仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年12月30日 [気功]

NO113・・・聖者(スワミ)の教え

ヒーラー養成講座44(43からの続き)

 ある晩、私の生徒のタティアナはババ(シルディー・ババ)にプラナームをして、床にうつぶせになっていました。私はちょうど外へ出て行こうとしていたところだったのですが、彼女が見えなくて、もう少しで踏みそうになりました。

 彼女は完全にひれ伏していたので、私はそこに2分ほど立ち止まりました。その時、私は「見て下さい。西洋人の女性が来て、こんな風に床にひれ伏しているのですよ。彼女を祝福してあげて下さい」とお願いしました。

 そしてババの目を見つめながらエネルギーを見ていました。彼女は素晴らしい祝福を受け取りました。こういう繋がりを持つには、毎回いつも命令し、要求し、懇願し、お願いし、おだてなければなりません。どの瞬間も、何か意図を持っているべきなのです。

 これは非常に大切なことです。ババにプージャを行っている時というのは、ババをおだてて喜ばせているのです。唱えられる祈りはすべて「あなたは、こんなに偉大ですね。あんなに偉大ですね」とほめちぎっているのです。それがインドの伝統です。賢いやり方です。

■プラナームとは:両手を合わせて合唱するか、誰かの足(聖者など)に顔をつけて信仰心を示す行為 

PageTop