仙人の健康相談室ブログ | 気功療法なら大分県宇佐市の仙人の健康相談室へお任せ下さい。

薬センケン・漢方薬と除霊ヒーリング 仙人の健康相談室
大分県宇佐市の気功療法

BLOG

2020年09月24日 [難病]

NO006・・・何が本当?

放射能が危ないと自然放射線と人工放射線の違いを議論もせず一緒くたに洗脳したり、タバコを吸う人はコロナにかかりやすいとか?肺癌になりやすいとか?大麻は危険とか言いながら一部の国では解禁されたり、原子力発電は危険だからとソーラーパネルだらけの山になり、生態系を壊し大災害を起こしたり、一体何が本当なのか???

「タバコ喫煙者はコロナ感染から守られる」決定的証拠
8/14(金) 9:16配信

コロナ禍で外出を自粛していた間に改正健康増進法が施行され、タバコを吸える場所がめっきり減った。原則的に屋内禁煙となり、これまでオアシスだったJR東海の新幹線の喫煙車両も廃止されてしまった。緊急事態宣言が解除され、私も都内に足を運ぶ機会が増えてきたが、立ち寄ることの多い喫煙所も以前より混んでいる気がする。

もちろんタバコを吸える場所が減ったことで、1つの喫煙所に人が集中しているという事情もあるのだろうが、やはり、タバコ好きは何があってもタバコを手放さないものだ。

 この数カ月、愛煙家への逆風はさらに強まっていた。健康増進法もそうだが、新型コロナウイルス感染症とタバコの関連性については、喫煙者は重症化のリスクが高いと、日本ではいわれていたからだ。

 日本では感染拡大中の2020年3月に亡くなったタレントの志村けんさんがヘビースモーカーだったこともあり「タバコは重症化の原因」のように報じられた。この病気が肺に深刻なダメージをもたらすことから、タバコで日常的に肺に負担を強いている喫煙者のリスクが高いのはさもありなんと納得した人も多いのだと思う。さらに、20年4月になってWHOが「喫煙者は非喫煙者と比較して、新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになった」との報告を発表し、ますます禁煙勢力からの攻撃が強まった。

続きは
https://blog.goo.ne.jp/123465_2/e/e3f8866df456e6b4de42d31da99c90bc" target="_blank">癒しの森湯布院のブログ

PageTop