動が弱り、霊障菌が好む環境になったので起こった簡単な病気と思います。

蠕動運動が弱るとセロトニンを十分作ることが出来なくなり、不眠症で睡眠不足になり免疫力が低下し、自分の病気を自分で治せないだけではないでしょうか?それにより蠕動運動で十分な酸素を供給出来ないので、酸素が必要な仏性菌は弱り、酸素を必要としない霊障菌に負けただけの非常にシンプルな難病です。


まあ〜大体こんなんものです。ですから、今までは、常識と言われる医療や栄養学で治らなかったのですから、世の中で非常識と言われる治療法を試したらと思うのです。例えば風邪を引いたら汗が出ます。汗が出ないなら汗を出す葛根湯を飲み、汗を出します。その汗は病原菌で一杯ですから、洗い流し下着を変えなければ、また毛穴から体内に戻ります。さあ〜貴方ならどうしますか?

大概の人は、体を拭きますよね。拭かない人も多く下着も変えない人がいます。これで治りますか?私は真冬でもシャワーで洗い流します。湯舟には浸かりません。湯舟に浸かると元の木阿弥です、自分が出したものが自分に戻って来るから同じなのです。


癒しと言って温泉に行きます。湯治と言って病治しに温泉に行きます。が良く考えて下さいよ。エイズの人と一緒になるかも知れませんよ。それで必ずしなければならないことは、上がり湯をかけるのではなくシャワーを浴びなければならないのです。が、多くの温泉は循環方式で湯をフィルターにかけ循環させて何度も何度も回して使いますが、ウイルスを通す粗い目のフィルターを使っていたなら、シャワーを浴びても同じ事になりはしないでしょうか?


温泉かけ流しなら被害も少ないでしょうが、癒しに行って病気をもらって帰るって事になるかも知れません。これも常識のウソですね。付け加えますが、安倍首相は長期醗酵熟成酵素の「輝源」を飲みながら何とか持ちこたえていますよ。業界では結構有名な話です。


もうこれでお分りでしょうが、難病と言っても怖がることはありません。新薬や病院で治らないから難病になっているだけです。どの難病であろうが奇病であろうが、ウイルスがもたらしたものですから、ウイルスに治らせたらよいのです。脳内に侵入したなら血液脳関門バリアを通過するウイルス(微生物)を送り込めばよいのです。


私が推奨する微生物は、ナノと言われる単位より100倍小さな分子の微生物です。これを飲んでも治らない病気があるのかと思うくらいです。ですので、霊障をやっつける漢方薬は補佐みたいなもので決して主役にはなり得ません。まして抗生物質などが主役になれるわけはないのです。これが理解できなければ、代替医療の看板は下ろさなければならないでしょう。


不妊症だってアトピー性の難治性の肌荒れだって3か月で効果が出ます。病気の根源はいろいろの酸性物質によって細胞が荒らされ、その残渣が細胞内に溜まったか、脳内に溜まったために起こるのですから、細胞内や脳まで入る事の出来る低分子の酵素で溶かせば良いだけです。その力が足りないときに、霊障菌をやっつける事の出来る漢方薬を併用すれば良いのです。


細胞内や脳内に溜まった残渣は霊障菌の餌になっていますので、餌を与えなければ霊障菌は死滅します。簡単なものです。何を難しく考えるのですか?ひどい病気なら一日200ml〜300ml飲めば大概の霊障菌は根を上げます。


最近の実例ですが、大腸がんで人工肛門を宣告された人が一日に500ml飲み2か月後には癌も消えた本当の話があります。もうひとつウソのような本当の話を披露します。私が教えている生徒さんが余命一日の人の身内の方に、ヒーリングを依頼され、行ったところは病院の集中治療室で、中に入れて頂けず、ガラス越しに気を送ったら元気になり、中に入れて頂き、医者に気が付かないように身内のふりををして「ばぁ〜ちゃん、ばぁ〜ちゃん、頑張りよえ〜と言いながら、何度も体に障っていたら、今にも止まりそうだった心臓が動き出し、死亡宣告を免れたそうです。それから無事退院でき2年後の今も健在だそうです。笑い話ですが、その時、死亡宣告の為、立ち会っていた医者は、自分が出した薬が効いたと思い、奇跡の生還を学会発表するそうです。これで博士号がとれたらお笑いですが、結構このような事がありますので、最後まであきらめてはいけません。

私が言いたいのは、長期間醗酵した醗酵微生物は神だから、微生物(輝源)で70〜80%改善しますので、あと足らない分を霊障取りの漢方薬かヒーリングで補えば、これ以上の治療法はないと思っています。


ひざ痛や腰痛や肩こりや頭痛などの痛みはエンジェルスティックの丸い方で、べっとりするところを擦って、擦って、擦って、患部が赤くなったり、紫色になるまで擦り、その後、尖った方を差せば良いだけで簡単なものです、自分一人でできます。背中は身内の人にして頂いて下さい。悪いところはびりびり電気が走り、人によっては痛いくらいの反応があります。反応とは悪い患部はプラスイオンでパンパンに一杯ですから、それをマイナスイオンの気を入れれば当然反応するでしょう。


腸内なら悪い霊障菌がプラスイオンを浴びており、仏性菌のマイナスイオンで消滅させるだけの非常にシンプルな治療法です。マイナスが勝つかプラスが勝つかの勝負です。霊障菌の味方は口から入る汚い空気であったり、淀んだ水であったり、腐りかけた肉や魚や野菜などなどです。いくら安いといっても腐りかけの肉を買ってはいけません。簡単です。



難しいのは思考回路です。マイナスの言葉は霊障菌の餌になりますプラスの言葉は仏性菌の餌になります。体を動かすと仏性菌が喜び、動かないと霊障菌が喜びます。忍耐と辛抱を行うと仏性菌が喜びます。さぼりや怠け者は霊障菌が喜びます。大ほら吹きの言葉は霊障菌が喜びます。人の悪口を言わない息は仏性菌が喜びます。ですから、仏性菌が喜ぶ息をしなければならないのです。


それを蓄えた人から出る息が神の息吹きです。聖者は息を第三の目に吹き込み松果体に住む神に届けます。ですから授かった人は神聖な氣を感じるのです。これも入魂の一つです。私の息ではなく、松果体に住む神に呼び水でなく、呼び息を送るのです。それで松果体が活動を始め神のエネルギーで満たすのです。


結果70%の援軍を送れば治る病気は「輝源」だけで大丈夫です。それ以上霊障菌に侵されている病気の方はメールでご相談下さい。貴方に合う霊障菌を退治する漢方薬をお選びします。軽い病気の方は治療所や病院やネットの漢方薬をお探しください。私仙人は、重症の病気や悟りを求める方々の霊障退治専門で行っています。

PageTop