仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2021年03月25日 [霊障]

NO191・・・春のイライラ

イライラと疲れ
 東洋医学は症状と症状、臓腑と臓腑など、その関連性を重視した「つながりの医学」です。季節の移ろいとともに活発になる五臓が決まっており、現れる症状も季節で変化します。春は「血を蔵す」肝に対応しているので、春を迎える前から血液ドロドロ、脳血管や心臓に持病がある場合、寒さが厳しい冬よりも、春の寒暖差の方が注意が必要です。

 五臓は気持ちとも対応しています。肝はイライラの季節です。血液がドロドロで思うように流れないと、摩擦熱のような血液が生じます。その血熱は肝で肝熱に進化して竜巻のような「風」となって上昇し、脳内に溜まります。

 すると肝熱でめまいを起こしたり、「頭がいっぱいいっぱい」で何も考えられない状態になったりします。その様な時は「平肝熄風薬・へいかんそくふうやく)」の羚羊角(レイヨウカク)の適応症状です。

 気持ちがイライラしている時、身体も渋滞している血液の流れにイライラしているものです。五月病のうつ状態は、イライラ疲れによるエネルギー不足も一因です。新年度のリセットは、血液のリセットから始めましょう。

PageTop