仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年10月12日 [霊障]

NO031・・・難病とは

難病とは

1.原因が不明
2.すぐに治る病気でない
3.とても珍しい病気
4.長い療養になる
の要件にあてはまるものを難病と定めています。上記を見て分かると思いますが、難病の多くは遺伝か氣と肉体のバランスが壊れて発症すると私は思っています。目に見える肉体のみに捉われ精神を見ない医療中心になった為に、いらない物は切るできものやイボも痔も癌も何もかも切るで片付ける医療が中心になったからでありましょう。

 しかし、良く考えて欲しいのは、魂の存在であり、心の存在なのです。目に見えない物が見えるものを支えている現実を忘れてはならないのです。心が病めば肉体に反映する事実を知って欲しいのです。ストレスが発生すると心が動揺します。その動揺が体に伝播します。それが長期に続くと心は肉体を支える事が出来なくなります。

 この状態が心と体が離れた状態ですので。肉体だけを考えるのではなく、それを支えている心を心を元に戻し体と心を合体しなければ難病は治らないと思っています。ウソと思う人は私が推奨する心身統一法を試して下さい。4点にチップを貼るだけで70%は改善されるのです。
下記⇩Dのミラクルチップのコーナーを参考にして下さい。

 背筋は伸び首筋が固定されるのです。首がしっかりすれば、目に見えない世界のエネルギーを注ぎ込む事が出来ます。この目に見えないエネルギーのお陰で生物は生きて行けるのです。身心が自分勝手に行動を始めると首は安定性を欠きます。

 赤ちゃんの時のように自分の力では生きて行けない状態になります。赤ちゃんの首が座るまでは自動的に目に見えないエネルギーが注ぎ込まれるようになっているのです。赤ちゃんはいつもニコニコしています。このニコニコが目に見えないエネルギーを引っ張る合図なのです。

続きは、癒しの森湯布院のブログ:

PageTop