仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年10月05日 [難病]

NO022・・・病気は思考が治す

人間界は全て目に見えない世界のエネルギー(自然放射線)によって動かされている。病気を創るのも自分であり、治すのも神の一員である自分である。

■遺伝子と放射線(自然放射線VS人工放射線)より抜粋。明窓出版 富士山ニニギ氏著

 IPS細胞とかSTAP細胞とか騒いでいますが、IPS細胞とは、2006年に発見された、新しい多能性幹細胞で、常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能をもたせた細胞のことだそうです。

 万能細胞と呼ばれる由縁ですね(ただしこれは細胞分裂の一過程なだけで、そのような細胞が存在しているという今の考え方は間違っています。全ては実験結果があるだけで、研究者は誰もその原理を説明できないのです)。

 分裂万能性をもった細胞という意味では、元をたどれば人間の細胞はすべて、たった一つの受精卵が増殖と分化を繰り返して生まれたものですから、最初はそうしたものだったのです。もともとは万能細胞から生まれているのです。

 では、IPS細胞をつくるにはどうすれば良いか。これは簡単ですね。この自然の放射線をすべて遮れば、細胞は遺伝子が決定されないままで、すべてIPS細胞なのです。

続きは癒しの森湯布院のブログ

PageTop