仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年10月12日 [霊障]

NO039・・・ラジウムと癌

富士山ニニギ氏が2016年ミクシーで語る

 自然放射線はがん細胞を見逃しません。がん細胞は細胞内のタンパク質の中の炭素の構造が正常細胞と違うのです。環状結合の発ガン性物質の炭素構造なのです。それを放射線が分解して、タンパク質が壊れてがん細胞が死滅するのです。医師はこんな基本的なことも知らないのです。


ニニギが言うと「それは誰が言ってることですか」と。ニニギが言ってることですよ。言ってる人の事を気にし、その原理を考えようとしない。頭がもうバカになっているのです。これが先生といわれる人の愚かさ。
全身に転移した癌細胞は、血液を放射化させて全身に回せば一発で破壊されます。数分の治療です。

 しかしこれを医師は治すことは出来ません。全身に有害な放射線を浴びせる事は出来ないからです。
人間は自然放射線を受けて細胞分裂を行い心臓を動かし生命活動を行っているのです。それを忘れないでください。心臓は自然放射線だけで動いているのです。止まってもまた強い自然放射線を当てると動き出すのです。

 何故神の手の自然放射線を加工して人工の核分裂を行う原子力なるものを始めたのですか。神の手を切断するような事をするのですか。必ず天罰下ります。

mixiユーザー2016年02月04日 14:15
自然放射線は神の仕事をします。

それを加工した人工放射線は悪魔の仕事をします。

続きは、癒しの森湯布院のブログ:

PageTop