仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年12月03日 [気功]

NO085・・・骨と水とカリウム

恐竜などの化石に雨水が降り注ぎ化学反応を起こし、大地の栄養素(エネルギー)を作るのであるが、これだけでは十分ではない。大昔恐竜の世界があり、ある日絶滅した。何によって絶滅したかはウイルス説など諸説あるのであるが、恐らくは隕石によって絶滅したのであろう。

 隕石の主成分である、カリウム40が大地に埋もれた動物の骨と水に加わる事によって窒素が出来る。窒素・リン・カリが大地の三大栄養素であるので理解できると思うのであるが、大地に必要であるという事は、当然生物にも必要であると言う事である。

 人間を健康に保つ為には、自然界を良く観察し、仕組みを考えれば理解しやすいのであるが、二面性を持つ人間の脳は、時には悪の手先に騙され楽な道を選ぶ場合が多々にあるから厄介なものである。

 これが度重なって行くと体の中は悪が優先になり霊障の元を作り出すことになる。大地で言えばケガレ地と言われる大地の構成となる。これを改善すればイヤシロ地になるのであるが、それには、貝殻や魚の骨などを沢山入れ、カリウムを加われば良いことになる。

 が、これに微生物がいないと分解することはできない。ゆえにいくらサプリで健康を快復しようと思っても微生物なしでは出来ない事になる。その微生物も陰性食品である乳酸菌ではどうにもならないのであります。乳酸菌は冷えをもたらすので肉食文化を引き継いでいる欧米人には適するのであるが、日本人には体を冷やすので時には害をもたらす。

 更に白砂糖が加わると最悪であり、この複合物を食べ続けるといつの間にか悪の手先に火込まれる。これが霊障の一つの正体であることを知らねばならないのです。

 朝から晩まで、乳酸菌・乳酸菌と頭に叩き込まれれば、脳は麻痺し、悪が善のように錯覚を起こすようになる。これも悪の手先に洗脳される原因の一つであります。

 それでは、何がよいのか?地球に最初に現れた微生物は糸状菌であるので糸状菌と言う事になるのであるが、ピンとこないのでシイタケ菌と言えばわかりやすいでありますから、干しシイタケと干し小魚(いりこ)のだしで作る味噌汁が最高の栄養素の元である事を理解せねば真実に到達することは出来ない。

 まったく大地の改良と同じであるのです。カリウム40と動物の骨と水の三つで改善できるので安く簡単である。何故これを行わないのか???頭の中が屁理屈に占領されているからでしょう。知らず知らずに悪の手先に洗脳されたからなのでしょう。

■体験談を頂きました。
@今晩は。
ラジウムチップの感想です。
貼って仰向けで寝ているんですが、朝起きた時も仰向けのままが多いです。腰が痛くて寝返りが打てないのではなく、痛みなく普通に寝てます。
貼らずに寝てみると、よく寝返り打っていて、朝起きると肩や首が重たいなと感じました。
両足の指に貼って、そのまま仕事に行った事があるんですが、帰って剥がしてみると爪の生え際の赤くなっていて痛みもあったので、仕事に行く時は剥がすようにしています。

続きは、癒しの森湯布院ブログ

関連記事

PageTop