仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年10月24日 [霊障]

NO049・・・気功治療の概略


自分と身内を治す気功塾、そして人に癒しを与える氣功道へ 

氣を出す訓練用気功石・中上級者用
■ステップ1:初心者が継続して上を目指す場合は、最初から気功石の中上級者用を使っても問題はありませんが、身につけるのは一日2〜3時間くらいにし,自分の浄化や氣を出す訓練をする時は、右手に握り脈動を持続して感じるようにします。

■ステップ2:右手に脈動を感じる力が強くなったら、その脈動を逃がさないように意識し、石を左手に握り替え右手を水を払うように何度も降ります。お手てぶらぶらです。(邪気の出し方の訓練)

■ステップ3;気功石を一日5〜6時間身に付けます。そして氣を出す訓練をする時は左手に握り、右手の肩の力を完全に抜いてぶらぶら状態(腑抜けではなく、気は通っている)にし、右手の手のひらから指先にかけて氣が出ていると念じ続けます。これを指先がジンジンするまで続けます。感じない時は気功石を右手に握り替えます。そして再度脈動を感じるように訓練します。

■ステップ4:左手に気功石を握り右手の指先がジンジンするようになったら、その右手を患部に当てジンジンか脈動が消えないように手の平に意識を研ぎ澄まし集中します。脈動を数え続けると意識は離れません。これを繰り返し訓練します。

■ステップ5:気功石を握らないで右手掌及び指先から氣が出ていると思います。それで指先がジンジンし出したらほぼ完成です。思っても出ない人は、手のひらを患部に当て手から氣が出ていると思い続けて下さい。これが出来るまで繰り返し訓練します。このレベルに成りますとマントラを唱え続けながら行う事が出来るようになりますので「オーム ナマ シバーヤ」を心の中で唱えながら行って下さい。このマントラで破壊と創造のエネルギーを引き寄せます。

■ステップ6:気功石を首に下げ両手から氣が出るように訓練します。両手がジンジンするまで両手に意識を持ち続けます。この時絶対力を入れてはなりません。力が出て腕や肩が固くなると氣は出なく、入るだけの一方通行になります。これが相手の邪気を受ける原因ですから気功を行う時は、常時指先に氣(脈動かジンジン)を感じ続けねばなりません。

■ステップ7:これが出来だしたら、いよいよ身内に対する気功の開始です。気功石を首に下げて下さい。相手の病気の患部に手を優しく当てて手のひらや指先にジンジンか脈動を感じ続けて下さい。これは場所によっては両手を使って下さい。まだこのレベルは軽い病気の人が対象ですから、両手を使う練習を兼ねています。ひざが悪い人は左手は膝の下を包むように当て、右手は上から包むように当てます。そして可能なら両手の親指を合わせます。そして氣が出ていると念じ続けるのです。氣を出すには力は絶対入れない事が重要です。そっと触れ皮膚に密着するイメージです。肩や手の平に力が入ったら即中止して下さい。これが長くできるように訓練をします。

■ステップ8:肩こりなら、両手を両肩に当て氣を送ります。慢性頭痛なら後ろから両手を側頭部にあて氣を送ります。便秘なら寝かせて大腸の付近に手を当て氣を送ります。これが肉体に対する気功です。

■ステップ9;これからが難病治療になるのですが難病は絶対、絶対、身内以外に行ってはなりません。もし行って相手の邪気が自分に入ってきたら、今まで行って氣を蓄えた通路が一瞬で破壊されます。これが気功とヒーリングの違いなのです。ヒーリングは神と繋がって神の保護の元に行う事が出来ますが、気功はあくまで自分の訓練で得た気で行うものである事を知らねばなりません。

これを知らないで短期間の訓練で気功を行った気功師は病気で苦しんでいる現実があるのです。その受けた邪気を抜く依頼が多いことを知らねばなりません。これは行の失敗においても起こります。有名な瞑想の先生や聖者と名乗る人に師事して、何年かするとおかしくなる人が結構いるのです。こうなると大変なのです。簡単には修復できないのです。これらの原因は厳しい事を教えないと言うより、氣を理解していないから起こるのです。

私に言わせたら氣を舐めているのです。そして思いあがっているのです。その結果神の存在を否定し、自分の力だと過信する思いあがった人の指導で修行した結果なのです。気功とは、どこまで行っても、神から回して頂くエネルギーですから、自分の中に一時的に蓄えたエネルギーに過ぎないのです。お金もそうですが一時的に回ってきているに過ぎないのです。

それを自分の物だと思う人には、この段階より上に行くことは出来ません。思い上がりが続くと必ずすべてが破壊する時が必ず来ます。東大に入学できたのも、大会社の社長に成れたのも、全ては神の意思(使命)において行われた結果、であることを知らねば、何時かは天罰が下ります。

これを我と言うのです。何に付けても俺が俺がと言って俺我と自分の力と錯覚しているのです。この意味が分かるまでは、身内以外に気功治療を行っては、蓄えたエネルギーが破壊します。

■ステップ10:これからが難病治療(気功治療)です。「仙人のラジウムバン(D)」を5ポイント(両足の三陰交・仙骨・首筋・丹田)に貼って下さい。腹部(日の当たらない陰の部位)の病気の方には氣を誘導するラジウム石(ラジウムが入っているグッズなら何でも良い)を丹田の上に置いて下さい。

その後足の腹にある反射点の位置に刺激や氣を送ります。気が出た手で行うとより有効でエンジェルスティックなどで行うともっと有効です。氣が出てない人が行ってもある程度は効果が出ますが、難病には難しいでしょう。まして他人にはおやめくださいと言わせて頂きます。腰痛や首筋のコリなどの背中側の病気には仙骨に氣の誘導石を乗せ、足の腹の反射点に刺激を与えます。この反射点は時期が来たら発表します。

■家庭内気功治療を教えて欲しいとの依頼が多いので、今朝あわてて概略を書いたものですから完全ではありませんので、参考程度に思って下さい。関連記事は「仙人ヒーリング・気功塾」をお読みください。

■誤解をしないように補足:ヒーラーコースの方は、T牙やライオンの牙か爪(自然界=神と繋がる本能の力を得る)をお持ちと思いますので、それで行います。ので気功石は入手する必要はありません。出来るなら牙にラジウムバンの高線量を貼る事をお勧めします。貼らない場合は、気功石と合わせて握ると良いでしょう。そして最後に、ババから送られ続けているインスピレーションを受信する事が出来る、受信石でインスピレーションを受け取る行に入ります。今回の満月行から4人が先行して始めましたので、その結果を見ながら、いずれヒーラーコースの方には指導する計画です。ので、ヒーラーコースの方は慌てて気功石を入手する必要はありません。

 この原理は鉱石ラジオを勉強したら理解できるでしょう。ババの信号と合う周波数の石を使いますが、邪念を打ち切らないと受信は難しいのです。ですので邪念がある人が言うインスピレーションは自分の潜在意識に刻まれた情報を引き出しているので、本当のインスピレーションではありません。

参考:癒しの森湯布院




PageTop