仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年09月24日 [ガン]

NO017・・・常識は非常識?

 この世の常識は、非常識と言われ、またあの世(神の世界)とは真逆であると言われている。ある地方の習わしで、生前使われていた、茶わんや箸やメガネなどは、割って棺桶に収め見送ると言う。この世で割れた茶碗は死後の世界では、正常になるゆえに、割れていない茶碗を持って行かせると、割れていて使えないと言う。

 まさに、この世で破壊されたものは、あの世では想像される。破壊と創造を司るシヴァ神を思うのであるが、細胞も破壊されて、あの世のエネルギーで再生できるのではないだろうかと、ふと思う。という事は、私たちは知らないが、細胞を司るエネルギーは、この世とあの世を行ったり来たりしている可能性もあるのでは??

 また朝目が覚めたら、夢の中の事は忘れているが、夢の中であの世に行っている可能性もある。であるがゆえに、私たちは常識と非常識の葛藤の中で生かされているのであろう。寝たままで醒めないのが死であるゆえに、死後の世界には何度も行っているので、死を怖がる必要もないという事にもなる。

■隕石は意識体(富士山ニニギ氏著・自然放射線VS人工放射線)より抜粋させて頂きます。
 
コンゴで産出される、1,000μシーベルトも出る強烈な石があります。ウラン鉱石であり、ピッチブレンドという名前を付けられていて、その石のペンダントをつけている人がいます。そいう人の近くに10分いるだけで、年間被爆量を超すぐらいの放射線を受けます。けれども何の害もないのです。むしろ、身体に良いとも言われています。

 その強烈なピッチブレンドは、もともとは巨大隕石と言われています。地球環境にも影響を及ぼす巨大隕石は、必ずや人体の健康にも好影響を与えるのではないかと思います。

 大事なことは、隕石こそが私達の生命の基本情報を届けてくれたという事です。そして、それがもっている基本情報は人間と反応するものであり、意識体であるということ。ラジウム石は生命体でもあるのです。

 今までの常識を覆すような、こうした情報を知っていただき、生

続きは
癒しの森湯布院のブログ

PageTop